メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 1999年の『新横浜ラーメン博物館』への出店を契機に、“徳島ラーメン”の店としての知名度を一気に高めました、徳島市内にございます中華そば いのたに本店(リンク先:『ぐるなび』)
『中華そば いのたに』本店、店舗概観画像(2009年)

『中華そば いのたに』本店、営業時間と定休日(2009年)中華そば いのたに本店(『食べログ』)
住所:徳島県徳島市西大工町4-25
電話:088-653-1482
営業時間:10:30~17:00(売切れ次第終了)
定休日:月曜日(月曜が祝・祭日の場合、翌火曜日休業)
駐車場:店舗周辺に3ヶ所、35台

『中華そば いのたに』本店、駐車場(店舗横) 『中華そば いのたに』本店、駐車場(店舗前) 『中華そば いのたに』本店、駐車場(店舗向かい側)

 昨年の『いのたに』エントリに続く今回は、「中華そば肉入中盛&生玉子」のレポートと「徳島駅からのアクセス」、そして、本州への発送も行っている「お土産ラーメン」(お持ち帰りラーメン)の情報もお伝えいたしましょう。
『中華そば いのたに』本店、中華そば肉入中盛&生玉子&ご飯・800円(1)
 『中華そば いのたに』への最寄り駅となるのは、「JR徳島駅」。
『中華そば いのたに』本店へのアクセス(1)JR徳島駅  『中華そば いのたに』本店へのアクセス(2)新町橋通り
 駅前から「眉山」へと続く新町橋通りを直進して、眉山麓の、徳島の土産物が全て揃っている阿波おどり会館』の前へ。
『中華そば いのたに』本店へのアクセス(3)『阿波おどり会館』前  『中華そば いのたに』本店へのアクセス(4)『阿波おどり会館』前を右折
 『阿波おどり会館』の前を右折し、国道を一直線に進んでお店へ。

 徳島駅からは、徒歩で15分程度の道のり。

 「駐車場」は「店舗情報」内の写真で示しましたように、店舗入り口」「店舗横」「通りを挟んだ店舗の向かい側」の計3ヶ所

『中華そば いのたに』メニューと値段(券売機画像・2009年)中華そば いのたに本店メニューと価格
・麺類
中華そば 中盛 500円
中華そば 大盛 550円
中華そば 肉入り中盛 600円
中華そば 肉入り大盛 650円

・トッピング・サイドメニュー類
『中華そば いのたに』メニュー表(2009年)ライス 150円
メンマ(竹)100円
生玉子(ヨード卵)50円

・お持ち帰り用・中華そば
中華そば大 550円
中華そば肉大 650円

 メニューと値段に変動は、ナシ。
 券売機上には「持ち帰り中華そば用の購入ボタン」はございませんが、便宜上、ココに値段を記しておきました。

 席は、全席カウンターで40席。
 混んでいる時間帯では、店内で待たされる“背後霊方式”。
 卓上には、胡椒・爪楊枝・割り箸に、水の入ったポットなど。
『中華そば いのたに』卓上の調味料類(2009年)  『中華そば いのたに』グラスとレンゲ(2009年)
 一杯目の水は店員の方から。
 上の画像にございますように、水の入ったグラスの上に「レンゲ」が置かれましたら、「もうスグ注文の品が出てまいりますよ現在、麺茹で中)」の、“合図”となります。

中華そば肉入中盛生玉子めし600円50円150円

『中華そば いのたに』本店、中華そば肉入中盛&生玉子&ご飯・800円(2)

 量的にそれほど多くはなく、麺の茹で時間も短いことから、混んでいる時間帯でも“回転”はとても早いですね。
『中華そば いのたに』本店、中華そば肉入中盛&生玉子・650円(1)  『中華そば いのたに』本店、中華そば肉入中盛&生玉子・650円(2)
 今回注文しましたのは、レギュラーメニューの「中華そば」に豚バラ肉生卵をトッピング、それに、「」を追加しました別名、“徳島ラーメン・観光客セット”。
 以下の画像が、追加トッピングの「豚バラ肉」と「生玉子」。
『中華そば いのたに』本店、中華そば肉入中盛&生玉子、豚バラ肉  『中華そば いのたに』本店、中華そば肉入中盛&生玉子、生卵(ヨード卵)
 豚バラ肉は肉厚で味がしっかり付いており、生玉子はヨード卵を使用。

 たいていの“徳島ラーメン”を謳う店では、豚バラ肉は「追加トッピングを頼まないと少な過ぎる」ケースが多く、また、徳島ラーメンに付き物と考えられている「生卵は別料金”」だというコトを、覚えておくとよいでしょう。

 その他のトッピング類は、メンマ)・青ネギモヤシが少々。
『中華そば いのたに』本店、中華そば肉入中盛&生玉子、メンマ  『中華そば いのたに』本店、中華そば肉入中盛&生玉子、青ネギ

 中細麺
『中華そば いのたに』本店、中華そば肉入中盛&生玉子、中細麺(1)  『中華そば いのたに』本店、中華そば肉入中盛&生玉子、中細麺(2)
 加水率も高めに設定された、いわゆる“博多ラーメン”の細麺よりも、若干太いモノ。

 スープは、豚骨野菜海産物を煮詰めた、醤油ベースの強いモノ。
『中華そば いのたに』本店、中華そば肉入中盛&生玉子、スープ(1)  『中華そば いのたに』本店、中華そば肉入中盛&生玉子、スープ(2)
 この日、店を訪れたのは「午前中」。
 「『いのたに』のスープは午前中よりも午後の方が濃厚」という傾向があるのを差し引いても、ズッシリとした豚骨濃度は影を潜め、毎年この店へ来る度に「薄いな・・・」と、感じることが多くなってきておりますね。

 地元客よりも県外のお客さんを重視し、万人受けするような「ラーメン ⇒ 中華そば」への“シフトチェンジ”を行ったのは明白ですが、全体的な「濃度」「」を増やして(戻して)欲しいと思うのは、ワタクシだけではないハズ。
『中華そば いのたに』本店、めし150円(1)  『中華そば いのたに』本店、めし150円(2)
 そんな、量的不足感を補うために、多くのお客さんが頼んでしまうのが、「ライス」(150円)となるワケです。


 さて、ココで“検索エンジン経由”での問い合わせの多い、『中華そば いのたに』の「お土産ラーメン」について。

中華そば いのたに

お土産お持ち帰りラーメン案内
『中華そば いのたに』持ち帰りラーメン案内(1)   『中華そば いのたに』持ち帰りラーメン案内(2)
・注文方法
(1)店頭or電話(FAXも可)
(2)注文の品と個数
(3)持ち帰りor代引きによる配送

配送可能なエリアは、翌日到着可能地域のみ

 『いのたに』店舗が販売しているお土産ラーメンは、防腐剤不使用の生タイプ
 したがって、賞味期限が2日程度(クール便・保冷剤使用)となっておりますので、徳島市内から発送して翌日到着できない地域には、販売することが出来ないそうです。

 なお、「クール便による配送」の他、車でお店へ来たお客さんなどは「保冷剤を購入しての持ち帰り」を、行っているようでした。

【関連記事】
『中華そば いのたに』本店@徳島
 2008年度の、『中華そば いのたに』での実食レポートです
『中華そば いのたに』本店、肉入り大&生玉子
 2010年のレポート、麺と豚バラ肉を増量してみました

 なお、当ブログ内の「タグ:徳島市」をクリックしていただきますと、「徳島市内でのラーメンレポート」が御覧いただけます

徳島駅周辺のラーメン店

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
↑こんな“お馬鹿ブログ”を晒しの刑に処すために、バナークリックするなよ!? 絶対クリックするなよ!?
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/422-e5bc9d65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。