メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 京浜急行・平和島駅から徒歩5分ほどの、麺香房 暖々
『麺香房 暖々』店舗画像(2009年3月)
 この日、お店へと向かって歩いておりましたところ、丁度、『暖々』の店舗前にて“路駐のゲシュタポ”こと
『麺香房 暖々』駐車監視員(店舗前)
駐車監視員
が元気に活動中w
 まあ、『暖々』から1分ほど車を走らせれば「大森警察」があることを考えれば、当然といえば当然のコトなのですが、この日の“彼ら”は、非常に仕事熱心
 この時だけではなく、丁度、ワタクシが食事をしている間にも、お店の外へと再来襲w 
 すると、店内のカウンターで食べていた
5人中3人が慌てて外へ飛び出す
という有様でして・・・・・・。
 小規模のコインパーキングは散見される「平和島」ですが、“確実性”を求めるのであれば、『暖々』まで徒歩で12~13分かかりますが、コチラで紹介した『BIGFUN平和島しかないかもしれません。

 今回のエントリでは、久しぶりに食べました「油そば」を、「豚増し」(120円)にしてみたレポートです。

『麺香房 暖々』メニュー
ラーメン 600円
つけ麺 700円
『麺香房 暖々』券売機和風つけ麺 730円
油そば 700円
麺の大盛 100円(大盛券は4枚まで)
つけ麺で「あつもり」にしたい時は、「あつもりの面」を上にして下さい

豚 120円
味付けたまご 80円
温泉たまご 80円

ビール 500円
メンマ 100円


油そば豚増し700円+120円
『麺香房 暖々』油そば&豚増し(700円+120円)
 『暖々』で提供されている麺類メニューの中で、ラーメンよりも早く提供されることの多い、このメニュー。
 別皿にて「ラー油」もプラスされます。


 この日の「無料トッピング」は、ニンニクのみ。
『麺香房 暖々』油そば&豚増し、トッピング(1)  『麺香房 暖々』油そば&豚増し、トッピング(2)
 ニンニクは、ヤサイトッピングの“頂点”部分に。
 「ヤサイ」は“デフォルト”(ノーコール)でも1~2トング
『麺香房 暖々』油そば&豚増し、トッピング(3) 以前には頻繁に見られたような“凶暴な盛り”こそ影を潜めるようになりましたがw それでも、『二郎』における「ヤサイ増し・レベル」に匹敵するものがありますね。ドンブリ全体を“混ぜる”には、まずはこの大量なヤサイを“攻略”せねばなりません。
 なお、この「油そば」“専用のトッピング”は、左の画像にあるような「うずらの卵キクラゲ」となります。


 トッピングのヤサイをある程度食べた後は、ドンブリの底にある「アブラとカエシ」に絡めるように、全体を満遍なくかき混ぜます。
『麺香房 暖々』油そば&豚増し、麺(1)  『麺香房 暖々』油そば&豚増し、麺(2)
 画像は、『暖々』における特徴的な
 小麦の風味は強いですし、その、強いウェイブ(縮れ)のかかった麺は、ドンブリの中でも、また、口の中でも“大暴れ”するモノ。
 この日の“暴れっぷり”は凄まじく、おかげでドンブリ内の醤油タレが跳ね上がりまして、思いっきり
ワイシャツにシミ
を付けてくれましたよw


 遅い時間帯ですと売切れてしまうことの多い、「豚増し」は120円
『麺香房 暖々』油そば&豚増し、ブタ(1)  『麺香房 暖々』油そば&豚増し、ブタ(2)
 仕入れの状態にも左右されるのでしょうが、その「豚増し」で増えるのは2枚(2個)程度。
『麺香房 暖々』油そば&豚増し、ブタ(3) この日の「豚」は、その厚みこそ申し分のないモノでしたが、その食感は、目イッパイ“筋肉質”w
 こういった豚が提供された場合、少しでも食感を柔らかいモノとするために「スープに沈めて温める」ようにするのですが、残念ながら、この日注文したのは、温かいスープのない油そば」。

 もう、この時点で“泣き寝入り”するしかないワケですがw ソコは、この店での“食歴”がムダに長いワタクシ。
 こういった場合には
『麺香房 暖々』油そば&豚増し、ブタ(4)
豚のラー油漬け
にて、対処。

 思えば・・・
 昨今のような“アタリ豚”なんて概念が存在しなかった時代の、『麺香房 暖々』。
 今よりも客数は少なく、ゆっくりとしたペースで食べることの出来た、その時代。
 「ビール片手に豚をつまむ」──、そんな“時代”に編み出したのが、このテクニック。

 コレであれば、少々カタイ豚であっても、オイシク食べることが出来るワケです。


 「ラー油漬けにした豚」を、そのままドンブリに投入。
『麺香房 暖々』油そば&豚増し、ラー油投入(1)  『麺香房 暖々』油そば&豚増し、ラー油投入(2)
 こうすることで、多くの方が失敗していると思われる
ラー油の入れ過ぎ・・・
を防止することも可能でしょう。
 また、豚が転がるごとに「ドンブリ全体にラー油が“回る”」ワケですから、ラー油の辛さが容易に、ドンブリ全体へと拡がることになります。


 食べ終えたドンブリの底には、カエシとアブラが大量に。
『麺香房 暖々』油そば&豚増し、ドンブリ内のアブラ(1)  『麺香房 暖々』油そば&豚増し、ドンブリ内のアブラ(2)
 この日の「油そば」は、平素と比べて
ヘルシーな油そば
だと思っていたのですが、この「ドンブリの底画像」を見る限り、トンデモナイ
アブラ地獄
だったワケですナw

 もう、「スープ割り」など頼まずに、この日は“撤退”することにいたしましたよ。


【当ブログ内の関連記事】
麺香房 暖々
和風つけ麺」の紹介
『麺香房 暖々』油そば
『麺香房 暖々』ラーメン
『麺香房 暖々』油そば&温泉たまご
『麺香房 暖々』油そば&味玉
『麺香房 暖々』つけ麺大盛
『麺香房 暖々』ラーメン&メンマ
『麺香房 暖々』和風つけ麺
『麺香房 暖々』油そば&豚増し(2)
『麺香房 暖々』ラーメン(2)

麺香房 暖々
『暖々』住所・営業時間・定休日住所:東京都大田区大森東1-3-12(地図リンク
営業時間:
月~土曜日 11:15~24:00
日曜日 11:15~23:00
定休日:原則、無休(ただし、年末年始・お盆休みの他、臨時休業あり)

読まれた方はバナーのクリックをお願いします。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/299-6db3d133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。