メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JR高松駅から徒歩で12~13分、ことでん・片原町駅からでは5分ほど。
 高松市内のランドマークの一つ『高松三越』から程近い「高松兵庫町東商店街」で営業する“セルフ形式の讃岐うどん店”、『こんぴら屋兵庫町店
『こんぴらや』兵庫町店、店舗概観画像(2011年)
 こんぴらや』(リンク先:公式サイト)自体は香川県内では標準的なセルフ店舗ということで、特別に人気のお店というわけではないようですが、『兵庫町店』に関しては、人通りの多い場所という「立地条件」、それに朝から夜まで中休みナシという「営業時間」という利便性から、個人的に何度か利用させていただいているお店。
 さらに、座席数が多く「提供メニューも豊富」という点も、特筆するべきトコロでしょうか。

 今回は、讃岐うどんの“夜向けメニュー”とも言える「肉カレーうどん」と、カロリーの高そうな「串カツ」を一緒に食べてみましたよ。

肉カレーうどん串カツ

『こんぴらや』兵庫町店、肉カレーうどん&串カツ(2011年)
『こんぴらや』兵庫町店、串カツ(2011年)  『こんぴらや』兵庫町店、肉カレーうどん(2011年・1)

こんぴら屋兵庫町店
住所:香川県高松市兵庫町11-5中島ビル1F
電話:087-822-6724『こんぴらや』兵庫町店、営業時間案内(店外掲示・2011年)
営業時間:9:00~19:00
定休日:元日のみ
駐車場:ナシ
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.』『讃岐うどん遍路

 『こんぴらや』の“直営店”は、高松市内に4店舗
 『食べログ』店舗情報ページへのリンクを付しておきますと、本店』(高松市中間町)成合店』(高松市成合町)川東店』(高松市香川町川東上)、そして今回紹介する『兵庫町店』。

 今回の『兵庫町店』は、今から7~8年ほど前の「夕方」に、『高松三越』周辺をブラブラ歩いていた折「小腹が空いたな・・・」なんて考えていて見つけたお店。
 口が裂けても「讃岐うどんのオススメの店」なんてコトは言えませんがw その「立地条件」と「夜まで営業」というスタイルは、大変に重宝されるモノ。

 概して、“讃岐うどんの店”というのは「昼営業で終了」というのが一般的。
 おおよそ、朝の9時頃から営業を開始して、閉店時間は午後3時頃というパターンが多いモノ。

 この日、予約したホテルに程近い片原町周辺に足を踏み入れたのが、「17時過ぎ」。
 既に、朝から営業しているお店の大半は営業を終了している時間帯であり、お酒も飲める“夜型営業の讃岐うどん店”の場合、営業開始時刻は18時以降が大半。

 そんな時間帯にはなまる以外の選択肢を考えれば、まあ、ココしか思いつかなかったというワケでございますw

こんぴらや兵庫町店主要メニューと価格
 かけうどん
  小150円/中210円/大250円
 冷やかけうどん
  小180円/中240円/大280円
『こんぴらや』兵庫町店、うどん類メニュー表(2011年・1) ワカメうどん
  小230円/大330円
 山芋かけうどん
  小260円/大360円
 梅うどん
  小290円/大390円
 うまいかうどん
  小290円/中340円/大390円
 肉カレーうどん
  小400円/大520円
 肉うどん
  小450円/大550円
 
 醤油うどん(温・冷)
  小220円/大320円
 ぶっかけうどん(温・冷)
  小230円/大330円
 温玉ぶっかけうどん(温・冷)
  小290円/大390円
 明太子マヨうどん(温・冷)
  小290円/大390円
 シーチキンマヨネーズうどん(温・冷)
  小290円/大390円
『こんぴらや』兵庫町店、うどん類メニュー表(2011年・2) 山芋ぶっかけ(温・冷)
  小350円/大450円
 肉ぶっかけうどん(温・冷)
  小530円/大630円

 ざるうどん
  小230円/大330円
 冷やしうどん
  小230円/大330円

 釜揚げうどん
  小280円/大380円
 釜玉うどん
  小280円/大380円
 カレー釜玉うどん
  小450円/大550円

 「かけ」「釜」「ざる」「ぶっかけ」と、“一通りのメニュー”が用意されている『こんぴらや』。
 他に、生卵やお揚げは「50円~」、おむすび「80円~」、天ぷら類「90円~」というラインナップ。

 うどん類も天ぷら類も「セルフの標準的な味」というモノばかりですが、メニューを仔細に眺めますと、他店ではあまり販売されていない“変り種うどん”が実に豊富で、この『こんぴらや』兵庫店はそのような「一風変わったメニューをセルフ価格で楽しむ店」といった位置付けでしょうか。

肉カレーうどん400円

『こんぴらや』兵庫町店、肉カレーうどん(2011年・2)

 お湯で加熱した温かい「うどん」に、野菜類と共に煮込んだ「カレー」を回しかけ、その上に「牛肉」をトッピングしたのがこのメニュー。

 若干カタメに感じられるうどんの量は標準的ですが、標準よりも太めに切り出しておりますので、噛み応えは十分。
 モチモチ感こそ少ないもののそれなりにコシの強いうどんですので、こういった“ぶっかけメニュー”で食べますと、口の中でうどんが暴れ回る感覚を楽しめます。
『こんぴらや』兵庫町店、肉カレーうどん(2011年・3)  『こんぴらや』兵庫町店、肉カレーうどん(2011年・4)
 牛肉はパサツキが感じられずしっとりとしたモノ。
 提供直前に湯通ししているようで、脂分も気にせず食べることが可能。

 このように、「肉カレーうどん」ではカレーや肉を温める作業工程が加わりますので、若干、提供までに長く時間がかかる模様です。

 トッピングされるカレーは、かなりスパイシー
 てっきりレトルトカレーをダシで溶いただけかと思いきや、数種類のスパイスを組み合わせたと思われる意外に本格的なカレーなのは、チョッと驚き。
『こんぴらや』兵庫町店、肉カレーうどん(2011年・5)  『こんぴらや』兵庫町店、肉カレーうどん(2011年・6)
 この日は、カレーに「ダシのプラス」したモノを注文。

 コレは店によって対応が異なるのですが、“カレーメニュー”を注文した際に「ダシ割り」に応じてくれる店もあり、今回の『こんぴらや』兵庫町店では提供の際にカレーの上からダシを回しかけてもらえたワケです。

 モチロン、“ダシ割り”をするのは個人の好み。
 ネットリとしたトロミのある“あんかけタイプ”が好きな方はそのままで、ダシでカレーを“伸ばした”タイプが好きな方は、注文時に「ダシをチョッと入れて・・・」といったカンジで頼めば良いでしょう。


【高松駅から徒歩圏内のうどん店】
『連絡線うどん』@高松駅、きつねうどん
 高松駅構内にある、利便性の高いうどん店です
『根っこ』内町店、温泉たまごぶっかけ
 『こんぴらや』兵庫町店の近くにある『高松三越の裏手で営業する、セルフ形式のうどん店です
『かな泉』紺屋町店、かけうどん
 高松駅からは徒歩で約15分、かつては香川を代表する店であった『かな泉』のセルフ店

こんぴらや兵庫町店アクセスマップ


にほんブログ村 グルメブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/861-2657e4f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。