メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新横浜駅から徒歩で5分ほどのフードアミューズメントパーク、新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)へ出店中の、札幌味噌ラーメン”の専門店『らーめんの駅』(『ラー博』店舗案内)
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、店舗概観画像(2011年10月)
 一度の入場で、数店舗のラーメンの味を“食べ比べ”される方が多い『ラー博』では、各店で「ミニサイズのラーメン」(550円~)を販売。
 『らーめんの駅』で用意されているのは正油(醤油)ラーメンと塩ラーメン、そして、一番人気のメニューとも言える「味噌ラーメン」です。

ミニ味噌ラーメン550円

『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ミニ味噌ラーメン・550円(1)
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ミニ味噌ラーメン・550円(2)   『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ミニ味噌ラーメン・中太麺(1)

 通常サイズですと900円、ミニサイズなら550円で食べられる、『らーめんの駅』の味噌ラーメン。
 値段相応に麺やトッピングの量は減らされてしまいますが、豚骨をベースに、生姜やニンニクといった香味野菜の効いた濃厚な味噌スープは、十分に堪能可能。
 日に日に寒さが厳しくなって行くこれからの時期、お財布も体も温まれる、ココでしか味わえない味噌ラーメンを是非。

らーめんの駅
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ラーメン画像(館内掲示・2010年)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~/土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.
 営業時間は日によって変動しますので、公式サイトの「営業時間案内で確認を

 『ラー博』各店舗により異なりますが、『らーめんの駅』ミニサイズの量は通常サイズの「約半分といったトコロ。

通常サイズの味噌ラーメン900円

『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、通常サイズの味噌ラーメン(1)
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、通常サイズの味噌ラーメン(2)   『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、通常サイズの味噌ラーメン(3)

 550円の「ミニ味噌ラーメン」は、器のサイズからして小さなモノで提供。
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ミニ味噌ラーメン・550円(3)
 『純連』と『すみれ』の系列店でしか使用することの出来ない、食感のプリプリとした特注の中太縮れ麺
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ミニ味噌ラーメン・中太麺(2)  『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ミニ味噌ラーメン・中太麺(3)
 “この麺”が味わえるだけでも、入場料300円を払って『ラー博』へ入場する価値があると言えるほど。
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ミニ味噌ラーメン・トッピング類 通常サイズのラーメンでは、推測で150~160グラムの麺量で提供される『らーめんの駅』ですが、ミニサイズとなるとその量は半減し、80グラム程度の“試食サイズ”に。
 他では容易に口にすることの出来ない“この麺”が2~3口程度でなくなってしまうほどに少ないのは、たとえ550円で食べられるとしても寂しいモノ。
 そして、ミニサイズで減らされてしまうのは麺量だけでなく、「トッピング類」についても。
 通常サイズの味噌ラーメンのトッピングは、刻みネギ・角材のような形のメンマ・炒めたモヤシ玉ねぎ挽肉・角切りとスライスしたチャーシュー
 ミニ味噌ラーメンでは、この内の「スライスチャーシュー」のトッピングは無し
 スープの色の濃さと相まって、ミニラーメンではネギだけがトッピングされた“素ラーメン”かと錯覚してしまうほどのトッピング量の少なさです。

 味噌濃度と豚骨濃度が共に強く、冷めぬように液体油の層でフタをした濃厚この上ないスープは、ミニサイズでも堪能可能。
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ミニ味噌ラーメン・スープ(1)  『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ミニ味噌ラーメン・スープ(2)
 『ラー博』内の各店が提供するミニラーメンの場合、麺やトッピング量だけでなく、丼のサイズからして「スープの量も少ない」という傾向も。
 そして、そのスープの減量が味へも影響することも、しばしば。

 しかしながら『らーめんの駅』の場合、『すみれ』の店名で『ラー博』へと10年間出店(1994~2004年)し、その内の5年ほど“ミニサイズ”を調理した経験があるからでしょうか、通常サイズとミニサイズでの味の大きな違いは感じられないという優秀さ。

 ただ、通常サイズとミニラーメンではあまりの“量の落差”があることから、3~4店舗の“連食”という事情がない限り、この『らーめんの駅』では通常サイズがおススメ

 やはり、「ボリューム感もラーメンの重要な要素」ですからね。

らーめんの駅メニューと価格
・ラーメン類
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、券売機画像(2011年10月) 味噌ラーメン 900円
 正油ラーメン 900円
 塩ラーメン 900円
  チャーシューメン +200円
  麺の大盛 +100円
 昔風ラーメン 900円
・ミニラーメン
 ミニ味噌ラーメン 550円
 ミニ正油ラーメン 550円
 ミニ塩ラーメン 550円
  ミニチャーシューメン +200円

・サイドメニュー&トッピング類
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、メニュー表画像(2011年) 鬼飯 300円
 チャーハン(スープ付)800円
 すみれ味噌明太子御飯 350円
 ライス 100円
 チャーシュー(3枚)300円
 味付煮玉子/メンマ/ネギ 各100円
 挽肉 100円
 たくあん 100円
 ビール(缶)400円
 スミレビール(瓶)600円
 ラムネ 200円


関連記事】
『らーめんの駅』@新横浜ラーメン博物館、味噌ラーメン&チャーハン
 『らーめんの駅』店舗案内も兼ねた、人気の「味噌ラーメン」と、平日のみの限定メニュー「炒飯」の紹介エントリです
『らーめんの駅』@新横浜ラーメン博物館、味噌ラーメン&挽肉
『らーめんの駅』@新横浜ラーメン博物館、正油ラーメン
 レギュラーメニューの一つ、「醤油ラーメン」の紹介エントリです
『らーめんの駅』@新横浜ラーメン博物館、塩ラーメン
 他のメニューと比べると若干あっさりと感じられる、「塩ラーメン」の紹介エントリです
『らーめんの駅』@新横浜ラーメン博物館、味噌ラーメン&ライス
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、チャーハン800円
『らーめんの駅』@新横浜ラーメン博物館、味噌チャーシューメン

新横浜ラーメン博物館アクセスマップ

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/887-30af41a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。