メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ある程度の数のブログ記事を書き溜めていきますと、それらの記事を「内容」、あるいは「キーワード別」に分類していく必要性が生じてまいります。
 そのような「ブログ記事を分類する方法」として、現在利用している『FC2ブログ』では「カテゴリ分類」と「ユーザータグ分類」が用意されているのです。

☆カテゴリ分類
 ブログ記事を「内容別」に分けること

 当ブログでは基本的に、その内容を「ラーメン」と「ラーメン以外の食べ物」とに大きく分類。
『橋本食堂』鍋焼きラーメン・525円(2011年・1)   『キッチン ブルドック』メンチカツ定食・メンチカツ画像
 その中で「ラーメン」に関しては、主に「つけ麺」と大別。
 「ラーメン以外の食べ物」に関しては、最近になって天丼を始め肉や魚の料理といった「ご飯もの」、ラーメン以外の麺類として「うどん」、そしてアイスやプリンなどの「スイーツ」といった形で分類するようにしました。
『どんぶり屋 ハゲ天』品川店、大海老天丼・980円(2011年1月・2) 『根っこ』内町店、温泉たまごぶっかけ(2011年・2) 『林屋茶園 京・スイーツ』ラゾーナ川崎店、極みの抹茶わらび餅パフェ・ドリンクセット(2011年・1)

☆ユーザータグ
 カテゴリ分類した記事を「キーワード別」に細かく区分すること

 通常のカテゴリ分類を“大カテゴリ”とするなら、タグによって分類することは“小カテゴリ”。
 当ブログでは、例えば「ラーメン」においては、つけ麺や油そばに分ける「種類別」、食べた店や場所ごとに分ける「店名別」「地域別」、あるいは味噌ラーメンや豚骨ラーメンといった「スープ別」に分けるといった形で分類しております。
『らーめん専門店 ぶぶか』高田馬場2号店、まぜそば・630円(2011年・2) 『いのたに』@徳島、店舗画像 『中華そば 青葉』御徒町店、特製中華そば・850円(2010年・1)

 無作為に並ぶ記事を内容別に並べ替える「カテゴリ」「ユーザータグ」は、当ブログ内の「左右のサイドバー」に数ヶ所設置。
 したがって当ブログ内のエントリをお読みになる際には、無目的にページをめくるのではなく、必要な記事を左右のサイドバーから「カテゴリ別」あるいは「ユーザータグ別」に並べ替えをしてから読まれるコトを、先ずはお勧めいたします。
【ラーメン関連カテゴリ&タグ】
カテゴリ:新横浜ラーメン博物館
 この1年で新たに設置したカテゴリの一つ。

 昭和33年の町並みを背景に、全国各地の“ご当地ラーメン”(現在は“郷土ラーメン”と呼んでいる)を提供しているのが、新横浜ラーメン博物館』(リンク先:公式サイト)
『新横浜ラーメン博物館』館内画像(1)  『新横浜ラーメン博物館』館内画像(2)
 今でこそ人気にかげりが見えてまいりましたが、『ラー博』こそが90年代半ばから2000年代初めまでに起こったラーメンブームの“震源地”であったことは、疑いの余地もないほど。

 この「カテゴリ:新横浜ラーメン博物館」では、基本的に「『ラー博各店での実食レポート」を分類。
 さらに、各店を区分する「ユーザータグ」も設置。
 この『ラー博』関連タグとしましては、『すみれ』『純連』『らーめんの駅』を包括した「タグ:純すみ系」、「タグ:頑者」「タグ:こむらさき」「タグ:支那そばや」「タグ:龍上海」「タグ:大砲ラーメン」、それに、過去に出店していた店舗として「タグ:春木屋」と「タグ:井出商店」など。
『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけ麺・900円(2010年) 『龍上海』新横浜ラーメン博物館店、赤湯辛味噌ラーメン・850円(2010年・2) 『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン・780円(2010年10月・3)
 個人的に嫌いな店に関しては、タグも付けなければ紹介さえしないという偏向ぶりでございますw

 なお、「タグ:新横浜ラーメン博物館」に関しては、『ラー博』関連記事の他、「『ラー博で営業実績のある店」や、「ブログ記事の内容がラー博に関係している場合」も含まれております。

カテゴリ:徳島
 開設当初は「タグ:登山」関連の記事が多かったものの、それから3年かけて「徳島市内のラーメン情報」として、質・量共に充実したモノにまで高めることができました。
 今後はこのカテゴリの記事がそれほど増えるコトはないと思われますが、少なくとも、読者の方には「徳島ラーメン”とは『ラー博』と地元メディアビジネス上の理由で作り出したジャンルである」という点だけは、強調しておきたいと思います。
『岡本中華』中華そば・500円(2011年・3) 『支那そば 広東』矢三本店、支那そば肉玉入り・660円(2011年・3) 『よあけ』二軒屋本店、チャーシューワンタンメン・700円(2)

 なお、当初は徳島県内でお世話になっている宿近辺のラーメン店の紹介を行うという理由から、ユーザータグは「タグ:徳島市」という地名で設置しておりました。
 しかしながらその後、ラーメン店を紹介するエントリ数が増えるに従い、その範囲は徳島市内を越えて周辺地域にまで及んでおります。
 そうなりますと「新しいタグ設置」も必要になろうかと思われましたが、ワタクシの行動範囲から「徳島市以外のラーメン店エントリはそれほど増えない」と判断。
 結果、「徳島のラーメン記事  タグ:徳島市」で一括することとし、記事内にリンクを付す場合には「タグ:徳島市を“徳島ラーメン”と言い換える」ようにしました。

☆ラーメン関連タグ
 “ラーメン関連記事”に関しては、「カテゴリ分類」の他、地名店名スープ別に「ユーザータグの設置」を行いました。
 この中から「スープ別」タグを紹介しておきますと、以下の通り。

  豚骨ラーメン
  醤油ラーメン
  味噌ラーメン
  塩ラーメン

『キング食堂』中華そば・480円(2010年・3) 『さっぽろ純連』東京店、味噌ラーメン・850円(2011年) 『中華ソバ 櫻坂』桜塩ソバ700円(2010年3月・1)
  魚介豚骨
  豚骨醤油
  つけめん
  “徳島ラーメン”
  汁なしまぜそば油そば
『スープナッツ』@徳島、特製つけ麺・880円(2011年) 『ホープ軒』千駄ヶ谷店、メンマラーメン・850円(2010年・2)

 この中で汁なし」「まぜそば」「油そば」というタグ分類がございますが、これらは基本的にスープのないラーメンとして一括”」に扱っております
『ラーメン二郎 横浜関内店』汁なし&粉チーズ・ニラキムチ910円(2009年)2 『ジャンクガレッジ』まぜそば画像(2) 『珍々亭』油そば&スープ・650円(2011年)
 それゆえにどのタグ分類をクリックしても、ほぼ同じ記事がヒットするようになっております。


【ラーメン以外のカテゴリ分類】
 ラーメン以外のエントリに関しては、これまで、基本的に「カテゴリ:その他」として分類しておりました。
 そういった分類の中で、内容的に急増してきた記事が、「スイーツ」「讃岐うどん」「すた丼」に関するモノ。

カテゴリ:デパ地下&駅ナカ
 このカテゴリに関しては「デパートやショッピング施設で購入した食べ物のレポート」だと考えてください。
『ハヤシフルーツ』レッドメロンボード・税込み525円 『ゴディバ』タルトグラッセ・ストロベリー&ホワイトチョコレート(3) 『モンシュシュ』堂島ロール・1260円(3)
 基本は「タグ:スイーツ」の紹介ですが、中には「弁当」のレポートも含まれていることを、ご了承願いたい。
『崎陽軒』シウマイ弁当・750円(2) 『つばめグリル』エキュート品川店・ハンブルグステーキパン・セット1000円(2)


カテゴリ:うどん
 当初は少ないエントリ数であったものの、『丸亀製麺』関連の記事へのアクセス数も多く、昨年より本場・香川県における「讃岐うどんレポート」も増えましたので、新たに「カテゴリ:うどん」として独立。
『手打うどん 山下』@国分寺町、ぶっかけ冷うどん&金時豆天(2011年) 『麺処 まはろ』@香川県さぬき市、海老祭りぶっかけ・680円(1) 『八十八庵』打ち込みうどん&おにぎり(2011年)
 基本、このカテゴリでは「都内のセルフうどん店」におけるレポートが中心となりますが、「タグ:香川県」をクリックしていただきますと、「香川県における讃岐うどんのレポート」をご覧いただけるようになっております。


カテゴリ:伝説のすた丼屋
 ブログ開設当初の2008年には、ラーメンと丼専門店の集合施設『品達』(リンク先:公式サイト)内の一店舗という扱いをしておりましたが、その後、テレビ番組におけるキラー・コンテンツ“デカ盛り”のブームに乗り、さらには『すた丼』自体が“全国展開”をするに至っては、当ブログにおける№1コンテンツへと成長。

 基本やりたくネーぞ、こんなネタという気持ちを包み隠しつつw 新たに「カテゴリ分類」するようにしました。
『伝説のすた丼屋 品川店』すた丼マシマシ・870円(2010年)  『伝説のすた丼屋 品川店』生姜ライス・マシマシ(2010年4月)
 この『すた丼』に関して、検索エンジン経由で問い合わせが多いのが、各店の「メニュー」「提供価格」、それと「持ち帰りの可否」といったトコロ。

『伝説のすた丼屋』メニューと値段(1)
『伝説のすた丼屋』メニューと値段(2)

『伝説のすた丼屋』川崎店、持ち帰りメニュー表(2011年7月)  『伝説のすた丼屋』蒲田店、持ち帰り弁当・メニュー一覧(2011年)
『伝説のすた丼屋』品川店、チャーシュー丼と持ち帰り弁当について
『伝説のすた丼屋』品川店、持ち帰り弁当・値上げ告知(2011年4月)

 全国的な店舗展開を行うに際し、『すた丼』では“地域価格制”と“地域別限定メニュー”を導入。
 そのために「各店で提供メニューと価格が異なる」というのが最も大きな変化。
 さらに、2011年4月頃より「持ち帰り弁当は通常価格の10円増し」というスタイルを導入するに至りました。

 これら2点を念頭において、読者の方が足を運ばれる『すた丼』各店のメニューと価格を“推測”していただくしかございません。

 なお、この「カテゴリ:伝説のすた丼屋」新設に伴い、これまで「カテゴリ:品達どんぶり」に分類していた『品川店』のエントリは、全て「伝説のすた丼屋カテゴリへと移動」させましたので、ご注意くださいませ。


【必要な記事を探す】
 以上が、当ブログで新たに新設した「カテゴリ」と「タグ」の説明。
 これらの分類に従えば必要な記事は探し出せるものと思われますが、それでもなお“より正確な記事検索”を求める方は、読者諸氏に手作業が要請される「ブログ内検索」、「ブログ全記事表示」をクリックした後に「題名検索」を行うべきです。

 「ブログ内検索」に関しては、右サイドバー上部に設置された「検索窓」を使用します。
 ここで「複数の用語」(店名・メニュー名・場所など)を指定して、当ブログ内から“記事の絞込み”を行えばよいでしょう。

 また、多少なりとも“大雑把”な検索方法となりますがエントリ名から必要な記事を探す題名検索」という方法もございます。
 ここでは先ず左右のサイドバーの数ヶ所に設置した「ブログ全記事表示」をクリック。
 その後、ウィンドウズ系のパソコンでは「Ctrl+F」を、マッキントッシュでは「Command+F」のキーを押し、画面に「サイト内検索窓」を表示させます。
 ここに調べたい語句を入力すれば、その語句が含まれるエントリ名が“強調表示”(色が変わる)されることになるのです。


 以上に紹介した方法を駆使して、必要とする記事をお読みになるようお願いいたします。

ブログランキング・にほんブログ村へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/929-fa168412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。