メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 京王相模原線・京王堀之内駅から徒歩で10分程度。
 席数も多く駐車場も完備された『二郎』屈指の大型店舗、『ラーメン二郎八王子野猿街道店2
『ラーメン二郎』八王子野猿街道店2、店舗概観画像(2010年12月)
 長らく“夜営業の店”といったイメージが定着しつつあった『野猿街道店』ですが、確か、開店当初に行なっていた“平日昼営業”を、2010年11月半ばより再開いたしましたよ。

小ラーメン700円

『ラーメン二郎』八王子野猿街道店2、小ラーメン・700円(2010年12月・1)
『ラーメン二郎』八王子野猿街道店2、小ラーメン・700円(2010年12月・2)  『ラーメン二郎』八王子野猿街道店2、小ラーメン・麺300グラム(2010年12月)
トッピングニンニク

 昼営業再開後も、「平日・夜の営業時間16:30~23:00(麺切れ終了)」は、これまでと変わらず。
 この日に足を運んだ昼の部は、駐車場もほぼ埋まっており、カウンターもテーブルも満席という状態で、改めて“野猿人気”を実感した次第。
 その人気の秘密であろう、麺・煮豚・野菜に至る“豪快な盛り付け具合”は、この日も健在でしたよ。

ラーメン二郎八王子野猿街道店2(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:東京都八王子市堀之内2-13-16
『ラーメン二郎』八王子野猿街道店2、営業時間と定休日(2010年11月~)営業時間:麺切れ終了
・月~金 
 11:00~14:00 16:30~23:00
・土曜日 10:30~19:00
定休日:日曜(祝日は不定休)
メールマガジン登録先:メルモ」ラーメン二郎 八王子野猿街道店

 現『栃木街道店』や『中山駅前店』店主の在籍時代は、余計なことを口走りせさえしなければ、それほどの“爆盛”にはしないと記憶していた『野猿街道店』ですが、この日見た限りでは
情け容赦のない野菜トッピング
を繰り返す光景を、イヤというほど目に焼き付けさせていただきましたよw

 「ヤサイ」に関しては、何とか沈黙を守ることで、かろうじて“適量”(?)を死守したモノでしたが、「ニンニク」は“昼間のトッピング基準”を無視したとしか思えない量だし、「ブタ」に至っては「誰かの『小豚』と間違えているダロ!?」ってなレベルw


 まぁ、こういった“サプライズ的な要素”こそが、根強い“野猿信仰”を支えているんでしょうね。


 そして、脂っこくて超絶ショッパイ“野猿スープ”も、また健在。
『ラーメン二郎』八王子野猿街道店2、小ラーメン・スープ(2010年12月・1)  『ラーメン二郎』八王子野猿街道店2、小ラーメン・スープ(2010年12月・2)
 別名“多摩系スープ”と呼ばれる、肉と骨の旨味を引き出した乳化傾向の強いスープに、タップリの背脂。

 昨今、増殖の限りを尽くす“パクリ二郎”の多くは、実はこの『野猿』が提供するスープの再現を目論んでいるワケですが、そういった店舗がパクろうとしてもパクり切れないトコロに、『野猿』のクォリティーの高さが証明されているといえるでしょうか。


【関連記事】
『ラーメン二郎 八王子野猿街道店2』訪問記
 2009年5月、「京王堀之内駅からのアクセス方法」と「つけ麺」を紹介したエントリです

ラーメン二郎八王子野猿街道店2アクセスマップ


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/686-3b366bca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。