メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 東急東横線と東京メトロ日比谷線の停車駅である「中目黒駅」から徒歩で30秒ほどの場所で営業しております、『三ツ矢堂製麺中目黒店(旧名『フジヤマ製麺』)。
『三ツ矢堂製麺 中目黒店』店舗概観画像(2009年12月)

三ツ矢堂製麺 中目黒店(リンク先『食べログ』)
『三ツ矢堂製麺 中目黒店』営業時間と定休日(2009年)住所:東京都目黒区上目黒3-3-9 第2牡丹ビル1F
電話:03-3715-0079
営業時間:11:30~25:00(ラストオーダー24:30)
定休日:年中無休
駐車場:無し

 中目黒駅を出ましたら、左方向
『三ツ矢堂製麺 中目黒店』へのアクセス方法・1(駅前を左方向)  『三ツ矢堂製麺 中目黒店』へのアクセス方法・2(高架沿いに祐天寺駅方向)
 『蕎麦屋の角を曲がり、高架に沿って祐天寺駅方面へ数十秒歩けば、お店まで容易に到着可能です。

 今回のエントリでは、この店の基本メニューである「つけ麺」と、このお店の人気のトッピングメニューを組み合わせたという「マル得つけ麺」を紹介いたします。
『三ツ矢堂製麺 中目黒店』ゆず風味のつけめん・780円(2009年)  『三ツ矢堂製麺 中目黒店』マル得つけめん・980円(2009年)

三ツ矢堂製麺 中目黒店メニューと価格
『三ツ矢堂製麺 中目黒店』メニューと値段(つけ麺類・2009年)・つけ麺類
つけめん(ゆず風味)780円
目玉つけめん(生玉子)830円
味玉つけめん 880円
たっぷり野菜つけめん 880円
温泉玉子つけめん 930円
とろろ山芋つけめん 930円
月見納豆つけめん 930円
マル得つけめん 980円
濃厚チーズソースつけめん 980円
大判チャーシューつけめん 1030円
さらにダブル!Wチーズつけめん 1080円
 つけめんの麺増量は「小~大盛まで無料
『三ツ矢堂製麺 中目黒店』メニューと値段(ラーメン類・2009年)・ラーメン類
ラーメン 780円
味玉ラーメン 880円
野菜ラーメン 880円
チャーシューメン 1030円
特大ワンタンラーメン 930円
オロチョンラーメン 880円
ワンタンオロチョンラーメン 1030円
和えソバ 900円
ゆず和えソバ 900円
 ラーメンと和えソバの麺量は「並・中盛」から無料で選択可能

 上記メニューは、この店で提供されているモノの“抜粋”となります。
 トッピング類やサイドメニュー、それにアルコール類まで含めますと莫大なメニュー数が提供されております。
 なお、この『三ツ矢堂製麺』各店で提供されております“主要メニュー”に関しましては、公式サイトの「お品書き」のページでも、確認することが出来ます。

 この店は、全席テーブル席
『三ツ矢堂製麺 中目黒店』テーブル上の調味料類(2009年) 席数は50席近くございまして、店内は大変に広く“居酒屋風”の造りとなっております(ランチタイムのみ、全席禁煙)。

 また、この店には券売機はなく、食べ終わった後にレジで精算する「会計制」。
 一杯目の水は店員の方から提供。
 基本、この店は“つけめん専門店”でございまして、ランチタイムなどの大混雑する時間帯を除けば、麺の茹で時間の都合上、10分程度待たされることが多いと思って間違いないでしょう。

つけめんゆず風味780円

『三ツ矢堂製麺 中目黒店』ゆず風味のつけめん・780円(2009年)
 上品な甘さとバランスのよいタレ。
 野菜とトンコツをじっくり煮込み、独自の工夫でしっかりと魚介や乾物のウマ味を加えたコクのあるスープ。
 そして風味豊かなゆずを利かせた「特製ゆず油」。

 つけダレ(スープ)自体は動物系と魚介系のバランスの取れたタイプのモノなのですが、かなりの強い甘さと、これまた強いゆずの香りが特徴的。
『三ツ矢堂製麺 中目黒店』ゆず風味のつけめん・つけダレ(1)  『三ツ矢堂製麺 中目黒店』ゆず風味のつけめん・つけダレ(2)
 女性でなければあまり喜びそうにない「ゆず油」は、注文の際に店員の方に頼めば“ゆず抜き”にするコトが可能です。

 この、『三ツ矢堂製麺』の最大の“武器”と言えるのが、厳選された小麦から作られているという「」。
 「つけ麺」を注文しますと、以下のような麺の「」「提供方法」の選択が可能です。

麺量(つけ麺は小~大盛まで無料)
『三ツ矢堂製麺 中目黒店』麺量の選択(小~大盛まで無料)小:0.8玉(200グラム)
並:1玉(250グラム)
中盛:1.5玉(375グラム)
大盛:2玉(500グラム)
特盛:3玉(750グラム)プラス100円
極盛(きわもり):6玉(1500グラム)プラス400円
食べ終わった後の麺の追加:1玉・200円

麺の温度(“締め分け”)
『三ツ矢堂製麺 中目黒店』麺の提供温度の選択(通常は「冷もり」)・熱もり(あつもり)
アツアツの麺
・ぬめり落とし
常温程度の麺
・冷もり(ひやもり)
ほんのり冷たい麺(通常の提供温度
・氷締め(こおりじめ)
氷水でギンギンに締めた冷たい麺

 麺量は「つけ麺」を注文しますと、大盛までの増量が無料
 それに加え、旧店舗『フジヤマ製麺』時代には行っておりませんでした、「麺の提供温度の選択」も可能となりました。

 今回ワタクシが注文しましたのは、「つけめん並盛冷もり」。
 麺量は並盛で250グラムと言うのですが・・・
『三ツ矢堂製麺 中目黒店』ゆず風味のつけめん、麺量・並盛(1)  『三ツ矢堂製麺 中目黒店』ゆず風味のつけめん、麺量・並盛(2)
 つけ麺にしてはズイブンとこじんまりとした量。
 それもそのハズ、三ツ矢堂製麺』における麺量は「茹で上げ後のグラム数で表示されているのです。

 そのは、つるつる・モチモチとした食感の、まるで“讃岐うどん”を思わせるかのような、太麺
『三ツ矢堂製麺 中目黒店』ゆず風味のつけめん・つけダレと麺  『三ツ矢堂製麺 中目黒店』ゆず風味のつけめん・トッピング類
 つけダレの器の中のトッピング類は、ネギナルトメンマチャーシュー

 つけ麺の最後には、店員の方に「スープ割り」を頼むことで、ポットに入った出汁スープを持って来てもらえます。
『三ツ矢堂製麺 中目黒店』ゆず風味のつけめん、スープ割り(1)  『三ツ矢堂製麺 中目黒店』ゆず風味のつけめん、スープ割り(2)

マル得つけめん麺大盛980円

『三ツ矢堂製麺 中目黒店』マル得つけめん・980円(2009年)
『三ツ矢堂製麺 中目黒店』マル得つけめん、麺大盛    『三ツ矢堂製麺 中目黒店』マル得つけめん、トッピング類(別皿)
 野菜・チャーシュー・味玉・海苔を盛り付けた一番人気の組み合わせ

 麺大盛(2玉:茹で上げ後500グラム)にしますと、それなりには増えるようですねw
 増量される、チャーシュー温野菜味付玉子焼き海苔は、全て“別皿提供”となります。
『三ツ矢堂製麺 中目黒店』マル得つけめん、トッピング類(チャーシュー・温野菜)  『三ツ矢堂製麺 中目黒店』マル得つけめん、トッピング類(味付玉子・焼き海苔)

 「」の食感や風味に関しては、間違いなく“都内屈指のつけ麺店”との評価が出来る『三ツ矢堂製麺』ですが、動物系・魚介系・野菜に加え、甘みや酸味まで強い「つけダレ」をどのように評価するかで、この店の好き嫌いが分かれるトコロでしょう。

【関連記事】
『三ツ矢堂製麺』大森店、つけめん・ゆず抜き
 この店のつけ麺を「ゆず抜き」で注文しますと、よくあるタイプの“甘・辛・酸”が際立つようです

『三ツ矢堂製麺 中目黒店』和えソバ(油そば)
 2種類のスープのないラーメン「和えソバ」の紹介と、2010年に入ってからの「営業時間の変更」についても

『三ツ矢堂製麺 大森店』辛しつけめん
 2010年4月22日オープンの支店。JR大森駅からお店までのアクセス方法と、柚子を使用していない「辛しつけ麺」のレポートです
『三ツ矢堂製麺』大森店、ラーメン・中盛
 『大森店』の営業時間変更(延長)と、魚介豚骨スープの「ラーメン」を紹介しているエントリです

アクセスマップ

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑こんな“お馬鹿ブログ”を晒しの刑に処すために、バナークリックするなよ!? 絶対クリックするなよ!?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/436-f72d67ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。