メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 コチラでオープン日のラーメン画像(小650円)のみお伝えしました、『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』。
京成電鉄「千住大橋駅」改札口・画像(2009年4月)   『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』店舗画像(2009年4月)
 最寄り駅となるのは京成本線「千住大橋駅」、一つしかない改札口を出てスグ左側で、今年の4月19日から営業を開始しているお店でございます。

 ラーメンの実食レポートをお送りする前に、まずは、開店日前からこまめに情報を配信している、千住大橋店』のメールマガジン登録先を、紹介。

ラーメン二郎 千住大橋駅前店

 上記メルマガの登録先がリンク切れなどでアクセスできない場合は、メールマガジンの配信元であるメルモ』(トップページ)の方へ。
 ココの検索窓に「店名」を入力後、登録作業を行うようにしてください(無料)。


 さて、4月19日のオープン日以降も行列は途絶えていないようでして、頻繁に「材料切れ、終了」のメールが届く、『千住大橋店』。
『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』店舗画像(2009年3月撮影) 左側の画像は今年の3月に撮影したモノですが、基本的に、この店の行列並び)は、画像にあるような『ラーメン二郎』の看板の出ている「店の横」に作ります。
 店舗横の壁に沿うようなカタチで並び、それ以上に行列が伸びてしまったら、今度は「駅横の歩道」へと、列を伸ばしていくスタイル。

 今に、『小岩店』のようにカラーコーンや貼紙で、または、助手の方から「並び方の指示」が出されるようになるのでしょうが、『桜台』同様、この店は
電車の到着毎に行列が急激に伸びる
という“駅前二郎”でございますから、店側の方で目の届かない時には、客である“我々の側”で、気を配る必要があるでしょう。

ラーメン二郎 千住大橋駅前店メニューと価格
『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』メニューと値段(券売機画像・2009年)
小ラーメン 650円
小豚 750円
小ダブル 850円


大ラーメン750円
大豚 850円
大ダブル 950円

 ラーメンの値段は「小ラーメン650円~」。
 それに「麺大盛プラス100円」「豚増しプラス100円」という、今や“二郎標準”になったと言える、価格設定。

「何も知らずに『』を注文  撃沈
という、“新店恒例”のハートウォーミングな光景が、当たり前のように目撃されているようですのでw 初めての方は「『小』で様子見」するのが、吉。


小豚750円
『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』小豚ラーメン750円(2009年4月)2  『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』小豚ラーメン750円(2009年4月)3
 トッピングに関しては「ニンニク」と言った憶えこそございますが、それ以外は“店主判断”としか申し上げようがございませんw
 “『食の記録集』情報工作部隊”による他の画像も、全て似たり寄ったりでございましたからw しょーがネーので、この画像を貼付。

 “素人衆”に申し上げておきますと、
こんな画像はフツーありえない・・・
コトを、ご承知おきを。

 一つ気になったのは「野菜の茹で加減」。
 この日食べたモノは、茹で時間が相当に短い「シャキシャキタイプ」。
 ヤサイに関しては、まだまだ慣れていない「助手の熟練度」に負うトコロが多いのですが、ワタクシのような「クタクタヤサイに慣れている者」にとっては、その“攻略”にかなり苦労させられるモノでした。

 「」は“二郎標準”の、平打ち太麺。
『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』小豚ラーメン(2009年4月)平打ち麺1  『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』小豚ラーメン(2009年4月)平打ち麺2
 『小岩店』同様、何度も「茹で加減を確認」しておりますから、極端に柔らか過ぎるというコトもなければ、固過ぎるというコトもないハズ。

 トッピングの「」は、かなりの厚切り
『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』小豚ラーメン(2009年4月)チャーシュー1  『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』小豚ラーメン(2009年4月)チャーシュー2
 ワタクシが食べた時だけではなく、この店の煮豚はかなりの高確率で「厚切りの大盤振る舞い」で提供している模様。

 ただ、仕入れで左右されるコトの多い「肉質はカタイ時もある」もあるようですから、その点は注意をしていた方がイイでしょう。

 この日の「スープ」は、カネシ濃度が強い“非乳化タイプ”。
『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』小豚ラーメン(2009年4月)スープ1  『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』小豚ラーメン(2009年4月)スープ2
 どうも・・・
 このスープに関しては、まだ「“安定していない」らしいですね。
 つまりは、「カネシ、くっきり」の時もあれば、乳化が進み「多摩系統」の時もあるという。

 まあ、“この時のスープ”に関しては「午前10時30分の『三田』」。
 「これから『』と『背脂』投入でかなり脂っぽくナリマスヨ・・・」ってな具合w
 そうであれば、かなりの高確率で、「夜の部のスープは乳化傾向にある」と言えそうですね。

 おそらく“店主さん”は「非乳化二郎」を目指しているモノと思われますが、コチラで紹介した「『立川店』の例」もございますから、まあ、しばらくの間は“様子見”する必要があるでしょうね。

 スープ寸胴の「火力」をウマくコントロールできて、また、助手の方々が仕事に慣れて調理一本に集中できるようになれば、おそらくは
『小岩』系統の二郎
に近いモノが、完成すると思うのですが。


 『千住大橋店』の“方向性”を考える上での参考に、コチラで紹介した「2009年4月19日、オープン日のラーメン画像」の、“別バージョン”を。

小ラーメン650円

『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』小ラーメン650円(2009年4月19日)4
『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』小ラーメン650円(2009年4月19日)5    『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』小ラーメン650円(2009年4月19日)6
2009年4月19日


 果たして、『千住大橋』はどういった“二郎”を提供するようになるのか・・・、その“変化”に注目していきたいトコロです。


【関連記事】
『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』近日オープン
『ラーメン二郎』新店に関する、画像を交えた第一報
『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』4月19日オープン
開店日の正式決定告知と、日暮里駅からお店までのアクセスに、お店周辺の駐車場に関する情報なども
『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』小650円
4月19日の“支援画像”を掲載しております
『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』訪問記(2)
北千住駅からお店までのアクセス(徒歩)も紹介しております
『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』小ラーメン
 2010年4月、「営業時間の変更」などを含めたレポート

ラーメン二郎 千住大橋駅前店
住所:東京都足立区千住橋戸町10-8(地図リンク
『ラーメン二郎 千住大橋駅前店』営業時間と定休日(2009年4月撮影)営業時間:
・月曜日~金曜日
 昼の部:11:00~14:00
 夜の部:18:00~21:00
・土曜日
 11:00~15:00
定休日:日曜日・祝日
メルマガ登録先『メルモ』ラーメン二郎 千住大橋駅前店携帯電話のみ登録可能

読まれた方はバナーのクリックをお願いします。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/329-c3c0b1b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。