メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

 新横浜駅から徒歩で5分ほどのフードテーマパーク、新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)
 コチラに、2009年12月19日にオープンいたしました“久留米ラーメン”の有名店、大砲ラーメン新横浜ラーメン博物館店
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、店舗概観画像(2010年10月)
 『大砲ラーメン』本店は、昭和28年創業という福岡県久留米市の老舗。
 主に“九州地方”のみで店舗展開を行なってきたこともあり、単発のイベントを除けば、今回が関東地方への初出店”。

 今回のエントリでは、この店の久留米ラーメンの特徴が最も現れているという「昔ラーメン」(780円)と、基本メニューの「ラーメン」(730円)をレポートいたします。
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン・780円(2010年10月・1)  『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン・730円(2010年10月・1)

大砲ラーメン新横浜ラーメン博物館店(リンク先『30min.』店舗情報)
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(館内掲示・2010年)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休

大砲ラーメン新横浜ラーメン博物館店メニューと価格
・ラーメン類
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、メニューと値段(券売機画像・2010年) ラーメン 730円
 のりネギラーメン 750円
 ワンタンメン 850円
 チャーシューメン 900円
 昔ラーメン 780円
 昔ワンタンメン 900円
 昔チャーシューメン 950円

 ミニラーメン 550円
 ミニのりネギラーメン 550円
 ミニチャーシューメン 650円
 ミニ昔ラーメン 580円
 ミニ昔ワンタンメン 680円
 ミニ昔チャーシューメン 680円
『新横浜ラーメン博物館』全店舗メニュー表・1(2010年10月)
・トッピング&サイドメニュー
 おにぎり/煮玉子/替玉
 替のり/替シナチク/替ネギ
 替モモチャーシュー/替バラチャーシュー/替ワンタン
  各100円
 ぎょうざ 250円
 セット(ぎょうざ・おにぎり・漬け物)300円
 キリンのどごし 350円
 ノンアルコールビール 350円

 『ラー博』館内の照明が薄暗いコトもあり、中々「券売機画像」がウマく撮影できないのですが、この『大砲ラーメン』の“ボタン配置”は、他店舗と比べても非常に分かりやすいモノ
 「上段がラーメン」「右側がミニラーメン」「下段がサイドメニュー類」と、それぞれが“エリア”できっちり区分けされております。

 席数は合計30席弱、カウンターが8席程度で残りがテーブル席。
 席へ案内されると同時に「お茶」が出され、豊富な「調味料類」が並んでいるのが見えます。
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、卓上の調味料類(2010年10月)   『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、水出し緑茶(2010年10月)
 提供される緑茶は、福岡から取り寄せているという「水出し緑茶」で、ポットの中身も同じ。
 この店では割り箸ではなく「エコ箸」を使用。

 なお、この店のスープは決して“ライト豚骨”ではなく、その“匂い”もまた、非常にワイルド
 調味料類の内「紅生姜」「すりゴマ」といったトコロを、ウマく使いこなせないと“撃沈”する可能性がありますので、注意が必要です。

昔ラーメン780円

『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン・780円(2010年10月・2)  『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン・780円(2010年10月・3)

 店に足を踏み入れた段階から鼻腔をくすぐっていた“豚骨臭”が、ドンブリ着丼と共に、一気に脳天まで貫いてまいりますw
 久留米の店舗などと比べ、スープも匂いもある程度“抑えられている”ようですが、それでも、多少の「慣れ」が必要とされるラーメンではあります。

 は、加水率の低いストレート形状の細麺
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン・細麺(2010年10月・1)  『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン・細麺(2010年10月・2)
 製麺の過程で「国産小麦」と「モンゴル産かんすい」を使用しているこの麺は、「カタメン」にせずともかなりの“コシの強さ”を感じ取ることが出来ます。
 また、麺量も130グラム以上に設定しているようで、“現地”で食べるモノよりも多目。
 それでも足りない場合には、食べている途中での「替玉」(100円)を注文することが可能です。

 トッピング類は、チャーシューシナチク青ネギゆで卵(半切れ)・焼き海苔
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン・トッピング類(2010年10月)   『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン・豚バラチャーシュー(2010年10月)
 ネギはシャキシャキとした新鮮さを感じさせるモノで、「支那竹」は、実は福岡県八女市特産の「竹の子」。
 また、この「昔ラーメン」では「豚バラチャーシュー」と、ラードを揚げた「カリカリ」をトッピング。
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン・カリカリ(2010年10月)
 一見してクルトンのように見える、豚脂の揚玉カリカリ”。
 コレがスープに馴染む(溶け込む)コトで、全体的な脂濃度コクがアップしてまいります。

 骨の髄まで煮出したという、コッテリとした豚骨スープ
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン・豚骨スープ(2010年10月・1)  『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン・豚骨スープ(2010年10月・2)
 コレは、お店の開業以来継ぎ足しで仕込んだ“呼び戻しスープ”という技法で作られたスープだそうでして、「カリカリ」が溶け込んだ「昔ラーメン」のスープは、とっても“ヘビー”。

ラーメン730円

『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン・730円(2010年10月・2)
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン・麺とトッピング類(2010年10月)   『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン・スープ(2010年10月)

 「カリカリ」「シナチク」がトッピングされず、チャーシューが「モモ肉」へと変わる、この店の“基本メニュー”となる「ラーメン」。
 これら“トッピングの違い”を除けば、「昔ラーメン」とは大きな違いが感じられそうにもないワケですが、その「スープの重さ”」だけは、大きく異なります。
 また、思い過ごし(?)かもしれませんが、スープから立ち昇る“豚骨臭”も、ノーマルの「ラーメン」の方が、それほど強くないようにも感じられます。


久留米ラーメン福岡県久留米市

「久留米ラーメンの特徴」(新横浜ラーメン博物館・掲示)
 豚骨ラーメンのルーツはココ!
 久留米は博多より濃厚でこってり感、豚骨臭も強め。
 麺は博多に比べ、やや太め。具に海苔がのる。

 ワタクシが福岡方面へと足を運び、「焼酎ラーメンタクシーで移動」という“無限ループ”を経験した際に遭遇したあやふやな記憶のあるw 「久留米ラーメン」。
 実際、「久留米ラーメン」というのは“九州方面”において、「長浜ラーメン」(いわゆる博多豚骨ラーメン)や「熊本ラーメン」と並ぶ“ポジション”を確立しているようでして、その中でも『大砲ラーメン』はかなりの“有名店”に数えられるのだとか。

 そんな久留米ラーメンの店が、提供価格以外は本場に近い形態”で出店してきたというのが、今回紹介した『大砲ラーメン』。
 “豚骨慣れ”していない方は、先ずは基本の「ラーメン」(730円/ミニサイズ550円)から注文してみてはどうでしょうか。


ラー博関連記事】
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン&替モモチャーシュー
「ベビースター」九州限定・大砲ラーメン味
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン&替ワンタン
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、昔ラーメン&セット
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、黒とんこつラーメン
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、ミニ・チャーシューメン
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、ラーメンランチ
 2011年夏頃より提供が開始された、平日15時までの限定メニューを紹介しております
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、ミニのりネギラーメン
 この店で最もあっさりと食べられる、チャーシュー抜きのメニューです
『大砲ラーメン』新横浜ラーメン博物館店、限定・昔ラーメン
 2012年4月、映画『ラーメン侍』の全国公開を記念して販売された、期間限定メニューの紹介エントリです

『頑者』新横浜ラーメン博物館店、つけめん
『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、王様ラーメン
『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、ねぎそば
『らーめんの駅』@新横浜ラーメン博物館、味噌ラーメン&チャーハン
『龍上海』新横浜ラーメン博物館店、赤湯からみそラーメン
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、中華そば昔味
『支那そばや』新横浜ラーメン博物館店、醤油ラーメン
『井出商店』新横浜ラーメン博物館店、中華そば

新横浜ラーメン博物館アクセスマップ

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/655-3411edbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック