メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

 JR徳島駅からは徒歩で15分ほど。
 観光や出張で多くの方々が利用する『徳島ワシントンホテルプラザ』の向かい側に、2010年6月30日にオープンした“徳島ラーメン”の専門店、『徳島らーめん まるたか大道店
『徳島らーめん まるたか』大道店、店舗概観画像(2010年8月・1)
 開店してから1ヶ月ほどの真新しいこの店で、看板メニューの「徳島ラーメン」と、昨年から徳島県内で流行の兆しがある「徳島丼」を食べてきましたよ。
『徳島らーめん まるたか』大道店、徳島ラーメン&徳島丼(2010年8月)

徳島らーめん まるたか大道店(リンク先『30min.』店舗情報)
『徳島らーめん まるたか』大道店、営業時間と定休日(2010年8月撮影)住所:徳島県徳島市大道1-7
電話:088-678-9875
営業時間:
 平日 18:00~深夜3:00
 金・土・祝前日 18:00~深夜4:00
定休日:年中無休
駐車場:近隣の『ミニッツパーク』利用

 今回紹介する『まるたか』という店舗は、徳島県内から本州への出店も開始した『ふく利』(公式サイト)の姉妹店。
 『大道店』が出店した場所は「東大工町・交差点」付近。
 市内で最も有名なホテルの一つ『ワシントンホテルプラザ』の真向かいで営業をしており、周辺には歓楽街があり、また「阿波おどり」でも最も賑わう場所。
徳島市・東大工町交差点   『徳島らーめん まるたか』大道店、店舗画像(2010年8月)
 さらに、ココと同じ通り(国道)を7分ほど北へと向かった場所には“徳島ラーメン”の代表店『いのたに』があり、南へ2~3分ほどの場所では『ラーメン東大大道本店が営業しているなど、まさにラーメンの激戦区となった感があります。

 確か・・・
 今回『まるたか』の出店した場所には、以前にはワタクシが個人的にお気に入りだった「焼きたてパンの店」があり、その意味からも余計なコトしやがって、コンチクショーと、ボヤいておきますよw


 昨年頃から支店展開を開始した『まるたか』は、『ふく利』ブランドの“徳島ラーメン専門店”。
 支店間で若干のメニューの変動はあるようですが、主だった提供メニューは共通しております。

徳島らーめん まるたか大道店メニューと価格
・麺類
 徳島らーめん 530円
  煮玉子入り 630円
  肉入り 680円
  チャーシュー入り 680円
  肉煮玉子入り 780円
  煮玉子チャーシュー入り 780円
『徳島らーめん まるたか』大道店、メニューと値段(店内掲示・2010年8月) 渦潮らーめん 630円
  煮玉子入り 730円
 辛肉そば 680円
・トッピング類
 麺大盛 100円
 モヤシ・支那竹・煮玉子・ネギ 各100円
 チャーシュー・肉 各150円
 生玉子は無料サービス
・サイドメニュー
 餃子(7個入り)300円
  生餃子・焼餃子お持ち帰り可能
 徳島丼 430円
 チャーシュー丼 350円 
 ごはん(おかわり無料)150円
・ドリンク類
 瓶ビール 450円
 ソフトドリンク(ラムネ・オレンジ・ウーロン茶)各150円

『徳島らーめん まるたか』大道店、調味料類(2010年8月・撮影) この店は「会計制」。
 注文の品が配膳されますと、席に「伝票」が配布され、店を出る際にレジで精算。
 席数は「30席」あるそうで、厨房を囲むようにして座る「カウンター席」と、大人数のお客さんにも対応できる「テーブル席」。
 卓上には数種類の調味料の他、無料トッピング扱いの「生卵」やおしぼりが常備。

 なお、上記メニューの他にも「つけ麺」(元祖徳島つけ麺)の販売もしているようでした。

徳島らーめん徳島丼」(530円430円

『徳島らーめん まるたか』大道店、徳島ラーメン&徳島丼(2010年8月)

 配膳までは5分程度。
 混んでいる時間帯でない限り、それほど長く待たされるコトはないと思われます。

 『まるたか』の“ウリ”となっているのが、徳島ラーメン

徳島らーめん530円

『徳島らーめん まるたか』大道店、徳島らーめん530円(2010年8月・1)  『徳島らーめん まるたか』大道店、徳島らーめん530円(2010年8月・2)

 は、『ふく利』で提供されるモノとの特に違いが感じられない、中細麺
 茹で加減は、少々柔らかめ。
『徳島らーめん まるたか』大道店、徳島らーめん・中細麺(2010年8月)   『徳島らーめん まるたか』大道店、徳島らーめん・トッピング類(2010年8月)
 トッピングは、ネギ・豚バラ肉・メンマ・モヤシといった“徳島ラーメン風”。
 値段の割りには「豚バラ肉のトッピング量が多い」のが、特徴的。

 スープは、コチラで紹介した『ふく利』の中華そばとは大きく異なる、これまた“徳島ラーメン風”。
『徳島らーめん まるたか』大道店、徳島らーめん・スープ(2010年8月・1)   『徳島らーめん まるたか』大道店、徳島らーめん・スープ(2010年8月・2)
 一般的に、“徳島ラーメン”のスープというものは「甘辛い」と評されるコトが多いワケですが、この『まるたか』のスープは、まさにその“甘辛さを体現”している味付。
 「誰もが想像する“徳島ラーメンの味”というのがこの『まるたかのスープである」と、断言してしまってもイイかもしれません。

 その意味では『まるたか』のラーメンは“県外観光客向けの味”であるワケですが、コレを「ラーメン好き」(ラヲタ)の方や、『ふく利』が数年前まで提供できていたような「繊細な味のスープが好き」という方には、かなりの高確率で拒絶されるかもしれません。

徳島丼430円

『徳島らーめん まるたか』大道店、徳島丼430円(2010年8月・1)  『徳島らーめん まるたか』大道店、徳島丼430円(2010年8月・2)

 東京『フジテレビ』の社員食堂が“起源”とされる、『徳島丼』。
 『まるたか』では、お店で提供している徳島ラーメンとほぼ同じ、豚バラ肉・メンマ・ネギに、上から「胡麻」をふりかけて提供。

 味付は豚バラ肉を漬けていたのと同じタレが使用されているだけのようでして、昨年に『ラーメン東大』大道本店が提供していた時のような“手間”は、特に感じられないモノ。
『徳島らーめん まるたか』大道店、徳島丼・トッピング(2010年8月)   『徳島らーめん まるたか』大道店、徳島丼・生卵トッピング(2010年8月)
 ラーメン同様、このメニューでも肉が多めに盛られておりましたが、全体的に薄味なためか食べ飽きが早かったため、上の画像のように「生卵」(無料)をトッピングして食べてみました。


 ココ1~2年で急速に店舗数を増やしつつある、『ふく利』グループ。
 元々「地味にウマイ店」という評価があったモノでしたが、今回紹介した『まるたか』に関しては“味”的なモノよりも、県外のお客さんを意識した“徳島のイメージを売る”という点に、力を入れている模様。

 その意味で、「いわゆる徳島ラーメン”」を求められる方にとっては、店舗数も多くて立地も良く、また接客術も優秀ですので、『まるたか』は十分にオススメできるお店に数えられるかと思われます。

【関連エントリ】
『徳島らーめん まるたか』大道店、元祖・徳島つけ麺
 『まるたか』の多くの店舗で提供中の「“元祖徳島つけ麺」の紹介エントリです
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
皆様からの“義理の応援クリック”を一つお願いいたしますw

【2011年6月追記】

まるたか食中毒問題への報道


食中毒事件の発生について─安心とくしま
1 発生の経緯
 平成23年6月10日(金)午前,「6月9日(木)に小松島市内の飲食店で食事をした2グループの数名が,嘔吐,下痢等の食中毒様症状を呈している」旨の連絡が小松島市内の医療機関から徳島保健所にあった。
 また,6月11日(土)にも,同医療機関から,当該施設を利用した体調不良者がいる旨の連絡があり,徳島保健所の調査の結果,患者らの共通食は,当該施設が提供した食事のみであることが判明した。
 なお,患者を診察した医師から徳島保健所に食中毒の届出がなされ,本日,原因施設に対し4日間の営業停止処分を行った。

2 摂食者数   計6名(①3名グループ,②2名グループ,③1名)
         (当該施設の利用者は,6月9日:170名 ,10日:193名)

3 有症者数   5名(うち,1名が入院中であるが,患者らは快復傾向にある。)
          【男女別】男性:1名(40歳) 女性:4名(21~26歳)
          【住所別】県内(徳島市) ,県外(広島市,大阪府吹田市)

4 主 症 状   嘔吐,下痢等

5 原因施設   名    称  徳島らーめん まるたか(飲食店営業)
           営業所所在地  小松島市大林町森ノ本58番地1
           営業者氏名   株式会社スターフード 代表取締役 大星 貴

6 原因食品   6月9日(木)及び10日(金)に原因施設が提供した食事

7 原因物質   黄色ブドウ球菌
         ※有症者3名の検便及び食材の一部(チャーシュー,ネギ)から検出

8 当該施設が提供した主なメニュー
  ラーメン(ネギ,モヤシ,チャーシュー,メンマ,煮たまご),チャーハン
  若鶏唐揚げ

9 徳島保健所のとった措置
 ・喫食状況等の疫学調査
 ・有症者及び調理従事者等の検便
 ・原因施設厨房内ふき取り調査
 ・原因施設の清掃,消毒の指示
 ・原因施設の自主休業届の受理(平成23年6月11日(土))
 ・原因施設の営業停止処分(平成23年6月14日(火)から17日(金)までの4日間)

10 今後の予定
  原因施設の清掃・消毒の確認,ふき取り検査,調理従事者等に対する衛生教育

11 その他(お願い)
  ①食中毒の原因菌・ウイルスをつけない
   食品,調理器具,手はしっかり洗う。肉や魚は,個別に包んで保存する。
  ②食中毒の原因菌を増やさない
   室温に放置せず,冷蔵庫に保存する。調理後は,早めに食べる。
  ③食中毒の原因菌・ウイルスを殺す
   食品は十分に加熱する。調理器具は定期的に熱湯や漂白剤などで消毒する。

 ※この件に関しては,生活衛生課(088-621-2229)までお問い合わせ下さい。
2011年6月14日 17時20分
http://anshin.pref.tokushima.jp/normal/diet/news.html?cid=diet_news&nid=130803754108

 『まるたか』にとって、県内のみに留まらず県外(本州)へも“拡大路線”に躍起となっている中での、痛恨の出来事。

 この『まるたか』は「セントラルキッチン」(スープや麺は工場で生産する)で「品質の安定化」(いわゆる“ブレ”を最小限に抑える)コトを自慢にしていたようですが、ワタクシなどが最も気にしていたのが「調理人の技術」(習熟度の違い)。
 「商品(ラーメン)は大量生産できても調理人の短期間での育成は不可能」というのは、飲食業界での常識。
 ただ単に「スープを温め麺を茹で上げ、それに具材を盛り付け大きな声で客を迎えられれば調理人として成り立つ」という程度に調理人の育成を考えていたなら、その認識は甘過ぎる。

 また、北島店を除く『ふく利』や『まるたか』だけでなく、同様の手段で県内外へと拡大路線に邁進する他の“徳島ラーメン”を看板に掲げるチェーン店にも何らかの“影響”が及ぶのは、必至。

 調理人としての技量の未熟さが指摘されるのは、何も『ふく利』系列店ばかりの話ではあるまい。

 なお、今回の“食中毒騒ぎ”でワタクシが最も疑問視しているのは、『まるたか』を運営する『スターフードの対応

 当ブログのコメント欄においても「関係者と思わしき者による宣伝書き込み”」が見受けられるように(県外からの旅行者を装っているが、何なら「IPアドレス公開」しましょうか?)、この会社は常日頃から“ネット工作”に勤しんでいるフシがございます(他にもグルメ系サイトの宣伝書き込みは、特に見苦しい)。
 得意の“宣伝”ばかりではなく、こういった“非常事態”の時にこそむしろ、スピーディーな対応が可能なネットを活用するべきではありませんか?

 今回の件が徳島県内だけでなくネット上では全国に配信されて数日が経つ今でも、公式サイトの方には何の「謝罪」も「経緯の説明」も「今後の対応」といったものも、何も示されておりません

 あたかも“我こそが徳島の代表店舗”と言わんばかりの宣伝を繰り返してきた、『スターフード』。

 とりわけ、ワタクシのような県外の人間をターゲットに商売を繰り返してきた以上、「謝罪」なり「今後の衛生対策の徹底について」など、自社の反省と再生を込めた“何らかのコトバ”があって、しかるべきでしょうよ。

 自社にとって“不利”な情報は、全て“隠蔽”“風化”させてしまえば済むという、『スターフード』はそんな企業姿勢をお持ちのようですね。

【当ブログ内における工作の実際】
 当ブログでは、「アダルトやワンクリックサイトへの誘導」でなければ、原則コメント欄を開放しております。
 そのため、「悪意」に満ちたモノや、明らかに店舗側の人間と思われる「宣伝工作活動」も、散見されるようになりました。
 サスガに「殺害予告」に類するコメントは削除させていただいておりますがw 「なんのひねりもない宣伝コメント」は、“晒し上げ”の意味も込めて掲載させていただいておる次第w

 そんな“晒しコメ”と言うべきモノの一例が、以下。
 リンク先をクリックしていただきますと、当該記事の「コメント欄」を表示できるようにしておきました。

県外からの旅行者を装う(1)
愛媛からは通常「日帰り」でしょう?
 それに「阿波おどり」の時期でもない限り、駅から遠くて安くもない『ワシントンホテル』に宿泊しますか?

県外からの旅行者を装う(2)
初めて入った店で“おススメ・メニュー”まで分かるなんて、コチラも驚きです。

県外からの旅行者を装う(3)
つい最近まで行われておりました「高速乗り放題1000円」の利用者の多くは、「住吉『巽屋』~『いのたに』本店~藍住『王王軒』」という行動パターンを採る方がほとんど。
 小松島まで行くのなら『岡本中華』に行くのが当然ですし、“日帰り”というハンデを考えれば、『ふく利』(吉野本町)へ立ち寄る時間など考えにくいでしょう。
 “素人”相手の「自社店舗を含めたルート案内」、大変にご苦労様でした。

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

【2012年6月・再追記】

徳島ラーメンの(株)スターフード/自己破産申請(リンク先:JC-NET)
ふく利・まるたかラーメン直営・FC展開の(株)スターフード(徳島市吉野本町5-20-3、代表:大星貴)は6月15日、事後処理を松原健士郎弁護士(電話088-625-8505)に一任して、徳島地方裁判所へ自己破産申請した。

負債額は約3億5千万円。

ラーメンブームも過ぎ去ったなか発生した食中毒事件が同社の致命傷となった。

スターフード・自己破産申請

食中毒事件記事

平成23年6月9日、小松島市内のラーメン店まるたかで食事をした2グループの数名が、嘔吐、下痢等の食中毒様症状を呈している旨の連絡が、小松島市内の医療機関から徳島保健所にあった。また、6月11日にも、同医療機関から、同ラーメン店を利用した体調不良者がいる旨の連絡があり、徳島保健所が調べたところ、患者らの共通食は、同ラーメン店が提供した食事のみであることが判明。

徳島保健所の調査の結果、うち3人と店内の食材の一部から黄色ブドウ球菌が検出された。


コメント
この記事へのコメント
徳島に遊びに行きます!!
松山から来週に徳島に遊びに行きます。やっぱり名物の徳島ラーメン食べないといけないですね。
色々サイトを探していてこちらにお邪魔しました。
宿泊がワシントンホテルなのでちょうど場所もいいですね
2010/10/27(水) 14:58 | URL | ミーコ #zgUyPM1.[ 編集]
『まるたか』広報からのお知らせ(2)
> 松山から来週に徳島に遊びに行きます。やっぱり名物の徳島ラーメン食べないといけないですね。
> 色々サイトを探していてこちらにお邪魔しました。
> 宿泊がワシントンホテルなのでちょうど場所もいいですね
 『まるたか』大道店は国道438号線・東大工町交差点付近で営業しておりまして、丁度、『ワシントンホテル』の向かい側ですね。
 横断歩道か歩道橋を渡れば、お店はスグ目の前です。

 ただ、『ワシントンホテル』を利用する場合、その「宿泊プラン」には是非ご注意を。
 何せ、“お土産付宿泊プラン”を選択した日には、よりによってそのお土産は「『ラーメン東大』のお土産ラーメン」ですからネw
参考リンク:『ラーメン東大』お土産ラーメン
  http://impressions2.blog5.fc2.com/blog-entry-237.html
2010/11/04(木) 03:29 | URL | 食の記録集 #-[ 編集]
徳島ラーメンツアー第1弾
今週末に徳島ラーメンツアー第1弾に行きます。
鳴門いのたに⇒沖浜ふく利⇒まるたか大道予定です。
楽しみ!(^^)!

2010/12/16(木) 20:31 | URL | コメットコメット #-[ 編集]
行ってらっしゃいませ
 楽しいラーメンツアーになるとイイですね(・∀・)
2010/12/31(金) 23:30 | URL | impressions2 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/603-1b369f69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック