メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 脂肪と炭水化物の大量摂取を食生活の“主眼”に置いているメタボなワタクシでも、時には体を労わって「自炊」をするコトもあるんですよ。
 しかしながら疲れてくると、その自炊も“手抜き”となって、短時間で調理が済む「インスタント食品」に手を出すこともあるワケなんですw
 そんな“手抜き料理”を作ろうと考え、アタマの中で「レシピ」(?)を考えながらスーパーマーケット内を徘徊しておりますと、普段は行かない「チルド食品売り場」に、面白いモノを発見しましたよ。
日清『なんつッ亭』つけ麺、378円
「う~ん、『なんつッ亭』かぁ・・・」
トッピング? 『なんつッ亭』と聞いて、アタマの中に「海苔、肉、もやし、ネギ・・・」ってな具合に、即座に「トッピング」(具材)が思い浮かぶのが、“ラヲタ”としての悲しい性(さが)でございましょうかw
 その「具材」でさえ、少しでも安いモノを買おうと「半額品」を選ぶなんざぁ、より読者の方々に「悲しみ・・・」を誘うってモンでございましょうw

 本日は、スーパーで購入いたしました「日清食品『なんつッ亭』黒マー油和風豚骨つけ麺」を食べてみようって寸法でございます。
日清『なんつッ亭』つけ麺、パッケージ   日清『なんつッ亭』つけ麺、中身

 
 このつけめんの作り方に関しては、パッケージの裏に「なんつッ亭流『通のつけ麺』の作り方(1人前)」なんてモノが記載されておりますんで、それに従って作ってみることにします。
日清『なんつッ亭』つけ麺、作り方

日清『なんつッ亭』つけ麺、麺茹で
1、沸騰したたっぷりのお湯にめんをほぐしながら入れ、4分位茹でてください。
(麺は堅めが命だぜ、ベイビー)

日清『なんつッ亭』つけ麺、つけダレ作り2、めんが茹であがる前に、液体たれ、黒マー油を器に入れ熱湯100mlを加えます。(よくかき混ぜてください。)
(ちゃんと計ろうぜ、ベイビー)
※液体たれ、黒マー油は前もって袋のまま熱湯につけてよく温めてください。袋のまま直接鍋で温めないでください。

日清『なんつッ亭』つけ麺、麺を冷やす
3、茹であがっためんをざるにあけ、流水によくさらしてください。
(よーく冷やすのがキモだぜ、ベイビー)


4、めんを水切りし、器に入れてできあがりです。
日清『なんつッ亭』つけ麺、完成
(つけ麺も旨いぜ、ベイビー)

 実際には、麺の茹で時間は「3分30秒」と、多少カタメに茹で上げました。
 また、麺を保存するために「酒精」を使っているとのコトで、かなり麺に「ニオイ」がついております。それを取り除こうと大量の湯の中で麺を“泳がせ”、また、麺が柔らかく切れ易かった為、茹で上がった麺は「流水にさらすだけ」に留めました。
 なお、麺の上にかかっている“黒い物体”は「ゴマ」でございまして、『なんつッ亭』店舗では「白胡麻」を使用しているのですが、私の家では「黒胡麻しかなかった・・・」ワケでございますw

『なんつッ亭』黒マー油和風豚骨つけ麺
日清『なんつッ亭』つけ麺、売り文句
コシのある太麺
小麦粉本来の味わいをいかした、コシが強くのどごしのよい太麺です。茹でたての麺を冷水でよく冷やしてお召し上がりください。
つけだれ和風豚骨だれ
濃厚なとんこつスープと和風だしを合わせ、味の決め手は黒マー油。コクと旨みが溶け込んだ今までにない味わいです。
※黒マー油
にんにくをローストしてつくった香ばしい油です
日清『なんつッ亭』つけ麺、つけダレ
日清『なんつッ亭』つけ麺、麺     日清『なんつッ亭』つけ麺、つけダレと麺

 え~、美味しいかどうかは「ご想像にお任せします」と、言っておきますよw

 イヤ、そもそもコレは「インスタント」。それが店で食べるモノの「代用品にはならない」ことは、言うまでもないワケでして・・・・・・。

 実際のお店で提供するモノとの“比較”で言えば、「黒マー油の香りが近い」という以外は、これほど「カツオの風味」は強くありませんし、また、「麺の形状も太さ」も、まるで違います。
 欲を言えば、もう少し「豚骨ベースの強いスープ」にすれば、店で食べるモノと比較しての“再現度”が高まったかなと、思われます。

 ちなみに、以下の画像が、店(『なんつッ亭』品川・品達店)で提供している「和風とんこつ・つけめん」でございます。
『なんつッ亭』つけ麺1
『なんつッ亭』つけ麺2     『なんつッ亭』つけ麺3
 まあ、インスタントの食品を「店のモノと比べるのは間違い」なんですケドねw
 こういった“タイアップ商品”の場合、あくまで「店の宣伝」が目的ですし、最終的に、この商品を食べた消費者の方が「店へと足を運ぶ」契機となれば、それで万々歳なのですから。

【今日の結論】
ビールと一緒に・・・
「キリンの『ラガービール』はウマイw」




【当ブログ内の関連記事】
『なんつッ亭』つけめん
⇒『なんつッ亭』(品川・品達店)で食べた、「つけめん」のレポート
品達『なんつッ亭』カレーつけ麺
2009年冬の、『なんつッ亭』(品達店)提供の限定メニュー
『なんつッ亭』青海苔つけ麺
『秦野本店』『品川店』にて2009年夏の限定メニューとして販売されている、つけ麺の紹介記事です
『なんつッ亭』店舗案内
⇒『なんつッ亭』品川店の総合ガイドと、「ラーメン」のレポート

・スーパーで購入可能なチルド食品関連
日清『つけ麺の達人』
『池袋大勝軒 もりそば』byカネジン
日清『つけ麺の達人』濃厚味噌だれ
『珍々亭 油そば』by東洋水産

 今回紹介いたしました「なんつッ亭 和風豚骨つけ麺」の「詳細情報」につきましては、『日清食品』のホームページ内「ニュースリリース」をご参照ください。


【追記】
 2009年になってから発売されました、『つけ麺の達人 和風豚骨黒マー油』は、当エントリで紹介しております「日清食品『なんつッ亭』黒マー油和風豚骨つけ麺」の“リニューアル商品”であると思われます。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑こんな“お馬鹿ブログ”を晒しの刑に処すために、バナークリックするなよ!? 絶対クリックするなよ!?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/64-044ce94e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。