メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 東京駅の八重洲口には、キャラクターショップやお土産品などを扱う、東京駅一番街』(公式サイトがございます。
『東京駅一番街』(2009年撮影画像)1  『東京駅一番街』(2009年撮影画像)2
 その、人気店がひしめく地下1階に今年の6月、『東京ラーメンストリート』なる集合施設が開店。
 その一店舗として、当ブログでも何度もエントリを挙げております、六厘舎』(リンク先、当ブログ内の関連記事)が出店するそうなのです。

東京駅一番街における「東京ラーメンストリート」第Ⅰ期の開業について
http://jr-central.co.jp/news/release/nws000270.html

ニュースリリース - JR東海 Central Japan Railway Company via kwout

 JR東海東京駅の高架下に広がる商業施設「東京駅一番街」では、東京駅改良工事に併せて、店舗のリニューアル工事を行っています。
 昨年3月の「東京キャラクターストリート」、10月の「おみやげプラザ」に続き、東京駅の新名所、「東京ラーメンストリート」(第Ⅰ期)が開業します。
 ラーメンファンはもちろん近隣のオフィスワーカー、旅行客、さらには買物でお立寄りのご家族連れにもご利用頂けるストリートを作ります。
1.特徴
平成21年6月に第Ⅰ期として4店舗が開業
・第Ⅰ期では、「六厘舎TOKYO」を始め、駒沢の「塩専門 ひるがお」、高田馬場の「二代目 海老そば けいすけ」、「らーめん むつみ屋」といった、各種ラーメンランキングでも上位に位置する、今話題のラーメン店が東京駅に集合。
・なお、平成23年には更に4店舗を追加し、8店舗による、東京で話題の魅力的な店舗が集まったラーメンゾーンを形成する計画。
2.開業時期
平成21年6月中旬 
※開業日につきましては、改めてご案内します。
※他のゾーンについては、確定した段階で別途お知らせします。
※「東京駅一番街」全体のリニューアル工事は、平成23年度完了予定です。
『東京ラーメンストリート』(『東京駅一番街』地下1F)出店店舗1  『東京ラーメンストリート』(『東京駅一番街』地下1F)出店店舗2

 今年の6月に開業を予定している『東京ラーメンストリート』の最寄り駅は、言うまでもなく「東京駅」。
 その、東京駅から最も近いのは、「八重洲地下中央口改札」。
「東京駅」八重洲地下中央口改札(1)  「東京駅」八重洲地下中央口改札(2)
 この改札口は、多くの人にとっては「銀の鈴広場」と言った方が、分かる方も多いかもしれません(参考リンク:東京駅構内図)。

 この、「八重洲地下中央口改札」を出たら、右方向
 ちょうど、『リラックマストア』や『東京キャラクターストリート』とは逆方向の、通路へと向かいます。
『東京ラーメンストリート』(『東京駅一番街』地下1F)出店予定地1  『東京ラーメンストリート』(『東京駅一番街』地下1F)出店予定地2
 東京駅・八重洲地下改札口からは、約1分程度
 『八重洲地下街』の手前、高速バスの発着所方向に、『ラーメンストリート』の出店予定地(現在工事中)を、確認することが出来ます。

(参考リンク:「東京駅一番街・エリアマップ」←とても分かりやすく、『東京ラーメンストリート』の場所も記されております。)

『東京ラーメンストリート』(『東京駅一番街』地下1F)出店店舗3

 2009年6月中旬から営業を開始するのは、以下の4店舗(店舗の詳細は「リンク先」(PDFファイル注意へ)。

東京ラーメンストリート』出店店舗(2009年6月中旬
『東京ラーメンストリート』(『東京駅一番街』地下1F)出店店舗4

塩専門ひるがお

『東京ラーメンストリート』ひるがお(2009年6月開店)
『せたが屋』ブランドとして、現在までに13店舗を展開。塩ラーメン専門店『ひるがお』としては、駒沢・新宿御苑に次ぐ3店舗目。
大山鶏のガラ、利尻昆布、九十九里産煮干、ベトナム産の自然塩など天然素材のみで作ったスープは絶品。
『ひるがお』の塩らーめんは『ニューヨークマガジン』のベストオブニューヨークに選ばれました。


らーめん むつみ屋

『東京ラーメンストリート』むつみ屋(2009年6月開店)
東京駅一番街にリニューアルオープンする『らーめん むつみ屋』の直営店。1996年に北海道月形町で創業。全国60店舗を展開。
現在も水にこだわり、月形にあるスープ工房の職人が厳選素材をじっくり煮込んで作っている。出来立てのスープを瞬間冷凍し、店舗に直送することで味を守っている。
赤味噌らーめんと白味噌らーめんは、創業以来の人気メニュー。


二代目 海老そば けいすけ

『東京ラーメンストリート』二代目けいすけ(2009年6月開店)
フレンチ・和食の経験を活かして、斬新的なラーメンを創造。現在の『四代目けいすけ』まで、6店舗(期間限定店舗含む)を展開。
「海老」をテーマにする『二代目けいすけ』では、高田馬場に次ぐ2店舗目。
甘海老の頭と豚骨、鶏ガラなどでダシをとったスープは絶品。球体を斜めに切ったような器が特徴的で、女性にも人気。


六厘舎TOKYO

『東京ラーメンストリート』六厘舎TOKYO(2009年6月開店)
大崎本店に次ぎ初の出店。濃厚スープに極太麺というスタイルを築き上げ、つけめん界に大きな旋風を巻き起こす日本屈指の行列店。
豚骨、鶏ガラのうま味に対して煮干、鯖節など12時間以上も炊き込んだ超濃厚スープ。海苔の上のカツオ粉を溶かすと更に魚介が際立つ。食後に締めには柚子風味のスープ割であっさり。
通信販売の「お取り寄せつけめん」も一ヶ月待ちと非常に人気。


 6月に開業する上記4店舗に加え、『東京駅一番街』の工事が完成する平成23年までに、さらに4店舗開業するそうです。

 まあ、今回の4店舗を見ても利権組織
『ラーメン狂怪』会員店舗
寄り合い所帯ばかりですから、その後に決定する店舗も「似たり寄ったり・・・」であるコトは、疑う余地もないでしょうよw

 ワタクシ個人としては、こういった“集合施設”における

高い
量が少ない
本店よりも大幅に味が落ちる

といった“袋小路パターン”だけは、回避してくれることを願いたいモノ。

 今回の『ラーメンストリート』の開店情報などに関しては、今後、あらゆるメディアと『ラーメン狂怪』御用達ブロガーによる総力を挙げての
宣伝工作活動が大展開
されますのでw ソチラにご注目くださいませ。

【参考リンク】
『東京駅一番街』公式サイト

『東京駅一番街』に関して、最も詳しく正確な情報を配信するサイトです
『六厘舎TOKYO』、『東京駅一番街』に6月17日オープン
判明しました開店日営業時間・(一部)メニューと販売価格などを紹介しております

『六厘舎TOKYO』つけめん大盛950円
2009年6月17日、開店日に食べました「つけ麺の画像」と、大崎の『本店』と比較したメニューと値段の紹介などを
『六厘舎TOKYO』味玉つけめん
営業開始から3週間ほど経った時点での「行列情報」(待ち時間)についても
『六厘舎TOKYO』あつもり
麺が温かい状態で提供され、つけダレが冷めにくい、「あつもり」の注文方法を詳説
『六厘舎TOKYO』つけめん&メンマ
開店から3ヶ月以上経った時点での、「行列・待ち時間情報」をお伝えしております

『塩専門 ひるがお』塩らーめん・ひるがお盛り
『ひるがお』東京駅店の紹介記事です

読まれた方はバナーのクリックをお願いします。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/316-c6491309
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。