メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新横浜駅から徒歩で5分ほどのフードアミューズメントパーク、『新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)
 その『ラー博』にて最も安定した人気を誇るのが、“札幌味噌ラーメン”を看板メニューに掲げる『らーめんの駅』。
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、店舗概観画像(2010年・2)
 大人気となっている「味噌ラーメン」の他にも、「醤油」「塩」のメニューも評価が高い、このお店。
 今回は「醤油ラーメン」を食べてみましたよ。

正油ラーメン900円

『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、正油ラーメン・900円(2010年・1)
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、正油ラーメン・900円(2010年・2)  『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、正油ラーメン・中太麺(2010年)

 スープが冷めぬように考慮された表面を覆う「液体油のフタ」により、湯気一つ出ていない“激熱”仕様の醤油ラーメン。
 縮れの強い中太麺を使用し、トッピングチャーシューメンマモヤシキクラゲ刻みネギ
 隠し味に「鷹の爪」も用いられており、体の芯まで温まるラーメンになっております。

らーめんの駅(リンク先『30min.』店舗情報)
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、ラーメン画像(館内掲示・2010年)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休

 いわゆる“札幌ラーメン”というのは「スープが熱い」コトの他、「味付が濃い」というのも、そのラーメンの“代名詞”。

 その“流れ”からして、『らーめんの駅』の醤油ラーメンのスープも、かなりの“濃い目”。

正油ラーメンスープ

『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、正油ラーメン・スープ(2010年・1)  『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、正油ラーメン・スープ(2010年・2)

 この店の「味噌ラーメン」と同様、この醤油ラーメンにも「ショウガ」が効いており、そのことから「油濃度の割りにはサッパリ」といった印象のスープ。

 しかしながら“醤油濃度”は他店の追随を許さぬほどに強烈で、食べていてこめかみ辺りに鋭い痛みが、感じられるほどでしたよw

らーめんの駅メニューと価格
・ラーメン類
『新横浜ラーメン博物館』全店舗メニュー表・2(2010年11月) 味噌ラーメン 900円
 正油ラーメン 900円
 塩ラーメン 900円
  チャーシューメン +200円
  麺の大盛 +100円
 昔風ラーメン 900円
・ミニラーメン
 ミニ味噌ラーメン 550円
 ミニ正油ラーメン 550円
 ミニ塩ラーメン 550円
  ミニチャーシューメン +200円

・サイドメニュー&トッピング類
『らーめんの駅』新横浜ラーメン博物館、メニュー表画像(2010年) 鬼飯 300円
 チャーハン(スープ付)800円
 すみれ味噌明太子御飯 350円
 ライス 100円
 チャーシュー(3枚)300円
 味付煮玉子/メンマ/ネギ 各100円
 挽肉 100円
 たくあん 100円
 ビール(缶)400円
 スミレビール(瓶)600円
 ラムネ 200円


関連記事】
『らーめんの駅』@新横浜ラーメン博物館、味噌ラーメン&チャーハン
 『らーめんの駅』店舗案内も兼ねた、人気の「味噌ラーメン」と、平日のみの限定メニュー「炒飯」の紹介エントリです
『らーめんの駅』@新横浜ラーメン博物館、塩ラーメン
『らーめんの駅』@新横浜ラーメン博物館、味噌ラーメン&挽肉
 ライス用の器で挽肉と角切りチャーシューが追加される、「挽肉トッピング」(100円)のレポートです

新横浜ラーメン博物館アクセスマップ

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/685-5ba2e387
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。