メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 “”のせいでしょうか?
 最近、とっても胃が重いんですよね・・・・・・。
 そうであるにも関わらず、『品達』ってトコは、昼夜を問わず、オレ様に「おいで、おいで」と手招きしやがるんですよ。
『品達』道案内、ウイング
 「まあ、“軽いモノ”なら何とかなるか・・・」と歩いて行きますと、どの店も、ゴールデンウイークを忘れたかのような大混雑。
 空いていた店が、“ド乳化スープ”の熊本ラーメン ひごもんずって、オレ様に対する嫌がらせですか・・・・・・?
『麺達七人衆』店舗配置   『ひごもんず』外観
 ご存じない方もおられるのかもしれませんが、この店って意外に「量が多い」んですよ。
 かと言って、各メニュー100円引きで可能な「小ラーメン」(麺半分)なんて食った日には、思いっきり「へタレ」と言われるのも癪に障るんで、かろうじて“完食”が可能と思われる「野菜ラーメン」を食って来ましたよw

メニュー

ラーメン 650円
ネギラーメン 800円
チャーシューメン 850円
角煮ラーメン 850円
特製ラーメン 950円
野菜ラーメン(ゴマ風味)800円
『ひごもんず』値上げ告知ミニラーメン(麺半玉)550円
ミニ特製ラーメン(麺半玉)800円
麺大盛 100円増し
【麺と味付けについて】
・麺は「中太麺」と「細麺」(さいめん)から選べる
・味付け(油)は「ゴマ風味」(あっさり)と「マー油風味」(熊本風)から選べる
指定がない場合は、「中太麺・マー油風味」で調理される
トッピング
ルータン(味付玉子)100円
メンマ 100円
ノリ 100円
特製辛味 50円

ライス 100円
角煮御飯 250円
チャーシュー御飯 250円
麺類ご注文の方、14時まで「小ライス」サービス
名物
豚餃子(5ヶ入)350円
菜餃子(5ヶ入)250円
『ひごもんず』メニュー1おつまみ
高菜炒め 100円
冷奴 200円
ザーサイ 300円
もろきゅう 300円
つまみチャーシュー 300円
高菜ソーセージ 350円
つまみ角煮 350円
ドリンクメニュー
ビール
生ビール(小ジョッキ)250円
生ビール(中ジョッキ)450円
瓶ビール(中瓶)500円
紹興酒
グラス 380円
サワー
生レモンサワー 380円
ウーロンハイ 380円
『ひごもんず』メニュー2日本酒
吉乃川(一合)350円
吉乃川(瓶300ml)780円
焼酎(ロック・水割り・お湯割り)
白岳(はくたけ)しろ (グラス)390円 (ヤカン)1100円
黒甕(くろかめ) (グラス)430円 (ヤカン)1200円
一刻者(いっこくもん) (グラス)490円 (ヤカン)1400円
二階堂 (グラス)390円 (ヤカン)1100円
喜界島(きかいじま) (グラス)430円 (ヤカン)1200円
鍛高譚(たんたかたん) (グラス)490円 (ヤカン)1400円
久米仙(くめせん) (グラス)430円 (ヤカン)1200円
ソフトドリンク
コーラ 200円
ジンジャエール(甘口、辛口)200円
オレンジジュース 200円
ウーロン茶 200円

 毎度毎度ココへ来る度に、「お飲み物は?」と聞かれるんですが、どうも「夜の時間帯」の場合、酒も飲まなければ餃子も頼まない、「ラーメンしか食わない、客単価の低い客」って、オレ様だけなのでしょうかw
 ただ、お金持ちなオレ様は、店側に少しでも“貢献”しようと、この日は贅沢に「辛味(50円)」も追加しちゃいましたよ。

野菜ラーメン辛味800円+50円
『ひごもんず』野菜ラーメン(800円)
『ひごもんず』ラーメン(650円) この店で「麺類」を注文した場合、その「味付」として「マー油ゴマ油」のドチラからか選べるのですが、上の画像の「野菜ラーメン」の場合には「ゴマ油」で調理されることになります。
 基本の「トッピング」は、右画像の「ラーメン」のように、チャーシュー・ネギ・モヤシ・キクラゲ・海苔。
 ただし、「野菜ラーメン」には海苔は入らず、キャベツ・インゲン・ニンジン・メンマがトッピングされることになります。
『ひごもんず』野菜ラーメン、チャーシュー 『ひごもんず』野菜ラーメン、麺 『ひごもんず』野菜ラーメン、野菜
 上の3つの画像で、「トッピング」や「」を紹介。
 「チャーシュー」はそれほど厚みはありませんが、とても柔らかく煮込まれたモノ。また、外側は炙った状態で提供されます。
 「野菜」はいずれも茹でた状態のモノを、大量にトッピング。キャベツは「シャッキリ」とした茹で加減ですが、他のモノはしっとりと柔らかく煮込まれておりました。
 「」は、“指定”がなければ「中細麺」。加水率の低い、小麦の風味が強いモノ。比較的に「カタメ」の茹で加減で提供されます。
 「スープ」は、白く乳化した豚骨スープ。
 ただ、この日は追加トッピングとして唐辛子をベースにニンニクも入った
『ひごもんず』辛味(50円)
辛味50円
を頼みました。
 すると、“コイツ”がジワリジワリとスープに溶け出し、白いスープが「オレンジ色」へと“変色”して行きます。
『ひごもんず』辛味1   『ひごもんず』辛味2
 元々、この店の豚骨スープには「臭み」がそれほどありませんから「飲み易いスープ」ではあるのですが、どうしても、私のような豚骨魚介などのダブルスープに慣れた舌には、飽きが来てしまうんですよ。
 特に、『ひごもんず』のような「器も大きくて、スープも麺の量も多い店」では。
 モチロン、それを防ぐための胡椒や高菜、ニンニクもあるのですが、豚骨スープに合うような「コク深いピリリとした辛さ」を求めるには、この「辛味トッピング」が有効であるように思っております。

【当ブログ内の関連記事】
『ひごもんず』店舗案内
『ひごもんず』特製ラーメン
『ひごもんず』角煮ラーメン
『ひごもんず』つけ麺(夏季限定)
『ひごもんず』ピリ辛つけ麺(夏季限定)
『ひごもんず』カレーつけめん(品達夏味)
『ひごもんず』ネギラーメン&菜餃子
『ひごもんず』チャーシューメン
『ひごもんず』真っ赤なまっかないラーメン
『ひごもんず』メニューと価格
 2008年12月時点での『ひごもんず』(品達店)で提供されている、レギュラーメニューとサイドメニューを、画像を交えて紹介しております
『熊本ラーメン ひごもんず』野菜ラーメン(2)
 2010年3月のレポートです

『ひごもんず』真っ赤なまっかないラーメン(2)
『ひごもんず』特製ラーメン(2)
『ひごもんず』ネギラーメン(2)
『ひごもんず』つけ麺(2009年)
『ひごもんず』辛つけ麺(2009年)

『品達』道案内
『品達』店舗紹介

『ひごもんず』看板熊本ラーメン ひごもんず品川店
住所:東京都港区高輪3-26-20
営業時間:11:00~23:00
定休日:元日を除き、(原則)無休
電話:03-3444-7140

読まれた方はバナーをクリックして下さい。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/85-184afa58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。