メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 東京駅・八重洲地下中央口から徒歩で1~2分。
 『東京駅一番街』の人気ラーメン店、塩専門 ひるがお』(リンク先:『東京ラーメンストリート』店舗ページ)
『塩専門 ひるがお』東京駅店、店舗概観画像(2010年8月)
 以前に紹介しました「塩つけ麺に続きまして、“トッピング全部のせ”メニューである「ひるがお盛り」を注文してみましたよ。

塩つけ麺ひるがお盛り1050円

『塩専門 ひるがお』東京駅店、塩つけ麺・ひるがお盛り1050円(2010年)
『塩専門 ひるがお』東京駅店、塩つけ麺・ひるがお盛り、つけダレ(2010年)   『塩専門 ひるがお』東京駅店、塩つけ麺・ひるがお盛り、平打ち麺(2010年)
 コシのある滑らかな麺は北海道産小麦100%です。滋味溢れるひるがおのつけだれに麺を潜らせてお召し上がり下さい。

 「きしめん」を思わせる300グラムの平打ち麺を、総天然素材(化学調味料不使用)とされる塩ダレにつけながら食べるメニュー。
 刻みネギ・チャーシュー・ホタテ・あおさ海苔の他、このメニューでは「海老ワンタン」「塩玉子」(半熟味付玉子)が、トッピングとして加えられております。

塩専門 ひるがお(リンク先『30min.』店舗情報)
『塩専門 ひるがお』東京駅店、店舗ガイド住所:東京都千代田区丸ノ内1-9-1 東京駅八重洲口南口地下1F
営業時間10:30~23:30ラストオーダー23:00
定休日:元日以外(原則)無休
電話:03-3213-7000

塩専門 ひるがおメニューと価格
『塩専門 ひるがお』東京駅店、提供メニューと値段(券売機画像・2010年8月)・ラーメン類
塩らーめん 750円
塩玉らーめん 850円
塩らー・ひるがお盛り 1050円
・つけめん類
塩つけ麺 800円
塩玉つけ麺 900円
つけ麺 ひるがお盛り 1100円
麺の大盛 150円

・サイドメニュー類
黒豚焼き餃子 400円
わんたん皿 400円
伊勢鶏の親子丼 350円
メンマ盛り 250円
しお玉子 100円
半ライス 100円

『塩専門 ひるがお』東京駅店、お土産ラーメン『せたが屋』&『ひるがお』(各500円)・お土産(お持ち帰り)
せたが屋 お土産らーめん 500円
ひるがお お土産らーめん 500円
「お土産らーめん」のみをお買い求めのお客様は列に並ばずに食券をスタッフにお渡し下さい

・ドリンク類・デザート
生ビール 500円
ホッピー 400円
杏仁プリン 150円

 券売機を見る限り、特にメニューの変更点などは見当たりませんが、今現在、他の『せたが屋』系列店と同様に限定メニューを販売中。

土佐柚子の冷やし麺900円

『塩専門 ひるがお』東京駅店、土佐柚子の冷やし麺・ポスター(2010年夏限定)
 6月14日~8月31日まででの期間限定メニュー。
 土佐の本柚子を使用した清涼感溢れる夏の一杯。

 このメニューを注文の際には、「店員の方に一声掛ける」(販売ボタンが券売機上にないため)という仕組みになっているようです。

 なお、参考までに『せたが屋』品川店で販売されていた同一メニュー(味付は変わっている可能性アリ)へのリンクを。
 『せたが屋』品川店、土佐柚子の冷やし麺


 つけダレ(スープ)によく絡みつきそうな「平打ち麺」ですが、今回注文した塩つけ麺のタレはサラサラとしたあっさりスープのため、麺の形状の“良さ”は、発揮できないかもしれません。
『塩専門 ひるがお』東京駅店、塩つけ麺・ひるがお盛り、つけダレと平打ち麺(2010年)
 麺量は並盛でも300グラムと大量ですが、意外とスルスルと食べられてしまうモノ。

 この店で「ひるがお盛り」を注文しますと、通常のトッピング類に「海老ワンタン」「半熟味付玉子」が加わります。
『塩専門 ひるがお』東京駅店、塩つけ麺・ひるがお盛り、トッピング類(2010年)
 この二つの追加トッピングに関しては、お世辞抜きにオイシイですね。
 塩玉はしっかりと塩の風味がつけられておりますし、ワンタンにも海老特有の香ばしさが残っております。

 つけ麺の最後には、「スープ割り」の注文も可能。
『塩専門 ひるがお』東京駅店、塩つけ麺・ひるがお盛り、スープ割り(2010年)
 店員の方に「スープ割り」と頼みますと、比較的に評価の高い「塩ラーメン用のスープ」がプラス。

 昨今隆盛の「濃厚スープ」ではございませんが、アッサリとした中にも魚介のダシがしっかりと感じ取れるスープを、堪能することが出来ます。


【関連記事】
『六厘舎TOKYO』、『東京駅一番街』に6月17日オープン
 最寄りの改札口から『東京ラーメンストリート』へのアクセス(道案内)情報を記しております
『塩専門 ひるがお』塩らーめん・ひるがお盛り
 『ひるがお』の総合案内と、トッピング全部のせメニューである「ひるがお盛り」の紹介エントリ
『塩専門 ひるがお』塩つけ麺
 2010年3月に食べました「塩つけめん」のレポートと、『ラーメンストリート』各店舗の「営業時間変更」についても詳説

塩専門 ひるがおアクセスマップ
(貼付地図の表示を「地下街」に切り替えることで、「八重洲地下改札口から『東京ラーメンストリート』へのアクセス方法」を確認することが可能となります)


にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
たまには、義理で「ラーメンバナー」を押して下さいねw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/613-2ececa4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。