メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 『品達』内の人気店の一つ、せたが屋』(品川店
『せたが屋』店舗画像(2009年)
 コチラで紹介いたしました「せたが屋らーめん」の“チェンジに続き、つけめんにおいても、“チェンジ”が適用されました。

CHANGEせたが屋

『せたが屋』品川店、

より美味しい「らーめん」を食べてもらいたい。
それはもはや“進化”では追いつかない。
『せたが屋』は今、“チェンジ”します。
 たれ、麺、スープトッピングをより美味しく、より『せたが屋』らしく、より「らーめん」らしく100%“チェンジ”しました。
 常連様にも初めてのお客様にも自信を持っておすすめします。
店主

 注文したのは、“トッピング全部のせ”メニューである「せたが屋つけ麺」を、「あつもり」で。
 麺量は、満腹必至とされる、「てんこ盛り」でございます。
『せたが屋』せたが屋つけめん(券売機ボタン)

『せたが屋』品川店・メニュー
麺類
『せたが屋』品川店、券売機画像(2009年2月)らーめん(濃厚和出汁醤油) 700円
のり玉らーめん 850円
せたが屋らーめん(全部入り) 1000円
らーめんの麺 大盛100円

つけ麺(300㌘) 750円
のり玉つけ麺 900円
つけ麺・てんこ盛り 900円
のり玉つけ麺・てんこ盛り 1050円
せたが屋つけ麺(全部入り) 1050円
せたが屋つけ麺・てんこ盛り(全部入り) 1200円

雲のらーめん(一日限定50食)850円

トッピング
四万十川あおさのり 100円
半熟味付玉子 100円

サイドメニュー
『せたが屋』黒豚ネギぎょうざ(商品看板)黒豚餃子(ネギ無し) 400円
黒豚ネギ餃子 500円
チャーシュー皿 400円
にく飯 350円
メンマ皿 200円
半ライス 100円
その他
瓶ビール 550円
自家製マンゴープリン 200円

 前回の「せたが屋らーめん“チェンジ”」の記事同様、今回の「つけめん」も、以前に紹介いたしました「せたが屋ひらつけめんと、比較していきたいと思います。

せたが屋つけ麺・てんこ盛り」“チェンジ”(1200円
『せたが屋』せたが屋つけめん・てんこ盛り“チェンジ”
『せたが屋』せたが屋ひらつけめん、てんこ盛り(以前の画像) 左側の画像が、以前の「せたが屋ひらつけめん」(てんこ盛り)の画像。
 上の現在の画像と比べてみますと、「ドンブリ」が変わり、また、トッピングの「海苔が麺の器の上」へと、載せられるようになってきていますネ。
 しかしながら、それ以上の“変化”を見せるのが、「」でしょう。

チェンジ1 麺

『せたが屋』せたが屋ひらつけめん・てんこ盛り、麺(以前の画像)1  『せたが屋』せたが屋ひらつけめん・てんこ盛り、麺(以前の画像)2

 今回の“チェンジ”により、つけめん用の「」は、角ばった「中太麺」へと、変更。
『せたが屋』せたが屋つけめん・てんこ盛り“チェンジ”、麺(1)  『せたが屋』せたが屋つけめん・てんこ盛り“チェンジ”、麺(2)
 その「麺量」については、特別にアナウンスがなされておりませんから、普通盛が300グラム、大盛が375グラム、そして、今回注文した「てんこ盛り450グラム」と考えて良いでしょう。
 そんな「変わった麺とつけダレの画像」を、以下に貼付。
『せたが屋』せたが屋つけめん・てんこ盛り“チェンジ”、つけダレと麺(1)  『せたが屋』せたが屋つけめん・てんこ盛り“チェンジ”、つけダレと麺(2)
 この麺を変更したことにより、取り立ててつけダレと麺の“絡み”がよくなったというコトはなく、せいぜい「小麦粉を変えたことにより、麺の風味が高まった」という程度でしょうか・・・・・・。
 ちなみに、今回注文したのは、麺を温かい状態で提供する「あつもり」。
『せたが屋』つけめん「あつもり」の案内掲示  『せたが屋』せたが屋つけめん・てんこ盛り“チェンジ”、麺(3)
 水で締めた通常の「つけめん」(冷もり)と異なり、「あつもり」の場合は「つけダレが冷めにくい」という“利点”があるのですが、『せたが屋』の場合「あつもり」にしますと、上の右側の画像のように「麺と麺がくっ付きやすくなってしまう・・・」というコトには、注意が必要です。

チェンジ2 トッピング

『せたが屋』せたが屋ひらつけめん・てんこ盛り、トッピング(以前の画像)1  『せたが屋』せたが屋ひらつけめん・てんこ盛り、トッピング(以前の画像)2

 つけめん類における“デフォルト”のトッピングは、刻みネギ・メンマ・チャーシュー・海苔。それらが“せたが屋”をメニュー名に冠した「全部のせ」になりますと、「それぞれが増量」され、かつ、「あおさ」と「味玉」がプラスされます。
 「メンマ」と「チャーシュー」は、以下の画像のモノに変更。
『せたが屋』せたが屋つけめん・てんこ盛り“チェンジ”、トッピング・メンマ  『せたが屋』せたが屋つけめん・てんこ盛り“チェンジ”、トッピング・チャーシュー
 メンマ、チャーシュー双方共に、巨大で肉厚。
 以前のトッピングでは、それぞれが短冊状に刻まれて「麺との絡みを考えたモノ」となっておりましたが、現在のトッピングでは、それぞれの「食べ応えを重視したモノ」にしているのでしょうか。
 その他、「四万十川あおさのり」と「半熟味付け玉子」は、以前と変わっておりません。
『せたが屋』せたが屋つけめん・てんこ盛り“チェンジ”、トッピング・四万十川あおさのり  『せたが屋』せたが屋つけめん・てんこ盛り“チェンジ”、トッピング・半熟味付け玉子

チェンジ3 つけダレ

『せたが屋』せたが屋ひらつけめん・てんこ盛り、つけダレ(以前の画像)1  『せたが屋』せたが屋ひらつけめん・てんこ盛り、つけダレ(以前の画像)2  『せたが屋』せたが屋ひらつけめん・てんこ盛り、スープ割り(以前の画像)

 以前の「つけダレ」と比べ、今のモノは「甘い・・・」と、感じる可能性が高いような気がします。
『せたが屋』せたが屋つけめん・てんこ盛り“チェンジ”、つけダレと麺(3)  『せたが屋』せたが屋つけめん・てんこ盛り“チェンジ”、つけダレと麺(4)  『せたが屋』せたが屋つけめん・てんこ盛り“チェンジ”、つけダレと麺(5)
 おそらく、その「甘さ」をもたらしているのは「ヤサイのエキス」なのでしょうが、以前のつけダレにみられた「キリリとした鰹と醤油の味」と比べますと、相当に面食らうハズ。
 その甘さも「スープ割り」をすることで“解消”されるでしょうが、そのスープ割りをしますと、今度は「魚介系」、とりわけ「煮干の風味が強くなる」ような気がします。
『せたが屋』せたが屋つけめん・てんこ盛り“チェンジ”、スープ割り(1)  『せたが屋』せたが屋つけめん・てんこ盛り“チェンジ”、スープ割り(2)

 今回の「CHANGEせたが屋」。
 その変更の“意図”は「時流に乗った話題づくり」なのか「売り上げダウンのテコ入れ」なのかは知る由もございませんがw 今のトコロ「『せたが屋』のホームページ」には、ドコがどのように“チェンジ”したのかという「説明は一切ナシ」の状態。
 まあ、いずれ「高級食材を使用、云々・・・」なんて説明がメディアを巻き込んで展開されるのが予想されるのですがw 一つハッキリしているコトと言えば、私が好んで食べていた、「平打ち麺」を使用した
せたが屋ひらつけめん、提供終了
というコトです。

【当ブログ内の関連記事】
『せたが屋』店舗案内
『せたが屋』ひらつけめん
『せたが屋』のり玉ひらつけ
『せたが屋』せたが屋ひらつけめん
『せたが屋』ひららーめん&にく飯
『せたが屋』雲のらーめん
『せたが屋』鶏ネギの柚ソバ(品達夏味)
『せたが屋』のり玉ひららーめん&黒豚ネギ餃子
『せたが屋』せたが屋らーめん全部のせ
『せたが屋』メニューと価格
2008年12月時点での、『せたが屋』(品達店)におけるレギュラーメニューと値段を、画像を交えて紹介
品達『せたが屋』雲の味噌ラーメン
『せたが屋』せたが屋らーめん“チェンジ”
⇒2009年2月、『せたが屋』(品川店)のラーメンが“モデルチェンジ”しました
『せたが屋』品川店、魚郎
『せたが屋』品川店、つけ麺(ひらつけ麺)
 2009年12月下旬頃より、つけめん用の麺が以前とは異なる「平打ち麺」に戻りました
『せたが屋』品川店、ひらつけ麺(2010年)
 2010年に入り、つけめん用の麺に2度目のモデルチェンジを施しました

『せたが屋』看板『せたが屋』品川店
住所:東京都港区高輪3-26-20
営業時間:11:00~23:00(日曜日は22:00まで)
定休日:元日を除き、(原則)無休
電話:03-3446-0831

読まれた方は『ブログ村』のバナーのクリックをお願いします。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/298-550f04a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。