メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JR品川駅の改札口から徒歩で5分弱、京急線の高架下フードテーマパーク『品達』内の海鮮丼専門店”『海鮮ロイヤル
『海鮮ロイヤル』店舗概観画像(2011年5月)
 出店店舗の入れ替えが行われている『どんぶり五人衆』において、目立たないコトではございますが、『海鮮ロイヤル』は2011年の4月の下旬にリニューアルを敢行。
 それに伴い、内装の一部や提供メニューに関しても、以前とは若干の変更点が見出せます。

鉄火丼780円

『海鮮ロイヤル』鉄火丼・780円(2011年5月・1)
『海鮮ロイヤル』鉄火丼・780円(2011年5月・2)  『海鮮ロイヤル』鉄火丼・780円(2011年5月・3)
味噌汁・小鉢付

 画像は、新鮮なマグロが酢飯の上に大量に盛り付けられました、「鉄火丼」。
 決して高級品種のマグロが使用されているわけではございませんが、その「ネタの新鮮さ」や、品川という立地条件における「提供価格の安さ」は、驚嘆に値するモノでしょう。
 以下、現在この店で提供されている「海鮮丼メニュー」を中心に、その値段などを紹介しておきますよ。

海鮮ロイヤル(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:東京都港区高輪3-26-21『品達どんぶり五人衆』営業時間案内(施設内掲示・2011年5月)
電話:03-5739-0719
営業時間:11:00~23:00
定休日:元日を除き、(原則)無休

海鮮ロイヤルメニューと価格
・海鮮丼メニュー『海鮮ロイヤル』海鮮丼・メニューと値段(2011年5月)
 板長おまかせ海鮮ロイヤル丼 1000円
 鉄火丼 780円
 まぐろづけ丼 780円
 板長おまかせ三色丼 780円
 板長おまかせ三色づけ丼 780円
 ねぎとろ丼 680円
  11:00~14:00 あら汁サービス

 リニューアル以前と変わらず、『海鮮ロイヤル』では昼の時間帯には海鮮丼メニュー専門、17時以降の夜の時間帯には海鮮居酒屋といった営業形態。
 上に紹介した海鮮丼メニュー」に関しては、昼夜の「時間帯を問わず、終日販売を行っている模様です。

・夜の居酒屋メニュー17:00~
 板長おまかせ特撰握り寿司 1000円
 お造り各種 380円
 刺身三点盛り 840円
 刺身五点盛り 1260円
 『海鮮ロイヤル』夜の居酒屋メニューと値段(2011年5月)
 400円おつまみ
  海鮮サラダ
  鮭ハラス焼き
  ブリ照焼き
 300円おつまみ
  きゅうり一本漬け
  おしんこ盛り合わせ
  いか納豆
  まぐろ納豆
  まぐろ山かけ
  ブリ大根
  唐揚げ
  たこ唐揚げ
  じゃこ天
  冷やしトマト

 夕方17時以降の時間帯では、海鮮丼メニューに加え「握り寿司」や「刺身」の提供も開始。
 その他、店内には掲示やメニュー表が置かれているようですが、ビールや日本酒、それに焼酎やワインなどの「アルコールメニュー」の販売も行っているようです。


 ある意味、お手頃価格で海鮮丼メニューが食べられるという『海鮮ロイヤル』の“方向性”を決定付けたのが、提供価格500円の「ワンコインランチ」。
 お店のリニューアル以降も、“この路線”は継承されるようです。

・板長おすすめ日替わり丼 500円

『海鮮ロイヤル』ワンコインランチ・メニュー表(1)  『海鮮ロイヤル』ワンコインランチ・メニュー表(2)
  平日限定・20食

 「500円ランチ」に関して、提供メニューは“日替わり”。
 500円の海鮮丼が提供されるのは「平日のみ」「杯数限定」という制約がございますが、土日祝日に関しても700円のサービス海鮮丼の販売を行っているそうです。


 なお、今回の店舗リニューアルに当たり、『海鮮ロイヤル』では券売機が撤去され
会計制・後払い
へと変更になりました。


海鮮ロイヤルアクセスマップ


にほんブログ村 グルメブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/795-2c35f2b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。