メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JR徳島駅から徒歩で3分ほど。
 2009年8月4日、徳島駅前の『そごう徳島店』の1階テナント部分で営業を開始した、『支那そば 三八徳島駅前店
『支那そば 三八』徳島駅前店、店舗概観画像(2011年8月)
 三八』(さんぱ:公式サイト)というのは、元は1968年創業の徳島県鳴門市内で「アイスクリーム販売」を専門にしていたお店で、1970年頃より冬場の商売として「ラーメンの販売」を開始。
 以来、そのラーメンの味が評判を呼び“鳴門の三八”としての知名度は、徳島県内随一のモノに。
 そんな鳴門の名店『三八』の本店が、2005年に徳島県徳島市内の田宮街道近くへと移転。
 さらに創業から40年を迎えようという2009年、集客力の高さが見込まれる徳島駅前の『そごう』1階部分へと出店し、“徳島ラーメン”を大いにアピールするお店の一つとなっているのです。

 今回のエントリでは、徳島駅前の店で食べました“徳島ラーメン黄系”とも評されるスープが自慢の「ラーメン」と、定番メニューの「チャーハン」をご紹介。

ラーメンチャーハン」(500円380円

『支那そば 三八』徳島駅前店、ラーメン&チャーハン・880円(2011年8月)
『支那そば 三八』徳島駅前店、ラーメン小・500円(2011年8月・1)  『支那そば 三八』徳島駅前店、チャーハン・380円(2011年8月・1)

支那そば 三八徳島駅前店
住所:徳島県徳島市元町1-24 アミコ1F
電話:088-678-6538『支那そば 三八』徳島駅前店、営業時間と定休日(店外掲示・2011年8月)
営業時間:11:00~21:00
定休日:火曜日・月1回月曜日(原則第三月曜日)
駐車場:無し(近隣のコインパーキング利用)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

 2005年に移転した『三八』(さんぱ)の本店は、徳島駅から車で10分と離れていない田宮街道の近くで営業中。

支那そば 三八田宮店(リンク先:『食べログ』店舗情報)

『支那そば 三八』本店、店舗概観画像(2011年8月)  『支那そば 三八』本店、ラーメン画像(2011年8月)
・関連記事
 「『支那そば 三八』田宮店、肉入りラーメン・小盛

 この『本店』と今回紹介する『徳島駅前』の店は、メニュー構成も提供価格もほぼ同じ

 『三八』徳島駅前店が営業する場所は、徳島駅前から右側に見えるデパート『そごう』の1階部分
『支那そば 三八』徳島駅前店へのアクセス方法(1)  『支那そば 三八』徳島駅前店へのアクセス方法(2)
 駅前ロータリーを右方向にグルリと回り、駅前から眉山まで一直線に続く「新町橋通り」沿い。
 『そごう』の1階テナント部分には、駅に近い方から『ミスタードーナツ』、『エステ』、『三八』、大判焼きの人気店『あたりや』といった店舗が営業中。

 ココまでの所要時間を「3分」と見積もっているのは、駅周辺の横断歩道の待ち時間が長めに設定されているコトに起因します。

支那そば 三八徳島駅前店メニューと価格
『支那そば 三八』徳島駅前店、メニューと値段(券売機画像・2011年8月)・ラーメン類
 ラーメン
  小盛500円/大盛550円/特盛620円
 肉入りラーメン
  小盛700円/大盛750円/特盛820円
・サイドメニュー
 めし(飯)
  小100円/並120円/大180円
 餃子 280円
 チャーハン 380円
  大盛 530円
 天津飯(限定)480円
 ソフトクリーム 200円
・セットメニュー『支那そば 三八』徳島駅前店、限定メニュー販売告知(店外掲示・2011年8月)
 ラーメン+めし
  小盛620円/大盛670円/特盛740円
 肉入りラーメン+めし
  小盛820円/大盛870円/940円
・ドリンク類
 ビール(中瓶)500円
 オレンジジュース 110円
 コーラ 110円
 ラムネ 110円

 『三八』駅前店は食券制
『支那そば 三八』徳島駅前店、カウンター上の調味料類(2011年8月) お店へと着きましたら、先ずは、店舗前に設置された券売機にて食券を購入。
 続いて店内へと歩を進め、店員の方に人数を告げて案内を待ちます。
 店内は、全席カウンターで、20席程度。
 一杯目の水と共に「おしぼり」(紙製)が店員の方から供され、カウンター上には割り箸・爪楊枝・レンゲ、調味料としてラー油・胡椒・からし・醤油が常備。
 これらは、基本的に田宮の『本店』と変わるトコロはありません。

ラーメン500円

『支那そば 三八』徳島駅前店、ラーメン小・500円(2011年8月・2)  『支那そば 三八』徳島駅前店、ラーメン小・500円(2011年8月・3)

 徳島県内の“ラーメン相場”は、「小サイズ500円」というのが基準。
 主に関東圏から徳島に来られてラーメンを食べられた方は、一様に「徳島におけるラーメンの値段の安さ」に驚かれるようですが、提供されるラーメンの量や素材などの細部まで検討してみれば、500円という値段が“適正価格”であることに気付くハズ。

 は、加水率の抑えられた中細麺
『支那そば 三八』徳島駅前店、ラーメン小・中細麺(2011年8月・1)  『支那そば 三八』徳島駅前店、ラーメン小・中細麺(2011年8月・2)
 茹で加減は、徳島県内で伝統的に見られる、柔らかめ。
 「小」で麺量は100グラム程度と大変に少ないですから、お腹イッパイに食べたい方は麺量「大盛」(1.5玉)や「特盛」(2玉)、それにライスやチャーハンなどの「サイドメニュー」も併せて注文する必要があるでしょう。

 トッピング類は、竹の子刻みネギモヤシチャーシュー
『支那そば 三八』徳島駅前店、ラーメン小・トッピング類(2011年8月・1)  『支那そば 三八』徳島駅前店、ラーメン小・トッピング類(2011年8月・2)
 古くから営業している徳島県内の「支那そば」「中華そば」を出す店では、メンマ代わりに「竹の子」をトッピングする店は意外に多いモノ。
 『三八』のチャーシューは比較的に厚切りですが、その肉はスープの出し殻といったカンジで、パサツキ加減が気になります。

 「黄金色に輝く徳島ラーメン“黄系”」というスープは、他の徳島県内のラーメンとは異なり、豚骨よりも鶏ガラ野菜をベースにしたモノのようです。
『支那そば 三八』徳島駅前店、ラーメン小・スープ(2011年8月・1)  『支那そば 三八』徳島駅前店、ラーメン小・スープ(2011年8月・2)
 以前の『三八』のスープには、鶏や野菜由来と思われる“トロミ”が感じ取れたモノだったように記憶しておりますが、この日のスープにはトロトロとしたクリーミーさは感じられずといった具合。

チャーハン380円

『支那そば 三八』徳島駅前店、チャーハン・380円(2011年8月・2)  『支那そば 三八』徳島駅前店、チャーハン・380円(2011年8月・3)

 『三八』のチャーハンは強力な火力で、玉子・ネギ・チャーシューといった具材とご飯を一気に炒め上げたモノ。
 油っぽさは特に感じられず、香ばしさの強いご飯パラパラのタイプ。
 「ラーメン&ライス」というセットよりも、コチラの「ラーメンとチャーハン」を一緒に頼まれるお客さんの方が多いようです。


 「徳島のラーメン店」を語る上で重要なキーワードとなるのが、店主の“代替わり”というコト。

 コレは全国の数多くのラーメン店で見られる現象であると思われますが、「店主が変わってから味も変わった」という意見が多いモノ。
 徳島県内の多くの店でもそうした現象が見られ、しかも、代替わりした30~40代の店主の多くは、セントラルキッチンに多店舗展開、それにメディアへの露出回数を積極的に増やすといった“外食産業的経営”をする例が頻発。

 今回紹介した『三八』も、代替わりしてから徳島県内の中心地である徳島市内への進出を開始。
 同時に、メディアへの露出を意識した“話題づくり”を積極的に行い、味的なものよりも“接客重視”の経営方針を打ち出している模様。

 いずれ田宮の『三八』本店のレポートを執筆するつもりですが、基本的に本店』と今回紹介した『徳島駅前店』との違いは、見出せそうにありません

 そうなりますと、徳島県内で名声を得た“黄濁化した絶品スープ”を味わうには、鳴門市内で営業を続ける支那そば 三八斉田店や、同じく鳴門の三八黒崎店(共にリンク先は『食べログ』)へと足を運ぶしかないのかもしれません。
追記:『黒崎店』は2011年12月にリニューアル、『田宮店』や『徳島駅前店』と同じような“ファミレス店舗”になってしまいました。)


【徳島駅前のラーメン店】
『麺王』徳島駅前本店、徳島ラーメン&生卵
 徳島駅から徒歩2分程度、豚骨ラーメンに徳島ラーメンのエッセンスを取り入れたお店
『よあけ』徳島駅前店、支那そば&ごはん
 徳島駅から徒歩で2分程度、グルメ評論家も絶賛したという『支那そば よあけ』の支店が、徳島駅前にオープンしました
『岩田家 徳島中華そば』クレメントビル店、ラーメン定食
 徳島駅の駅ビル『クレメントプラザ』5階で営業する『岩田家』の徳島ラーメンのレポートです
『中華そばショップ来来』特製チャーシューメン&めし
 徳島駅から徒歩で5分程度、厚切りチャーシューと濃厚スープが特徴の老舗ラーメン店の紹介エントリです
『麺屋 六根』@徳島、中華そば
 徳島駅から徒歩で5分程度、『そごう』の裏手で営業する“魚介豚骨スープ”のラーメンとつけ麺を提供するお店です

徳島駅周辺のラーメン店(Googleマップ)


より大きな地図で 徳島駅周辺のラーメン店 を表示
地図を拡大・縮小・スクロールするなどして参照ください

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/848-9ec52a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。