メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「ラヲタ用語」(?)の中に、「二郎インスパイア」(笑)というコトバがあります。
 その用語を分かりやすく説明すれば、「『ラーメン二郎』のメニューをパクったラーメン」というコトw

 “東京圏”以外にお住まいの方には分かりにくいかもしれませんが、「東京のラーメン屋」の中には、『ラーメン二郎』の人気にあやかって「『二郎』のパクリメニュー」を提供する店が増殖しているんです。
 より具体的には、『ラーメン二郎』の“特徴”とも言える「量が多くて脂っこいラーメンをメニューに加えて、客寄せをする」ということなのです。

 そんな命知らずな店が『品達』に登場。
 その店の名は、初代けいすけ
『初代けいすけ』店舗概観
 当ブログでも「『初代けいすけ』店舗案内」を皮切りに何度も紹介している、味噌に竹炭を練りこんだ「黒味噌スープ」をウリにした店ですが、今週になってから「二郎インスパイア」のラーメンをメニューに加えてきました。

新メニューです
『初代けいすけ』けいじろう、メニュー看板
一日20食限定
けいじろう
850円

 
『けいすけ』券売機 今の所、店の外に「「けいじろう」と書かれた看板」がある以外は、特に宣伝はされていません。
 「右の画像」は以前に撮影した「券売機の画像」のモノですが、「けいじろう」の食券は、「一番右下の(右画像では)何もない場所」のボタンを押して、チケットを購入するようになっておりました。

 なお、店員からは「けいじろう」を提供するまでに「10分ほどかかります・・・」ということでしたので、混雑している時間帯では、相当に待たされる可能性もあることに、注意をしておいて下さい。

けいじろう850円
『けいすけ』けいじろう(850円)

 まずは「トッピング」などの説明をしておこうと思うのですが、それにはこの店の「通常のラーメン」と比較して見ると分かりやすいかと思われますので、以下に、以前食べたラーメンの画像も添付。

黒みそラーメン」(730円
『けいすけ』黒みそラーメン  『けいすけ』黒みそラーメン・麺

 「画像」は少々古く、今はトッピングの「チャーシュー」が、肩ロースから「バラ肉」へと変更されています。
 通常のラーメンでは、チャーシュー1枚・ネギ・糸唐辛子・ニラ、それに、黒いスープの中に入れられた「炒めた挽肉とタマネギ」が、トッピングとなっております。
 それに対して「けいじろう」のトッピングは、
『けいすけ』けいじろう、ニンニク 『けいすけ』けいじろう、トッピング 『けいすけ』けいじろう、ブタ
(通称)「端ブタ」「キャベツとモヤシ」「背脂」と、別皿にて「刻みニンニク」(業務用)が加えられております。
 この店の「チャーシュー」は非常に柔らかいことで定評があるのですが、この「けいじろう」でも、1枚を除けば全て「端ブタ」なのですが、特に「硬さ」を感じることはありませんでした。

『けいすけ』けいじろう、麺1   『けいすけ』けいじろう、麺2
 「」は、古い例えで言えば“町田系”を彷彿とするような「極太麺」。
 ただし、ウェイブ(縮れ)や麺表面の「滑らかさ」などは見られず、さらに、食感は「ホゴホゴ」といったカンジで、『二郎』特有の「モチモチ感」も感じられません。
 あえて言うなら・・・、“堀切系”の麺をやわらかく茹でたような印象、といったトコロでしょうか。
 「」は、それほど多くは感じませんでした(スイマセン、「麺量」を確認しておりません)。実際、この「」自体がそれほど大きくありませんので、それほどは盛れないでしょうし。
 ただ、極太麺ゆえの「食べ応え」がありますし、麺の上にモヤシやネギが多く載っているために「引っ張り出す苦労」が要請されますので、まあ、“それなりに”「お腹イッパイ」にはなるのではないでしょうか。

『けいすけ』けいじろう、スープ 器が小さい割には麺もトッピングも多いため、「スープ」自体の量は多くはありません。
 通常の「黒みそラーメン」のスープと比べ、「背脂」の量が多く、わずかながらも、(おそらくは「みりん」を使用して)「甘み」も出しているようです。
 この黒味噌の「スープ」。
 実はそれほど「濃厚」ではなく、どちらかと言うと「香辛料」などでカバーしているスープだと、私は感じております。それは「ニンニクを入れることを“想定”していないスープ」でしょうから、ハッキリ申し上げて、このスープに「ニンニクは合わない」と思います。


 その意味で、この「けいじろう」のスープに「『二郎を求める」のは、難しいと感じます。
 「盛りつけ」(あるいは「トッピング」)に関しては「『二郎らしさ」は感じ取れますが、「」を含めたそれ以外は、『ラーメン二郎』とは「別モノ」と、考えた方がよいでしょう。


【当ブログ内の関連記事】
『初代けいすけ』けいじろう(二杯目)
『初代けいすけ』品達店、けいじろう(3)

『初代けいすけ』店舗案内
『初代けいすけ』黒みそ魚介つけ麺
『初代けいすけ』ゆずの香りの塩ラーメン
『初代けいすけ』烈黒坦々麺
『初代けいすけ』激烈黒坦々麺
『初代けいすけ』ブラックカリー麺
『初代けいすけ』黒カレーつけ麺
『初代けいすけ』スタミナ黒みそとろ~り温玉のっけ
『初代けいすけ』黒坦々つけ麺
『初代けいすけ』ピリ辛冷し坦々麺(品達夏味)
『初代けいすけ』トントロ炙りチャーシュー黒極み
品達『初代けいすけ』黒ごま坦々麺温玉のっけ
『初代けいすけ』しょうゆラーメン
『初代けいすけ』黒みそ魚介つけ麺(2)

『初代けいすけ』メニューと価格
2008年10月現在の、『初代けいすけ』(品達店)のメニューと値段(一部メニュー値上げ)を画像を交えて紹介しております

『品達』道案内
⇒「品川駅」からの、徒歩でのアクセス
『品達』店舗紹介
⇒『品達ラーメン 麺達七人衆』各店舗の、簡易案内

初代けいすけ品川店
住所:東京都港区高輪3-26-20
営業時間:11:00~23:00
定休日:元日を除き、(原則)無休
電話:03-3444-2316

読まれた方はバナーをクリックして下さい。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/79-e2cb63dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。