メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)へ“初のつけ麺専門店”として頑者新横浜ラーメン博物館店が出店を果たしたのは、今から2年前の6月2日。
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル・販促ポスター(2012年)
 その『ラー博』出店2周年を記念し販売されているのは、昨年同様、「ネクストレベルつけ麺」。
 今年度販売されている“2012年バージョン”では、昨年以上の煮干濃度を誇るスープに、トッピングメニューとしても評価の高い「アブリ」(炙りチャーシュー)がプラスされましたよ。

ネクストレベル──限界濃度──(リンク先:『ラー博』サイト)

『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・950円
本店でも食べることの出来ない幻の味が、「2周年感謝つけめん」として再登場!!
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・つけダレ(1)  『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・極太麺(1)
販売期間:2012年6月2日(土)~6月30日(土)
販売価格:950円

頑者新横浜ラーメン博物館店
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけ麺・看板(館内掲示・2010年)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始等を除き)無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

 2年連続で販売されることになりました、「ネクストレベル」。

ネクストレベル2011年バージョン(リンク先:当ブログ内関連記事)

『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル・950円(2011年)
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル・つけダレ(2011年・2)  『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル・平打ち麺(2011年・2)

 近年稀(まれ)に見る「つけダレ濃度」と、コレまた他店では真似の出来ない「極太平打ち縮れ麺」で大好評を博した“2011年版”。
 “2012年版”では、更なる「つけダレ濃度」の追求と、オトク感のある「炙りチャーシュー」トッピングをプラスして、再登場。

 もはや“ペースト”といっても過言ではない「つけダレ」は、過剰なまでに“煮干濃度”がプラスされ、遂には「魚粉も煮干粉」を使用するという、空前絶後の事態に。
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・つけダレ(2)  『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・トッピング類
 「トッピング類」は、多めの刻みネギに、メンマ魚粉、そして肉厚で香ばしい炙りチャーシュー

 「」は、昨年同様、極太平打ちタイプ
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・極太麺(2)  『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・極太麺(3)
 昨年との違いがあるとすれば、今年の麺ではゴワゴワとした「縮れ」(ウェイブ)が控えめ

 なお、これだけの“極太麺”であるがゆえに、茹で時間は長く、注文から商品提供までに10分以上待たされることは覚悟せねばなりません。

 このような「つけダレ」と「麺」の組み合わせですから、両者の“絡み付き指数”は最強レベル。
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・つけダレと麺(1)  『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・つけダレと麺(2)
 つけダレの器の中にあるトッピング類、そして新たに投入した麺が、沈む気配がないほどのドロドロ加減を見せております。

 通常のつけ麺類と同様、ネクストレベルでも「スープ割り」は可能。
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・スープ割り(1)  『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ネクストレベル2012・スープ割り(2)
 割りスープを加えて改めて感じるのが、未体験ともいえる“煮干濃度”と、炙りチャーシュー由来の“スパイシーさ”。

 昨年の“2011年版”では感じられた「動物系素材と魚介系素材のバランス」ですが、今年提供の“2012年版”ではそんなバランスは感じられず、どこを取っても“煮干一辺倒”といった具合。
 そんな“煮干地獄”の中でかろうじて感じられるのが、炙りチャーシューへの味付である「香辛料」。
 「味の好みは人それぞれ」としても、果たして、この煮干とスパイスの組み合わせを好まれる方が、どれほど居られるのか・・・・・・。


 従来のつけ麺にはない“実験的要素”が大変に強いのが、『ラー博』店舗における限定メニュー。
 そんな“未知なる味”であるために評価するのは難しいでしょうが、今回の「ネクストレベル」は比較対象のある、2年連続での提供。
 「昨年とは異なるモノを」提供しようと試みたのは理解できますが、今年のモノはいくら何でも煮干が前面に出過ぎといった評価でしょうか。

頑者新横浜ラーメン博物館店メニューと価格
・麺類
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、券売機画像(2012年6月・1) つけめん 900円
 つけあつ 900円
 つけめんチャーシュー 1200円

 辛つけめん 950円
 辛つけあつ 950円
 辛つけチャーシュー 1250円

 濃厚つけだれに負けない細つけめん 900円
 濃厚つけだれに負けない細つけめん(辛)950円

 ネクストレベル──限界濃度──2012 950円

・ミニメニュー
 ミニつけめん 550円
 ミニ辛つけめん 600円
 特製ミニつけめん 800円
 特製ミニ辛つけめん 850円

・麺の増量
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、券売機画像(2012年6月・2) 麺大盛(1.5玉)150円
 麺特盛(2玉)250円
 替玉用細麺(0.5玉)150円
  ⇒「ミニ」の麺増量は不可

・サイドメニュー類
 1/2玉子 50円
 海苔 100円
 チャーシュー 300円
 アブリ 150円
 アブリW 300円

 チャーシューネギマ(2本)
  塩ダレ/ポン酢/甘醤油
 ビール(一番搾り)400円

ラー博関連記事】
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけめん
 『ラー博』店舗の“ガイド的”なエントリとなっております
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、濃厚つけだれに負けない細つけめん
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ミニつけめん
 連食に便利な550円で食べられるメニュー、「ミニつけ麺」の紹介エントリです
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、辛つけめん&替玉
 『ラー博』店舗の開店当初からのレギュラーメニュー「辛つけ麺」と、細麺で提供される「替玉」のレポートです

新横浜ラーメン博物館アクセスマップ

にほんブログ村 グルメブログ つけ麺へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/969-bb3937f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/06/22(金) 20:04:21 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。