メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 東京は品川区大崎に本店を構える屈指の行列店六厘舎』(店舗公式サイト)が監修しているという「つけ麺」が、コンビニエンスストアの『セブンイレブン』より、本日から発売となりました。

 セブン-イレブン・ジャパンは2月9日、人気ラーメン店「六厘舎」(東京・品川区)が監修したつけ麺「六厘舎監修 あつもりつけ麺」を東京都23区の「セブン-イレブン」店舗限定で発売する。価格は498円。

 同商品は、六厘舎の人気メニュー「あつもり」を、電子レンジで温めるだけで食べることができる「あつもりつけ麺」として商品化したもの。同店の味を忠実に再現するため、食感がよくコシの強い極太の三層麺を同社専用工場にて開発。つけだれは、濃厚な豚骨魚介スープを基本に風味豊かな魚節を加え、深い味わいに仕上げたとのこと。具材はチャーシュー、ねぎ、メンマを使用。
「六厘舎監修・あつもりつけ麺」498円(1)   「六厘舎監修・あつもりつけ麺」498円(2)

 『セブンイレブン』のニュースリリース(リンク先PDFファイル注意)によりますと、今回の商品は「東京23区内のセブンイレブン限定販売」となる模様。
 なお、『セブンイレブン』のニュースリリースのバックナンバーのページを仔細に眺めますと、過去にもこういった「人気ラーメン店とのコラボ商品」の販売を頻繁に行なっているようでして、その多くはやはり、今回のような“販売地域限定”というパターン。

 この“六厘舎・タイアップ商品”の販売に当たり、都内の『セブンイレブン』店舗では10日以上前から、店内外にポップを貼り出すなどの「販売告知」を積極的に行い、それだけに留まらず「予約販売・申し込み用紙」までも配布。
 そして、販売開始日の今日。
 ワタクシが足を運んだ2店舗では、店員が一丸となり来店するお客さんに対し“商品購入”を呼びかけ、コンビニ弁当売り場の多くのスペースを割き、今回の六厘舎商品を大量に陳列しているという、熱の入れようでございました。

六厘舎監修・あつもりつけ麺498円763kcal

「六厘舎監修・あつもりつけ麺」498円・パッケージ
「六厘舎監修・あつもりつけ麺」セロファンで仕切られた麺    「六厘舎監修・あつもりつけ麺」密閉容器に入れられたスープとトッピング類
「六厘舎監修・あつもりつけ麺」つけダレと麺

 「つけめん」というモノは本来「温かいつけダレに水で締めた冷たい状態の麺を浸して食べるメニュー」なのですが、この商品はコンビニ弁当の要加熱の条件に合致するよう「麺を温かい状態で食べるあつもり』」(熱盛)として販売されております。

「六厘舎監修・あつもりつけ麺」太麺(1)  「六厘舎監修・あつもりつけ麺」太麺(2)
 『六厘舎』の味を忠実に再現するため、セブンーイレブン専用工場で三層麺を開発し、食感のよい極太麺を使用。

 「三層麺」というのは食べていても気付かなかったのですがw 『六厘舎』の麺に特有の「噛み締めると弾き返してくるような麺」というのは、まあ、再現できていると思います。
 麺量は、『六厘舎』の並盛と同じく300グラム
 ただし、特別な小麦を使わずに色々な素材を配合して作っている麺ですから、麺自体の風味は、かなり劣ることは否めません。

つけダレ

「六厘舎監修・あつもりつけ麺」つけダレ(1)  「六厘舎監修・あつもりつけ麺」つけダレ(2)
 「つけダレ」は濃厚豚骨魚介スープをベースに、風味豊かな魚節を加えることで、奥行きのある飽きの来ない味わいを再現。

 このつけダレの再現度はかなり高いと思われます。
 スープの粘度は非常に高く、鶏・魚・醤油をベースにかなりのアブラを加えており、一口飲んで「ああ、コレって『六厘舎』の味だよね」と、頷いてしまうほど。
 そして、よく見れば「つけダレ用の器のデザイン」も、『頑者』『六厘舎』で使用するモノに似せてあったりしますねw

 トッピング類は、つけダレ用の容器の上にセロファンで仕切って入れられた、刻みネギ煮豚メンマが少々。
「六厘舎監修・あつもりつけ麺」つけダレと極太麺  「六厘舎監修・あつもりつけ麺」トッピング類
 よく見ると、トッピング類の中に「魚粉」も載せられておりまして、かなりの細部にまでこだわって作り出された商品であることが、伺えるコトと思います。


 今回の六厘舎商品の“完成度”は、実はある程度予想出来たモノでした。

濃厚豚骨魚介味つけ麺・あつもり398円655kcal

「濃厚豚骨魚介味つけ麺・あつもり」セブンイレブン・398円(1)  「濃厚豚骨魚介味つけ麺・あつもり」セブンイレブン・398円(2)
「濃厚豚骨魚介味つけ麺・あつもり」セブンイレブン・極太麺 「濃厚豚骨魚介味つけ麺・あつもり」セブンイレブン・濃厚つけダレ 「濃厚豚骨魚介味つけ麺・あつもり」セブンイレブン・トッピング類

 「六厘舎監修・あつもりつけ麺」の“先行商品”と言えそうなのが、コレ。
 つい数日前までは多くの『セブンイレブン』で見かけることの多かった商品ですから、今でも、地域によっては販売しているトコロもあるかもしれません。

 今回の六厘舎商品に見られる「極太麺」「濃厚なつけダレ」「あつもり」というスタイルは、実はこの商品で確立済み。
 「コレで有名店とのタイアップ商品作ったら、売れるだろうな・・・」などと思っておりましたら、まさかの「六厘舎が便乗」という事態に、心底から驚いているワタクシw

 さらに驚くべきは、上のつけ麺弁当でもかなりのクォリティーを保っていたにも関わらず、そこからさらに
『六厘舎』の雰囲気を上手く掴んだ商品を開発した
という点。

 おそらく、今回の六厘舎商品。
 「値段が高い」「麺だけ量が多くてパサパサ」「つけダレが足りない」などといった感想が寄せられるコトが予想されますがw
でも、六厘舎らしさは再現できたでしょ?
と言われれば、「ハイ、そうですね」と答えざるを得ません。


 ただ一つ、ワタクシが“疑問”に思うのは、現在の『六厘舎』の
 おそらくは、今回の商品販売を通して店への「客足」や通販での「販売個数」を増やそうという目論見があると推測されますが、今回の商品の味は「2005年の『六厘舎』開店から半年頃の味」に近い。
 その頃からかなりの味の変遷を遂げて“今の味”に至った『六厘舎』で、今回の商品を食べたお客さんが「お店の味にマンゾクするかは疑問」といったトコロ。

「六厘舎監修・あつもりつけ麺」予約購入用・パンフレット

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
記事を読まれた方、及び「自転車に乗ってる店主、名前変えたの?」と思われた方は「ラーメンバナー」のクリックをお願いしますw
 なお、当ブログ内の「六厘舎関連記事」は、「タグ:六厘舎」をクリックすることで、閲覧可能となります。

『中華蕎麦 とみ田』ドロ味噌冷やしつけ麺byセブンイレブン
 2010年5月11日から地域限定販売されている、『セブンイレブン』と有名店とのコラボ商品の一つ
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!!
こんばんは!!
今朝嬉しい出来事がありました。
80歳のおじいさんに「元気」
頂きました。嬉しくて報告・・・・
すみません。一方的なお話で。
2010/02/09(火) 22:35 | URL | こうしん #-[ 編集]
イイお話ですね
ブログの方にお邪魔させていただき、コメントを残しました。
2010/02/24(水) 07:10 | URL | moto-umi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/487-3116bd98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。