メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新横浜駅から徒歩で5分ほどのフードアミューズメントパーク『新横浜ラーメン博物館』に出店しております、つけ麺専門店”『頑者新横浜ラーメン博物館店
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、店舗概観画像(2012年・1)
 9つのラーメン店が営業する『ラー博』を訪れた方は、入場料として300円を徴収されることもあり、ほとんどの方が“連食”を行うことでしょう。
 そんな連食時の強い味方が、量はレギュラーサイズの半分程度価格は550円からという、「ミニサイズのラーメン」。
 “つけ麺専門店”である『頑者』も、他店のミニラーメンに当たる「ミニつけ麺」を販売中。

ミニつけめん550円

『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ミニつけめん・550円
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ミニつけめん・麺(1)   『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ミニつけめん・つけダレ(1)

 レギュラーサイズの「つけダレ用の器に麺を入れて提供」というコトで、そのは大変に少ないモノ。
 つけ麺の醍醐味の一つである「大量の麺を豪快に啜(する)」という観点からすれば、誰もが物足りなさを感じてしまいそう。
 しかしながら、この麺量の少なさ以外はレギュラーサイズのつけ麺との大きな違いは感じられないほどのクォリティを保っておりますので、『頑者』を語る際にキーワードとなる、「極太麺」「魚介豚骨Wスープ」「魚粉」を堪能することは十分可能でしょう。

頑者新横浜ラーメン博物館店
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけ麺・看板(館内掲示・2010年)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始等を除き)無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

つけめん」(レギュラーサイズ900円

『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけ麺・900円(2010年)
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけ麺・つけダレ(2010年・1)   『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけ麺・極太麺(2010年・1)

 900円で提供されている「レギュラーサイズのつけめんとミニつけめんの違い」は、言うまでもなく「麺量」。
 『ラー博』における『頑者』の麺量は、「レギュラーサイズ250グラム」に対し、体感的に「ミニつけめん120~130グラム程度」といった具合。
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ミニつけめん・麺(2)  『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ミニつけめん・つけダレと麺
 うどんの1玉分よりも若干少な目といった量しかありませんが、その麺量でも表面の“モチモチ感”と、噛み締めた時に弾き返してくるような“コシ”は健在。
 麺の表面には、ディンプル加工のような“ザラツキ”もあるため、つけダレをグイグイと引っ張ってくれております。

 「トッピング」は、刻みネギ・メンマ・サイコロ状に刻んだチャーシュー・海苔・ナルト・魚粉。
 レギュラーサイズのデフォルトトッピング、「味玉はミニサイズでは入らない」設定。
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ミニつけめん・トッピング類  『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ミニつけめん・つけダレ(2)
 また、つけダレは「レギュラーサイズより量が少ない」というコトが災いしてか、タレや魚粉が舌に直接感じられ、塩分濃度がかなり強く「ショッパイ・・・」といった印象。

 『ラー博』内の各店では、安価な価格でのミニラーメンの提供を行っておりますが、元から量の少ない『大砲』や『砦』といった“豚骨ラーメン系の店”を除けば、どうしても「レギュラーサイズとの味の違い」や「スープとタレのバランスの悪さ」といったモノが、感じられてしまう傾向に。
 『頑者』の場合、麺やトッピング類のクォリティの高さは変わらぬものの、つけダレに関しては味が濃すぎるというような気がします。

 たとえ「ミニ」とは言えども、「つけ麺」。
 つけ麺の最後のお楽しみ、「スープ割り」も注文可能。
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ミニつけめん・スープ割(1)  『頑者』新横浜ラーメン博物館店、ミニつけめん・スープ割(2)
 割りスープ自体はそれほど濃厚ではありませんが、つけダレの表面に浮かんでいた魚粉と混ざり合い、魚介の風味が強く感じられるようになりますね。
 また、濃い目に感じられた味付も、スープ割りをすると丁度良く、飲みやすい濃度に。

 提供価格が「550円」というコトで多くは望めませんが、スープ割りまで堪能するようにしますと、それなりの“マンゾク感”の得られるメニューとなるでしょう。

頑者新横浜ラーメン博物館店メニューと価格
・麺類
 つけめん 900円
 つけあつ 900円
 つけめんチャーシュー 1200円
 辛つけめん 950円
 辛つけあつ 950円
 辛つけチャーシュー 1250円

  麺大盛(1.5玉)150円
  麺特盛(2玉)250円
  替玉用細麺(0.5玉)150円

『頑者』新横浜ラーメン博物館店、券売機画像(2012年3月・1)  『頑者』新横浜ラーメン博物館店、券売機画像(2012年3月・2)
・ミニメニュー
 ミニつけめん 550円
 ミニ辛つけめん 600円
 特製ミニつけめん 800円
 特製ミニ辛つけめん 850円

・サイドメニュー類
 1/2玉子 50円
 海苔 100円
 チャーシュー 300円
 アブリ 150円
 アブリW 300円
 チャーシューネギマ(2本) 350円
 ビール(一番搾り)400円

 今現在の『頑者』では、「替玉」の販売を行い、トッピング兼おつまみメニューとして「塩ダレチャーシュー」(チャーシューネギマ)の提供を開始。

 そして、このエントリが公開される3月19日からは、川越の本店と同じ「ラーメン」を1ヶ月限定で販売する予定だそうです。


ラー博関連記事】
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけめん
 『ラー博』店舗の“ガイド的”なエントリとなっております
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、濃厚つけだれに負けない細つけめん
 ココで使用された「細麺」が、現在では「替玉」として注文することが可能となりました

新横浜ラーメン博物館アクセスマップ

にほんブログ村 グルメブログ つけ麺へ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/938-9e5b1814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/03/23(金) 12:05:05 |
管理人の承認後に表示されます
2012/03/30(金) 11:16:38 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。