メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 それにしても「暑い」ですねぇ・・・・・・。
 スーパーの冷凍食品売り場の陳列棚に頭を突っ込んで涼を取り、家に帰ると裸族になっちゃう、そんなオレ様が来ましたよ。

 「暑い時期には辛いモノ」という民間信仰(?)があるようですが、オレ様もそれに倣って『品達』で辛いモノ食べちゃおうと思います。
 既に、「カテゴリ:品達」では「辛いモノ特集」(?)として、「『つけめんTETSU』辛味噌つけめん」「『なんつッ亭』猛烈タンメン鼻血ブー!」「『ひごもんず』の特製辛味」を紹介してきましたが、今回のエントリでは初代けいすけ烈黒坦々麺を紹介することにいたしましょう。

『麺達七人衆』店舗配置  『初代けいすけ』店舗概観(5月)  『初代けいすけ』竹炭の特長

メニュー
麺類
『けいすけ』メニュー写真黒みそラーメン 730円
ブラックカリー麺 830円
とんとろ炙りチャーシュー黒極み 880円
スタミナ黒みそとろ~り温玉のっけ 930円
烈黒坦々麺 830円
激烈黒坦々麺 880円
ゆずの香りの塩ラーメン 680円
黒みそ魚介つけ麺 790円
『初代けいすけ』けいじろう、メニュー看板黒カレーつけ麺 890円
黒坦々つけ麺 890円

麺の大盛 120円

けいじろう1日20食限定850円

トッピング
味付半熟玉子 100円
とろ~り温泉玉子 100円
焼きのり(5枚) 100円
特製豚バラチャーシュー(3枚) 270円
『初代けいすけ』ランチタイム・セット(看板)とんとろ炙りチャーシュー(3枚) 330円
サイドメニュー
黒豚一口ギョーザ(8コ入り) 400円
肉みそ温玉ごはん 350円
スタミナ丼 350円
Aセット(ギョーザ5コ+ごはん) 250円
Bセット(若鶏から揚げ+ごはん) 250円
ごはん(おかわり自由) 100円
ドリンク
『初代けいすけ』店内注文1生ビール 中ジョッキ 500円
生ビール 小ジョッキ 380円
焼酎 各種 450円
サワー 各種 380円
コカコーラ 200円
ウーロン茶 200円
オレンジ 200円


烈黒坦々麺」(830円
『初代けいすけ』烈黒坦々麺(830円)

『初代けいすけ』烈黒坦々麺1    『初代けいすけ』烈黒坦々麺2

 え~、まずは「画像」についてですが、光の加減によって色などは変化するモノでございますが、添付いたしました、上記の画像。
 コチラで「色素調整を一切していない」モノでございますので、「このメタボ、『グロ画像』貼りやがって(怒)」って文句言われても困りますよw
 って言うか、この店のラーメンは、元から“仕様”で「黒い」んだよっw
『初代けいすけ』烈黒坦々麺、以前の別画像 ちなみに、「左側」に添付したのが今回よりも“条件”のよい場所で撮影した、同じ「烈黒坦々麺」の別画像。トッピングのチャーシューが「肩ロース肉」を使っていたという違いはございますが、基本的には、同じ。
 ただし、現在では「脂濃度が高まった」というコトは、一目瞭然でしょう。

 この「烈黒坦々麺」の辛いトコは、上記画像のトッピング部分に見えるであろう、一際「オレンジ色」に輝いております液体にあります。
 そして、この液体
 ドコをドーかき混ぜても「スープに馴染まない」んですよね。
 まあ、それは無理もないコトなのかもしれませんが、そうなると、スープなどで辛さが中和されずに、麺を口に運ぶ度に「辛さが直接に舌や喉を刺激する」ワケです。
 私の場合、食べている内にジンわりと辛さが伝わって来るような「後からクル辛さ」は好きなのですが、食べた瞬間に「辛い・・・」と分かるような「ダイレクトにクル辛さ」って、苦手です。
 そうなると、私にとってこのメニューは“鬼門”でしてw 下に添付しておりますつけダレに辛味が直接投入された黒坦々つけ麺は、完全に「私的・涙目メニュー」でございますよw

黒坦々つけ麺」麺大盛り(1010円)
『初代けいすけ』黒坦々つけ麺(古い画像)
『初代けいすけ』黒坦々つけ麺、つけダレ(古い画像)  『初代けいすけ』黒坦々つけ麺、つけダレと麺(古い画像)

『初代けいすけ』烈黒坦々麺、麺   『初代けいすけ』烈黒坦々麺、スープ
 「烈黒坦々麺」の紹介に戻りましょう(食べている途中で「光の当たる場所」に丼の位置を移動させましたよw)。
 は中太麺で、平打ちの形状。スープとの絡みは、とてもイイです。
 ただ、この麺が辛味の液体をグイグイと引っ張ってしまいますから、食べ始めの段階では相当に、辛く感じるコトでしょう。
 スープは、つけ麺類のつけダレとほとんど変わらないくらい濃厚。食べている途中で、スープの大半はなくなってしまう程です。
 ただ、麺を食べている内に「液体の辛味」はなくなってしまいますから、食べ終わりの方では、あまり辛さを感じることはありませんでした。


 今回紹介した「烈黒坦々麺」。
 おそらくは、他の『麺達七人衆』内の店舗で提供されているメニューよりも、ずっと辛いと思われます。
 私のように辛いモノ好きでない方でこのメニューにチャレンジしてみようと思われる方は、“担保”として、辛さをある程度中和できる「ごはん」(100円、おかわり自由)や「温泉玉子」(100円)を一緒に注文されることを、オススメいたします。

 それにしても、この「烈黒坦々麺」よりも辛いと思われる「激烈黒坦々麺」って、一体どれほど辛いのだろうか・・・・・・?

【当ブログ内の関連記事】
『初代けいすけ』激烈黒坦々麺
『初代けいすけ』店舗案内
『初代けいすけ』黒みそ魚介つけ麺
『初代けいすけ』ゆずの香りの塩ラーメン
『初代けいすけ』けいじろう(二郎インスパイア)
『初代けいすけ』けいじろう(二杯目)
『初代けいすけ』ブラックカリー麺
『初代けいすけ』黒カレーつけ麺
『初代けいすけ』スタミナ黒みそとろ~り温玉のっけ
『初代けいすけ』黒坦々つけ麺
『初代けいすけ』ピリ辛冷し坦々麺(品達夏味)
『初代けいすけ』トントロ炙りチャーシュー黒極み
品達『初代けいすけ』黒ごま坦々麺温玉のっけ
『初代けいすけ』しょうゆラーメン
『初代けいすけ』黒みそ魚介つけ麺(2)

『初代けいすけ』メニューと価格
2008年10月現在の、『初代けいすけ』(品達店)のメニューと値段(一部メニュー値上げ)を画像を交えて紹介しております

『初代けいすけ』品川店
住所:東京都港区高輪3-26-20
営業時間:11:00~23:00
定休日:元日以外、(原則)無休
電話:03-3444-2316

読まれた方はバナーをクリックして下さい。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/87-311de7d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。