メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

 JR品川駅と京浜急行本線・北品川駅のほぼ中間に位置する、京王品川ビルの2階で営業しておりますセルフ形式の“讃岐うどん”の専門店、丸亀製麺品川店(公式サイト「店舗案内」)
『丸亀製麺 品川店』店舗画像(2010年・1)   『丸亀製麺 品川店』おまかせ天丼・販促掲示(2010年)
 今年の春頃より、サイドメニューの「天ぷら」と別売りの「ライス」を組み合わせることで可能となる、「天丼」の販売を開始しました。

かけうどん&「おまかせ天丼

『丸亀製麺 品川店』かけうどん&おまかせ天丼(2010年)
『丸亀製麺 品川店』野菜かき揚げ天&ちくわ天(2010年)   『丸亀製麺 品川店』おまかせ天丼(2010年・1)
380円120円230円(野菜かき揚げ天&ちくわ天)

 通常の讃岐うどんの“サイドメニュー”としての注文が可能な、「おまかせ天丼」。
 「ご飯」(120円)に「お好みの天ぷら」(80円~)をトッピング。
 それに、ネギや天かすなどが常備された薬味コーナーに新たに置かれるようになった「天ダレ」を適量かけて、食べるメニューとなります。

丸亀製麺 品川店(リンク先『食べログ』)
住所:東京都港区港南2-17-1 京王品川ビル2F『丸亀製麺』品川店、営業時間案内(2011年)
電話:03-5463-6308
営業時間:11:00~21:30(ラストオーダー21:00)
定休日:無休

 今回紹介する「おまかせ天丼」の販売が開始されたのが、確か3月の中旬頃
 店の扉付近に“販促ポスター”などがかなり出されているのですが、ドーいうワケか「食べている人を見かけない・・・」のでw 勇気を奮って注文してみましたよ。


 一番の注意事項は、この「おまかせ天丼」は“サイドメニュー”だというコト。
 したがって「おまかせ天丼」を食べる際には、必ず
うどんメニューと一緒に注文する
必要があるワケです。

おまかせ天丼おいしい召し上がり方

『丸亀製麺 品川店』おまかせ天丼・おいしい召し上がり方(配布チラシ)
①先ずは、天ぷらをごはんの上に載せて下さい
天ダレは「薬味コーナーにございます
③ポットより、天ダレをレードルに「8分目程度」お入れ下さい
④天ぷら、ごはん、全体に満遍なく天ダレをおかけ下さい
⑤お席でゆっくり、お召し上がり下さい
『丸亀製麺 品川店』おまかせ天丼(2010年・2)


 「おまかせ天丼」の「注文方法」は、以下の通り。

おまかせ天丼注文の仕方
1、「うどん」の注文
2、「うどん」と一緒に「ご飯」(120円)も注文
3、お好みの「天ぷら」を注文
4、レジで会計を済ませる
5、「薬味コーナー」にて、ポットに入った「天ダレ」をかける

 ココで「天ぷら」を注文する際、通常は用意された「取り皿の上に天ぷらを盛る」ワケですが、「おまかせ天丼を注文する場合に限り
ご飯の上に天ぷらを盛り付ける
方が、「席に着く ⇒ 皿の上の天ぷらをご飯の上に載せる ⇒ 薬味コーナーで天ダレをかける」という作業工程が“短縮”されますから、昼時などの混雑時間帯では有益な方法となるでしょう。

おまかせ天丼きす天いも天120円180円

『丸亀製麺 品川店』おまかせ天丼・きす天&いも天(2010年・1)
『丸亀製麺 品川店』おまかせ天丼・きす天&いも天(2010年・2)   『丸亀製麺 品川店』おまかせ天丼・きす天&いも天(2010年・3)
きす天100円・イモ天80円

 当エントリの最初に貼付しました「野菜かき揚げ天&ちくわ天」ではご飯の上に天ぷらが乗り切らないという失態を演じてしまいましたがw 今度は“小さ目の天ぷら”を選んでリベンジ。

 実際、この「おまかせ天丼」では「ご飯のドンブリも飯量も少ない」のは明白ですので、お好みで載せる天ぷらについては「小さめのモノを選ぶ」ようにするのが、カシコイ選択です。


 ココで、『丸亀製麺』で比較的によく見かける“天ぷらメニュー”を、紹介しておきましょう。

丸亀製麺天ぷらメニュー
・各80円 いも天・ナス天・かぼちゃ天
・各100円 ちくわ天・イカ天・きす天・コロッケ・かしわ・半熟玉子
・各130円 エビ天・野菜かき揚げ天・じゃこ天
・180円 穴子天

ちくわ天」&「イカ天各100円

『丸亀製麺』ちくわ天&いか天(各100円)

 『丸亀製麺』で最も人気があると思われる天ぷらメニュー、「ちくわ天」と「いか天」。
 うどんにトッピングしても、そのまま食べても美味しく食べられる天ぷらだとは思いますが、「『天丼』としてはサイズが大きすぎる」モノ。

ちくわ天」&「茄子天」(ちくわ天100円・茄子天80円)

『丸亀製麺』ちくわ天&ナス天(ちくわ100円・なす80円)

 半分に切ったモノを揚げた「ナスの天ぷら」は、うどんにも天丼にも合う“万能トッピング”と言えるかもしれません。

かしわ天」&「かぼちゃ天」(かしわ100円・南瓜80円)

『丸亀製麺』かしわ天&かぼちゃ天(かしわ100円・カボチャ80円)

 「かしわ天」とは「鶏肉の天ぷら」のコト。
 この「かしわ」「かぼちゃ」共に、天丼向けの“小ぶりな天ぷらメニュー”となります。

穴子天180円

『丸亀製麺』穴子天(180円)

 サイズ的には最も大きいモノとなる「アナゴの天ぷら」ですが、うどんにも天丼にもサイズが大きすぎるのが、難点。

エビ天」&「半熟玉子天」(海老130円・玉子100円)

『丸亀製麺』海老天&半熟玉子天(エビ130円・玉子100円)  『丸亀製麺』半熟玉子天(100円)

 食べても特に感想もない海老の天ぷら」とw 意外によく売れている、食べるとトロリと黄身が飛び出す「半熟玉子の天ぷら」。
 どちらも天ぷらも、“サイズ的”には天丼にピッタリです。


 今回紹介いたしました、『丸亀製麺』の「お好み天丼」。
 量や天ダレの味付けなど、取り立てて特筆するべきモノは見当たりませんが、この店で多くの方が注文しそうな「うどん+おにぎり2個」に比べますと、コチラの「天丼」を頼んだ方が“食べ応え”は上かもしれません。

 ただし、ご飯の盛り付けられたお椀はそれほど大きくないモノですから、「天ぷらの数やサイズの選び方」には、注意が必要でしょう。


【関連記事】
『丸亀製麺 品川店』メニューと価格
 『丸亀製麺』品川店で提供中のレギュラーメニューと値段を、画像を交えて紹介しております

『丸亀製麺』品川店、肉ごぼうかけうどん&天丼
 『品川店』提供の天丼は、2013年2月の時点でも基本的に変化はございませんでした
『丸亀製麺』大崎センタービル店、肉ごぼう釜玉&天丼
 コチラの店舗では、あらかじめ店内に常備された「容器入りのタレ」を使用し、天丼を作るシステムでした

『丸亀製麺 大崎センタービル店』肉うどん
 2010年2月、限定メニューの「肉うどん」と「レギュラーメニュー」の紹介です
『丸亀製麺 Think Park店』明太釜玉うどん
 2010年3月時点での提供メニュー(おでんやアルコールを含む)を紹介しております
『丸亀製麺 Think Park店』釜揚げうどん・特盛
 2010年10月、主要メニューの「釜揚げうどん」の他、全国で販売中の限定メニュー「肉玉ごぼうぶっかけ」を紹介しております

丸亀製麺品川店アクセスマップ


にほんブログ村 グルメブログへ
記事をお読みになられた方、「グルメバナー」への義理の応援クリックをお願いしますw
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/560-99f4c455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック