メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 コチラのエントリで大崎広小路駅からのアクセスを紹介しました、『五反田TOCビル』の地下一階にございます、五反田 大勝軒
『五反田TOCビル』(東京卸売りセンター)画像2  『五反田 大勝軒』店舗画像(1)
 開店しましたのは、2008年の9月。
 ネット上では、以下のような記事が紹介されております。

 五反田TOCの地下1階に9月7日、「五反田大勝軒」(品川区西五反田7、TEL 03-6303-9623)がオープンし、連日にぎわっている。店舗面積は18坪、席数は30席。
 大勝軒は山岸一雄さんが、豊島区東池袋に創業したラーメン店。本店である東池袋店は、昨年3月に閉店したが、今年1月ファンからの再開の要望に応え、旧店舗から100メートル離れた場所で再開した。山岸さんはつけ麺を考案したことでも知られ、つけ麺を「もりそば」と称し豚骨鶏がら野菜スープに海鮮だしを加えた和風味が特徴。「のれん分け」の店舗が多くあり、店舗によってはその味を変える店もあるが、五反田大勝軒では山岸さんの味を守っているという。
~中略~
 メニューは、特製もりそば(小=680円、並=750円、大=750円、特盛=850円)とラーメン(並=680円、大=680円、特盛=780円)。チャーシュー、味玉、のり、メンマが追加される「全部のせ」はプラス200円。客単価は750円。

五反田 大勝軒メニュー
麺類
『五反田 大勝軒』券売機画像特製もりそば
 小 680円
 並 750円
 大盛 750円
 特盛 850円
ラーメン
 並 680円
 大盛 680円
 特盛 780円
「特製もりそば」「ラーメン」、共にトッピング全部のせはプラス200円

トッピング
チャーシュー 250円
味玉 100円
のり(5枚)100円
『五反田 大勝軒』メニュー表メンマ 100円
野菜のせ 100円

サイドメニュー&アルコール
チャーシュー丼 250円
ライス 150円
おつまみメンマ 200円
ビール(中瓶)500円
ウーロン茶 200円
オレンジジュース 200円


 お店へ着きましたら、まずは「券売機」で食券を購入。
 そして、店員の方の案内に従い、席へと座ることになります。
『五反田 大勝軒』テーブル上の調味料類 「座席数」は、4人がけのテーブル席が7つと、カウンターが2席の「30」。全営業時間を通して、かなりの高確率で「相席」となるコトが多いです。
 テーブル席は中央から二つに仕切られ、その場所に「水のポット」「割り箸・楊枝」「調味料類」などが置かれております。
 「一杯目の水」は、店員の方から提供。
 「調理時間」は、“タイミング”にもよるのでしょうが、おおよそ「7~10分」。

特製もりそば麺特盛850円
『五反田 大勝軒』特製もりそば、麺特盛(850円)
 「お盆」に載せて席まで運ばれます、特製もりそば。

 否が応でも“目立つ”のは、「つけダレ」でしょうか。
『五反田 大勝軒』特製もりそば麺特盛、つけダレ(1)
 「光の加減」にもよるのでしょうが、その「」に関しては、“大勝軒基準”としては「白っぽい」。
 そして、つけダレの表面に「液体アブラ」が覆っているのも、“特徴的”でしょう。

 「」は、“大勝軒基準”としては、かなりの「細め」。
『五反田 大勝軒』特製もりそば、麺特盛(麺量500グラム)
 その「麺の細さ」はつけダレの中に入れますと、ソレはあたかも「ラーメン」のように見えるほどです。
『五反田 大勝軒』特製もりそば麺特盛、つけダレと麺(1)  『五反田 大勝軒』特製もりそば麺特盛、つけダレと麺(2)
 「麺量」は、特盛で500グラム
 なお、『五反田 大勝軒』における「もりそばの麺量」は、「小200グラム」、「並300グラム」、「大盛400グラム」となっております。

 「トッピング」は、輪切りにされた「ネギ」、「ナルト」「海苔」「メンマ」、「チャーシュー」はドンブリ内に刻まれたモノも多数入っており、それに、半分に切り分けられた「味玉」も。
『五反田 大勝軒』特製もりそば麺特盛、トッピング類
『五反田 大勝軒』特製もりそば麺特盛、トッピング・チャーシュー     『五反田 大勝軒』特製もりそば麺特盛、トッピング・半熟味付け玉子
 “ロール状”に巻かれた「チャーシュー」を提供し、また、“デフォルト”で「半熟味付け玉子」がトッピングされるコトも、『大勝軒』では珍しいのではないでしょうか。

 ソレら以上に、特徴的なのは「つけダレ」。
 主にブタから出たと思われる「動物系エキス」がとても強く、また、ソレに伴って「アブラ濃度」も、高い。
『五反田 大勝軒』特製もりそば麺特盛、つけダレ(2)  『五反田 大勝軒』特製もりそば麺特盛、つけダレ(3)
 モチロン、『大勝軒』特有の甘ジョッパさを感じ取ることも出来ますが、“魚介系”の風味を欲する方は、卓上に常備された
かつお粉
『五反田 大勝軒』カツオ粉(卓上調味料)  『五反田 大勝軒』特製もりそば麺特盛、つけダレとカツオ粉
を、投入するとイイでしょう。

 店員の方に「スープ割り」を頼みますと、割りスープの入った「ポット」を、持って来てもらえます。
『五反田 大勝軒』特製もりそば麺特盛、スープ割り
 この割りスープ自体は、サバなどの“魚介系”が強いモノが提供されます。


 最後に、『五反田 大勝軒』の「営業時間」について。
 店内に掲示はございませんが、一応、閉店時刻の“目安”などを店員の方に確認してまいりましたので、以下の「データ」に反映させておきます。

五反田 大勝軒
『五反田 大勝軒』店舗画像(2)住所:東京都品川区西五反田7-22-17 TOC地下一階(アクセス地図リンク
営業時間:11:30~19:30(ただし、スープ切れ終了
定休日:不定休
電話:03-6303-9623


【関連記事】
『五反田 大勝軒』道案内
 東急池上線「大崎広小路駅からのアクセス」と、駐車場や五反田駅からの送迎バスなどの情報も
『五反田 大勝軒』ラーメン
 「ラーメン」の実食レポートの他、3月下旬頃からの「メニュー変更」(新メニュー)についても言及しております
『五反田 大勝軒』特製味噌もりそば
 2009年3月から始まった、新メニューの一つです
『五反田 大勝軒』味噌ラーメン
『五反田大勝軒』開店1周年のお知らせと、味噌ラーメンの実食レポートです
『五反田 大勝軒』特製もりそば・全部のせ&チャーシュー丼
 お得な「トッピング全部のせ」(200円)を解説しています
『五反田 大勝軒』油そば
 2010年3月に食べました、新メニューの「油そば」(汁なしラーメン)の紹介エントリです

『五反田 大勝軒』海老チャーハン
 ⇒2011年4月下旬より、『五反田 大勝軒』の提供メニューが大幅増しました


『新橋 大勝軒』特製もりそば・特盛
 2009年1月に開店した、『五反田 大勝軒』と“同系列”の店の、特製もりそばの紹介記事
『神田 大勝軒』特製もりそば&味玉
 「東池袋大勝軒」とは“系統”が異なる、『神田 大勝軒』の「特製もりそば」
『池袋大勝軒 もりそば』byカネジン
 スーパーで購入可能な「チルド食品」の紹介

読まれた方はバナーのクリックをお願いします。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/294-43943d91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。