メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JR大森駅の東口から徒歩で5分ほど、『ミルパ商店街』の中ほど付近で営業しておりますつけ麺専門店”『三ツ矢堂製麺』(リンク先:公式サイト)大森店
『三ツ矢堂製麺』大森店、店舗概観画像(2012年・1)
 『三ツ矢堂製麺』というと、今でこそ“つけ麺の専門店”というイメージが強いモノですが、実はその“前名”である『フジヤマ製麺』時代から、つけ麺とラーメンとの“二枚看板の店でもあります。

らーめん中細麺780円

『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・780円(1)
『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・780円(2)   『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・中細麺(1)

 基本、『三ツ矢堂製麺』提供のラーメンでも、つけ麺と同じ「太麺」を使用。
 しかしながら今から2年ほど前に「中細麺」が開発されたことにより、ラーメンでは太麺中細麺からの選択が可能に。
 麺量は、これまで通り「並盛から中盛までの増量が無料」。
 この麺の他は従来のラーメンと同じ、チャーシュー・メンマ・ナルト・刻みネギ・海苔のトッピングに、薄くもないが濃厚でもない、どこかしら焦点のぼやけたような魚介豚骨に醤油味のスープで提供。

三ツ矢堂製麺大森店
住所:東京都大田区大森北1-30-4 小池ビル1F
電話:03-3763-4123『三ツ矢堂製麺』大森店、営業時間案内
営業時間:
 月~土 午前11:00~午前3:00
 日 午前11:00~23:00
定休日:(原則)無休
駐車場:無し(近隣のコインパーク利用)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

 麺の選択は注文時に。
 ラーメンを注文しますと、店員の方から「『太麺』か『中細麺』の選択」を確認されることになります。
『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・中細麺(1)  『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・中細麺(2)
『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・トッピング類 中細麺を注文しますと、その茹で上がり時間は太麺と比べ、相当に早いモノに。
 麺の形状はストレート
 この中細麺の提供開始当時には“縮れ”(ウェイブ)のかかったモノで提供されておりましたが、いつの間にか、それは止めてしまった模様ですね。
 麺の茹で加減は、若干のカタメ
 食べ始めた段階では“芯”が残っているような歯応えがございますが、食べ進めていく内に、それは気にならなくなるでしょう。
 左側の画像にあるトッピングに関しては、これまでと同じ。
 “彩り”などを考えれば、「味玉」あたりも通常のトッピングに加えて欲しいトコロでしょうか。

 スープは、微妙な立ち位置の、魚介豚骨
 その構成は豚骨をベースに、とりあえず鶏と節系素材も加えておきました、とでも言うべきモノ。
『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・スープ(1)  『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・スープ(2)
 この“立ち位置が微妙”というのは、「どこか一味(ひとあじ)足りない」と言うのが正確でしょうか。
 各素材の濃度はいずれも強くはなく、そうかと言って全体的な“バランス”がとれているかと言えば、焦点が定まらずにボヤけてしまっている印象。

 「つけ麺」では全体を引き締める柚子油が使われているために、良くも悪くも印象深い味となっておりますが、ラーメンではそういった“突出したもの”がないため、チョッと評価に困ってしまいます。

らーめん太麺780円

『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・太麺(1)
『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・太麺(2)   『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・太麺(3)

 既に述べましたように、『三ツ矢堂製麺』のラーメンでは太麺と中細麺からの選択が可能。
 この2つの麺を比較したのが、以下の画像。

ラーメン用・中細麺

『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン用・中細麺
『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン用・太麺
ラーメン用・太麺

 通常に使用されている麺自体が“極太麺クラス”ですので、中細麺は感覚的に“細麺”と言っても良いほど。
 共に、素材選定にこだわったという“小麦の美味さ”こそ感じ取れるものの、そういった麺の良さを受け止めるスープへのこだわりが今一歩というのが、この『三ツ矢堂製麺』提供のラーメンへの偽らざる感想でしょう。

 中細麺と太麺共にスープへの絡みがイマイチで、しかも、そのスープ自体が薄く平板なモノですから、何やらスープは麺を味わうための“オマケ”といった具合。
 それに加えて「780円」という高価格ですから、満足感もそれほど高くはならないのではないでしょうか。

【オマケ】
 つけ麺やラーメンを問わず、どこかしら物足りなさが否めないのが、このお店。
 やれ「味玉」だ「野菜」だと個別に注文するよりは、以下のような特製トッピングを注文する方がお得。

マル得トッピング200円

『三ツ矢堂製麺』大森店、マル得トッピング(1)  『三ツ矢堂製麺』大森店、マル得トッピング(2)

 小皿に載せて提供されるのは、大判なチャーシューが2枚に焼き海苔味玉
 そしてチャーシューをめくりますと、その下には茹でたモヤシキャベツが盛り付けられております。
 おおよそ300円強の内容でありながらも「200円」で提供されている点は、大いに評価したいトコロ。
 つけ麺やラーメン注文時の追加トッピングの他、酒のつまみとしても、重宝されそうです。

三ツ矢堂製麺 大森店主要メニュー価格
・麺類
つけめん(ゆず風味)780円
四川担々つけめん 930円
辛しつけめん 880円
ラーメン 780円
オロチョンラーメン(辛いラーメン)880円
和えソバ(油そば)900円

『三ツ矢堂製麺 大森店』主要メニューと値段(つけ麺類)  『三ツ矢堂製麺 大森店』主要メニューと値段(トッピング類)
・トッピング類
マル得(野菜・チャーシュー・味玉・海苔)200円
味玉 100円
生玉子 50円
温泉玉子 150円
野菜 100円
大判チャーシュー(5枚)250円
特大ワンタン 150円
濃厚チーズソース 200円
ダブルチーズ(チーズソース+パルメザン粉チーズ)300円
とろろ山芋 150円
月見納豆 150円
納豆 100円
辛さ増し プラス100円

麺量(つけ麺は小~大盛まで無料)
小:0.8玉(200グラム)
並:1玉(250グラム)
中盛:1.5玉(375グラム)
大盛:2玉(500グラム)
特盛:3玉(750グラム)⇒プラス100円
極盛(きわもり):6玉(1500グラム)⇒プラス400円
食べ終わった後の麺の追加:1玉・200円
 上記麺量は「茹で上げ後のグラム数」で表示

『三ツ矢堂製麺 大森店』麺量と麺の温度の選択(店内掲示)
麺の温度(“締め分け”)
・熱もり(あつもり)
アツアツの麺
・ぬめり落とし
常温程度の麺
・冷もり(ひやもり)
ほんのり冷たい麺(通常の提供温度)
・氷締め(こおりじめ)
氷水でギンギンに締めた冷たい麺


【関連記事】
『三ツ矢堂製麺 大森店』辛しつけめん
 JR大森駅からお店までの「アクセス方法」の他、「辛しつけ麺」をレポートしております
『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・中盛
 『大森店』の営業時間変更(延長)と、魚介豚骨スープの「ラーメン」を紹介しているエントリです
『三ツ矢堂製麺』大森店、つけめん・ゆず抜き
 通常メニューの「つけ麺」を、“柚子抜き”で食べてみましたよ

『三ツ矢堂製麺 中目黒店』ゆず風味のつけめん
 『三ツ矢堂製麺』の“基本メニュー”である「ゆず風味のつけ麺」を紹介しております

三ツ矢堂製麺大森店アクセスマップ

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/963-f66ed2fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/06/09(土) 01:33:50 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。