メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 JR新橋駅の烏森口から、徒歩で2分程度
 駅を出て左方向にある「新橋西口通り」を直進した場所で営業しております、『新橋 大勝軒』。
 特製もりそば」のレポートに続きまして、当ブログでは2回目の紹介となります。
『新橋 大勝軒』へのアクセス(新橋西口通り共栄会・アーケード)2009年5月   『新橋 大勝軒』店舗画像(2009年5月)
 今のトコロ「日曜・祝祭日も休まず営業」を続けているようでして、事実、ゴールデンウイーク期間中には大変重宝された、この店。

 そんな、世間が休みに浮かれて歓楽街に閑古鳥が鳴く夜に、独り、食べてみました「ラーメン」(麺大盛)のレポートをお送りしますよw
『新橋 大勝軒』ラーメン大盛&味付玉子(780円)

新橋 大勝軒メニュー
『新橋 大勝軒』券売機画像(2009年5月)麺類
特製もりそば
 小(200グラム)680円
 並(300グラム)750円
 大(400グラム)750円
 特盛(500グラム)850円
特製みそもりそば
 小780円、並850円、大850円、特盛950円
ラーメン
 並(150グラム)680円
 大(225グラム)680円
 特盛(300グラム)780円
みそラーメン
 並780円、大780円、特盛880円
トッピング類
チャーシュー 250円
味玉 100円
のり(5枚)100円
メンマ 100円
ねぎ 100円
温野菜 100円
生たまご 60円
トッピング全部のせ 200円
『新橋 大勝軒』メニューと価格(2009年3月)サイドメニュー&おつまみ
ライス 150円
チャーシュー丼 250円
おつまみ三種盛 500円
おつまみメンマ 200円
枝豆 200円
冷奴 200円
本日のサラダ 200円
のりチーズきゅうり 300円
柿の種 100円
ドリンク類
ビール(中瓶)500円
生ビール(中ジョッキ)500円
ウーロンハイ 350円
レモンハイ 350円
ウーロン茶 200円
コーラ 200円

 店内が非常に狭いのがこの店の特徴なのですが、そんな厳しい状況の中で、ようやく、今回「券売機」の画像取得に成功しました(“成功”って言っても、たまたま「券売機前の席に座れた」ってだけなんだがw)。

 画像をクリックして見ますと、まだメニュー名の記されていない“空白のボタン”がいくつか見受けられますが、おそらくはこの店と“兄弟店”のような関係にあります
五反田 大勝軒のメニュー構成と近いカタチ
になるのでは?と、個人的には考えております。
(なお、『五反田 大勝軒』の最新記事は、コチラです。)


ラーメン麺大盛680円
『新橋 大勝軒』ラーメン大盛(680円)1  『新橋 大勝軒』ラーメン大盛(680円)2
 提供時間のおおよその目安は、5分程度
 やはり、「特製もりそば」と比べますと圧倒的に早いですね。

 トッピング類は、意外に量が多い「メンマ」と、ロール状に巻き上げました豚バラ肉の「チャーシュー」。
『新橋 大勝軒』ラーメン大盛・トッピング(1)  『新橋 大勝軒』ラーメン大盛・トッピング(2)
『新橋 大勝軒』ラーメン大盛・トッピング(3) 他には、これまた大量の「刻みネギ」に、「味付玉子」「ナルト」「海苔」。
 とりわけ、トッピング類の中でも「味玉」(半分)は評判がイイようでして、『大勝軒』にありがちな「茹で玉子」ではなく、黄身がトロッとした「半熟状態」で提供されるのが、ウレシイ限り。
 でも・・・、スープの温度が高いためか、意外に早く「黄身が固まってしまう・・・」のが、チョッとした難点。

 「」は、「もりそば」で用いられるのと同じ、角型の太麺
『新橋 大勝軒』ラーメン大盛・太麺(1)  『新橋 大勝軒』ラーメン大盛・太麺(2)
 水で締めた「もりそば」ほどではありませんが、この麺の特徴的な「コシの強さ」は、健在。

 噛むと弾き返してくるような食感がある、この麺の「麺量」は、以下の通り。

『新橋 大勝軒』ラーメン麺量
並 150グラム
大 225グラム
特盛 300グラム

 “メタボ・ブログ的観点”からすると「大した量じゃネーな・・・」と言いたいトコロでございますがw 注意せねばならないのが、この麺の「食感」など。

 その麺は、“他店のラーメン基準”からすれば確実に「太い」ですし、また、コシの強い麺は「噛むのに苦労する」ってコトを、忘れちゃイケマセン。
 それにプラスして、この店恒例の「昼時の行列」。
 外に並ぶ大勢のお客さんに“無言のプレッシャー”を掛けられ、必死になってかき込むも、なかなか減らない麺量・・・・・・。

 しかも、この店は「並盛と大盛が同一価格」というサービスをしておりますから、意外に多くのお客さんが
麺大盛注文 ⇒ 撃沈
って“パターン”に陥りやすいんですよねぇ・・・・・・。

 まあ、多くの常連さんのように「麺を噛まずに、丸呑み」出来れば問題はないんだがw “上品に食べる食の細い方”などは、無理して大盛を頼まずに
並盛で様子見をするべき
でしょう。

 評判の「スープ」は、魚介豚骨
『新橋 大勝軒』ラーメン大盛・スープ(1)  『新橋 大勝軒』ラーメン大盛・スープ(2)
 細かい見方をすれば「“動物系”よりも“魚介系の方が強いスープ」なのですが、スープの温度を高くした際に起こりやすい「魚介のエグミ」もほとんど感じられませんし、また、多少なりとも弱いと思われる動物系のエキスも、ウマく、スープと一緒に加えられた「刻みチャーシュー」がカバーしてくれていると思います。

 サスガに、麺量を多くした際には「飽きてしまう・・・」コトも無きにしも非ずですが、そんな時には、『大勝軒』の“十八番”ともいえる「調味料類を駆使」すればイイでしょう。
『新橋 大勝軒』調味料類(1)  『新橋 大勝軒』調味料類(2)
 特に、多くの調味料類の中でも、右上の画像にある「かつお粉」は、多くのお客さんに利用されているようです。


 最後に、ワタクシが個人的によく注文する、「ラーメン&味付玉子」の、画像を貼付。

ラーメン麺大盛&味付玉子680円+100円
『新橋 大勝軒』ラーメン大盛&味付玉子(780円)
 意外にも「追加トッピング」を注文する方の多いこの店ですが、ワタクシが個人的に見て、それほどの「ブレを感じないトッピング」と言えば、この「味玉」(100円)でしょうか。
『新橋 大勝軒』味玉トッピング100円(1)  『新橋 大勝軒』味玉トッピング100円(2)
 味付も程よく、いつでも黄身が半熟状態のモノが、提供されております。

【関連記事】
『新橋 大勝軒』特製味噌もりそば・大盛
『新橋 大勝軒』味噌ラーメン・大盛

『五反田 大勝軒』ラーメン
『新橋 大勝軒』に近い、『五反田店』のラーメン
『神田 大勝軒』中華そば&温野菜
『新橋店』『五反田店』とは“系統”が異なる、『神田店』のラーメン(中華そば)の紹介記事です

新橋 大勝軒
『新橋 大勝軒』店舗画像(3)住所:東京都港区新橋3-23-1Box'R shinbashiビル1F地図リンク
電話:03-3436-2620
営業時間:11:30~22:00頃まで
⇒ただし、材料切れ終了
定休日:(原則)無休
上記「店舗情報」は、グルメサイト『食べログ』の「新橋 大勝軒」のページを、参考にしております

読まれた方はバナーのクリックをお願いします。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/332-91bae61a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。