メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 京浜急行線・品川駅の高架下で営業しているフードテーマパーク『品達』内で最も“満腹指数”の高い店、伝説のすた丼屋品川店
『伝説のすた丼屋 品川店』店舗概観画像(2010年4月・3)
 『すた丼』で最も知名度の高いメニューといえば、豚バラ肉をニンニク醤油で炒めた「すた丼」となりますが、その一方で、食べた後の口臭が気になるニンニクを使用せずに生姜風味で味付をしたメニューも、古くから提供されております。
 そんな豚バラ肉をショウガ醤油で味付をしたメニューの一つ、「生姜ライス」を肉飯増し(“マシマシ”)で食べてまいりましたよ。

生姜ライス肉飯増し620円250円

『伝説のすた丼屋 品川店』生姜ライス・マシマシ(2010年4月)
『伝説のすた丼屋 品川店』生姜ライス・マシマシ、肉皿(2010年4月)  『伝説のすた丼屋 品川店』生姜ライス・マシマシ、ご飯(2010年4月)
味噌汁

 ご飯の上に豚バラ肉を盛り付けるすた丼に対して、このメニューでは、醤油とネギを絡めて炒めた豚バラ肉を皿に盛り付け、それに生野菜千切りキャベツカイワレ大根)をプラスした、いわば「すた丼」の“定食版とも言えるモノ。
 同様の“定食メニュー”としては、全国展開を開始した『すた丼』各店においてニンニク風味の「すたみなライス」と生姜風味の「生姜ライス」の他、鶏ガラスープに豚バラ肉をサッと通した「豚しゃぶライス」なども提供中。
 今回紹介した生姜ライスの値段は、東京多摩・関西地区で「580円」、東京23区では「600円」、そして品川店のみ「620円」(価格は全て「並盛」の場合)に、設定されております。

『伝説のすた丼屋』掟(品川店・店内掲示)伝説のすた丼屋品川店(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:東京都港区高輪3-26-21
営業時間:11:00~24:00
定休日:元日以外、(原則)無休
電話:03-5793-8060


生姜ライス持ち帰り弁当

『伝説のすた丼屋 品川店』生姜ライス・マシマシ、お持ち帰り弁当(2010年4月・1)
『伝説のすた丼屋 品川店』生姜ライス・マシマシ、お持ち帰り弁当(2010年4月・2)  『伝説のすた丼屋 品川店』生姜ライス・マシマシ、お持ち帰り弁当(2010年4月・3)

 上の添付画像が、『品川店』で注文した生姜ライスの「テイクアウト弁当」。
 かなりの“つゆだく”で提供されることからも、その包装はかなり“厳重”となっております。

 参考までに、コチラが『渋谷店』で食べました生姜ライスの画像。

伝説のすた丼屋 渋谷店生姜ライス600円

『伝説のすた丼屋 渋谷店』生姜ライス600円(2009年12月)

 『すた丼』は店舗によってメニューや提供方法など多少の違いがあるのですが、多くの店では「フレンチドレッシング」や「しそドレッシング」を用意している中、品川店』の場合は卓上にドレッシングが常備されていないという違いがあります。
 
 それゆえに、『品川店』で生姜ライスを注文しますと、「店内」であろうと「弁当」であろうとフレンチドレッシングが生野菜の上にかけられて提供されるのですが、他店舗ではソレがなく、「好みのドレッシングをかけて食べる」というスタイルとなっております。


 ココで品川店以外での生姜ライスの持ち帰り弁当の注文方法として覚えておくべきなのは、食券を店員の方に渡す際に
サラダの上にかけるドレッシングの種類を聞かれる
というコトです。


 ちなみに・・・
 『すた丼』における汁モノ”の持ち帰りは原則的に行なっておりません
 よって、店舗で食べた場合セットになる「味噌汁の持ち帰りは不可」となります。

【関連記事】
『伝説のすた丼屋 品川店』生姜丼
 ニンニクを使用していない、口臭を気にせず食べられる「生姜丼」の紹介エントリ
『伝説のすた丼屋 秋葉原店』豚しゃぶライス&すたみなライス
 『スタ丼』全メニュー中で最も“ライト”に食べられるという「豚しゃぶライス」と、「すた丼」の“定食版”「すたみなライス」の紹介記事です
『すた丼』メニューと価格
 『伝説のすた丼屋』品川店で提供中のメニューと値段を、画像を交えて紹介しております

伝説のすた丼屋品川店アクセスマップ


にほんブログ村 グルメブログへ
記事をお読みになられた方、義理の応援クリック一発お願いいたしますw

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/540-10ab8f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。