メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2007年3月20日、店舗周辺の再開発事業に伴い閉店。
 その後、2008年1月5日に現在の場所での営業を再開した、東池袋大勝軒』(公式サイト)
『東池袋大勝軒』本店、店舗概観画像(2011年・2月)
 現在の店舗は、東京メトロ有楽町線東池袋駅より徒歩で2~3分、JR池袋駅東口からでも徒歩10分程度で到着可能。

 今回注文しましたのは、並盛でも麺量340グラムというボリュームを誇る、現在の“つけめんブーム”の礎ともなりました「もりそば」です。

特製もりそば700円

『東池袋大勝軒』本店、特製もりそば・700円(2011年)
『東池袋大勝軒』本店、特製もりそば・麺並盛(2011年)  『東池袋大勝軒』本店、特製もりそば・つけダレ(2011年)

 ツルツルとした喉越しの柔らかめに茹で上げられた大量のに、「甘さ」「ピリ辛さ」「酸っぱさ」が渾然一体となった、特徴的な味のつけダレ(スープ)。
 昨今の隆盛を極める濃厚魚介豚骨スープと太麺を使用した“つけ麺”とは一線を画すのが、“大勝軒のもりそば”。
 その、もりそば独自の「」や「」への“免疫”があるかどうかで、『大勝軒』及び、その系列店への“評価”は決まってしまうモノでしょう。

東池袋 大勝軒本店(リンク先:『食べログ』店舗情報)
住所:東京都豊島区南池袋2-42-8『東池袋大勝軒』本店、麺量の目安(店外掲示・2011年)
電話:03-3981-9360
営業時間:※スープなくなり次第終了
 11:00~23:00頃
定休日:無休

 『大勝軒』の評価が最も高かったのは、確か、昭和60年前後。

 そんな時代に行列の出来る“昭和の人気店”の第一条件として、まず「量が多い」。それに続き、量だけに止まらず「食べてみたら味も意外とイイ」という評価。
 「」という高い“ハードル”をクリアできる者が店へと集い、やがて、そこから「」への評価が口コミで広まっていったモノ。

 ただし、当時の(あるいは今も)評価が高かったメニューというのは、「中華そば」(ラーメン)。
 昭和の時代に関して言えば
『大勝軒』 = 中華そばの店
というのが、その評価の図式。

 現在のような「つけ麺(特製もりそば)  『東池袋大勝軒』」という評価がなされるようになったのは、創業者の「山岸氏」が弟子を取るようになり、そして、その弟子の方々が独立して店するようになった、今から「15年ほど前から」の出来事。

『東池袋大勝軒』本店、特製もりそば・つけダレと麺(2011年)   『東池袋大勝軒』本店、特製もりそば・トッピング類(2011年)

 さらに、「この10年」ほどの間で“つけ麺”を看板メニューに掲げる店の多くが「『大勝軒』に影響を受けた」と語り、その中でも、真偽の程は定かではないが、山岸氏の“弟子”を名乗った『六厘舎』の成功」が『大勝軒』の名を高める上での“決定打となったワケです。




 “つけめんブーム”の総決算として、多くの耳目を集めるコトとなった、いわゆる“閉店騒動”。




 そして、今現在──。
 『大勝軒』、あるいは「山岸氏」の知名度は閉店前よりも飛躍的に高まり、そのネームバリューにあやかった「系列店」の出店や「イベント」の開催は増加の一途。
 それに、「インスタント食品」「通販」を通じた“つけめん商品”の販売も、止まることを知らぬ程の勢い。


 果たして・・・、この
つけ麺ビジネス
とでも言うべきモノは、一体どこまで広がり、そして、どこまで続くというのか・・・・・・?


東池袋大勝軒本店メニューと価格

・もりそば類冷たい麺
『東池袋大勝軒』本店、メニューと値段(券売機画像・2011年2月) もりそば 700円
 ゆでもり(ゆで玉子)750円
 もりチャーシュー 1000円
 もりメンマ 950円
 もり生玉子 750円
 もりとろろ 800円
 もり野菜 950円
 もりチャーシュー野菜 1150円
 もり辛味 800円
 もりワンタン(3個入り)800円
・あつもり類温かい麺
 あつもり 700円
 ゆであつ(ゆで玉子)750円
 あつチャーシュー 1000円
 あつメンマ 950円
 あつ生玉子 750円
 あつとろろ 800円
 あつ野菜 950円
 あつチャーシュー野菜 1150円
 あつ辛味 800円
 あつワンタン(3個入り)800円
・中華そば類
 中華そば 700円
 玉子ラーメン 750円
 チャーシューメン 1000円
 メンマラーメン 950円
 生玉子ラーメン 750円
 ワンタンメン 900円
 辛味ラーメン 800円
 ワンタン 650円
 
 復刻タンメン 850円

・トッピング類
『東池袋大勝軒』本店、メニュー表(2011年2月) 麺中盛(550グラム)+100円
 麺大盛(800グラム)+200円
 チャーシュー 300円
 メンマ 250円
 とろろ 100円
 半熟玉子 100円
 ワンタン(3個)100円
・ドリンク類
 生ビール 550円
 ビール(アサヒスーパードライ)500円
 ウーロンハイ 400円
 レモンサワー 400円
 冷酒 400円
 清酒(1合)350円
 ホッピーセット
  白or黒 450円
 ウーロン茶 200円
・サイドメニュー類
 餃子 500円
 しゅうまい 500円
 メンマチャーシュー 500円
 岩磯のり 100円
 辛味 100円
 おつまみチャーシュー 500円
 おつまみメンマ 300円


【関連記事】
『東池袋大勝軒』本店、中華そば
 2012年における「中華そば」(ラーメン)の紹介記事です

東池袋大勝軒本店アクセスマップ


にほんブログ村 グルメブログ つけ麺へ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/729-eeb5bcfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。