メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 関東と四国でチェーン展開をする、コンビニエンスストアのスリーエフ(公式サイト)
『スリーエフ』店舗画像
 ソチラで、何やら興味を惹かれるイベントが開催されておりますよ。

なんつッ亭再来!

今年は「黒」と「白」で勝負!
スリーエフ・ミニストップ 人気ラーメン店「なんつッ亭」競宴企画第4弾 2月10日(火)スタート
◇企画概要
○今回の特徴
今回は、なんつッ亭のイメージカラーである黒マー油の「黒」、とんこつの「白」をテーマに商品を展開いたします。
○展 開 日
2月10日(火)より順次発売
○発売商品
合計 41アイテム
○チェーン独自開発商品
スリーエフ 18アイテム (四国は14アイテム)
ミニストップ 17アイテム

 『スリーエフ』と『ミニストップ』で開発された、黒マー油の「黒」と豚骨スープの「白」をテーマに販売している商品は、計41品。
 その内の弁当(調理麺)やデザートのいくつかを、お持ち帰りして食べてみましたよ。

白いなんつッ亭まぜまぜ焼きそば
なんつッ亭『まぜまぜ焼そば』パッケージ画像(1) なんつッ亭『まぜまぜ焼そば』パッケージ画像(2)
鶏油・白湯スープ・塩ダレで炒め、ニンニクを加えて混ぜた塩豚骨味の焼そばです。
430円 501kcal

 個人的に、販売されていた商品群で最も“期待感”が高かったのが、コレ。
 豚骨スープの「白」をイメージしたというコトで、味付けは「塩豚骨味」。
なんつッ亭『まぜまぜ焼そば』商品画像(1)  なんつッ亭『まぜまぜ焼そば』商品画像(2)  なんつッ亭『まぜまぜ焼そば』商品画像(3)
 「」は、取り立てて特徴のない“焼きそば麺”。
 「トッピング」は、モヤシにキャベツ、ナルトにネギ、短冊状に刻まれたチャーシュー。
 “特徴的”なのは、その「味付けの濃さ」。
 いわゆる“コンビニ弁当”といった場合、「一口目の美味しさ」を強調せんがためにやたらと濃い、分かりやすい味付けを施すモノですがw この商品は、そんなレベルを遥かに凌駕する特濃な味付け
なんつッ亭『まぜまぜ焼そば』商品画像(4) コレほどまでに「ニンニクとポークエキスの強い味付け」って、ワタクシにとっては初めての経験。
 ソレを中和すべく、右側の画像のように「セロファンで仕切ったネギが別添え」されてはいるのですが、コレを「一緒にレンジで温めてしまう・・・」モノですから・・・、まあ、ある種“形容しがたい味”になってしまっておりましたよ。

 完全に、若者と肉体労働者向けの商品でしょう。

黒いなんつッ亭和風豚骨つけ麺
なんつッ亭『和風豚骨つけめん』商品画像(1)  なんつッ亭『和風豚骨つけめん』商品画像(2)
豚骨ベースにマー油を効かせたスープが特徴のつけ麺です。
398円 402kcal

 昨年に続き、2年連続で発売されているという、この商品。
なんつッ亭『和風豚骨つけめん』商品画像(3)  なんつッ亭『和風豚骨つけめん』商品画像(4)  なんつッ亭『和風豚骨つけめん』商品画像(5)
 麺やスープに特徴的なトコはございませんがw 『なんつッ亭』店舗で提供されているモノと同じような「スープの再現度」は、お見事。
 ただ・・・、コレは「レンジ調理品」。
 「私、コンビニの上のマンションに住んでます」って人でなければ、つけダレも麺も冷めた状態で食べるコトは必至ですので、その点はご注意を。

黒と白のなんつッ亭黒マー油&白豚骨炒飯

なんつッ亭『黒マー油&白豚骨チャーハン』商品画像(1) なんつッ亭『黒マー油&白豚骨チャーハン』商品画像(2) なんつッ亭『黒マー油&白豚骨チャーハン』商品画像(3)
マー油を入れた黒い炒飯と豚骨風味の白い炒飯の2種類の炒飯を盛付けました。
498円 722kcal

 “見た目”の大変オモシロイ、この商品。
 脂っぽくてニンニクが強いのを除けば、それなりに“食べられる”モノですが、チョッと、この量にしては値段が「高いなぁ・・・」というのが、正直な感想。

黒いなんつッ亭黒ごまプリン
なんつッ亭『黒ごまプリン』商品画像(1)  なんつッ亭『黒ごまプリン』商品画像(2)  なんつッ亭『黒ごまプリン』商品画像(3)
なめらかな食感の黒ごまプリンに生クリームをたっぷり絞り、黒ごまソースをかけて仕上げました。
200円 288kcal

 “コンビニ・スイーツ(笑)”特有の味の輪郭がぼやけた商品。
 「クリームがなければ食べやすい」ように思えるのですが、ソレ以上に
何でコレが『なんつッ亭』なの?
という疑問が、激しく脳内で渦巻きましたw

白いなんつッ亭フルーツ杏仁

なんつッ亭『フルーツ杏仁』商品画像(1)  なんつッ亭『フルーツ杏仁』商品画像(2)  なんつッ亭『フルーツ杏仁』商品画像(3)
なめらかな舌触りのフルーツ杏仁豆腐です。さっぱりと食べれる一品です。
200円 184kcal

 固くもなくトロトロでもない“標準食感”の杏仁豆腐に、桃(黄桃)、キウイ、さくらんぼをトッピングした商品。
 皆さんの“ツッコミ”を代弁するのであれば
“白黒ショー”かよ!?
ってトコでしょうかw


 さて、今回の
『なんつッ亭』イメージ商法
に多大なる“援護射撃”を行ったエントリではございましたがw ネタのないブロガーの皆さん。
 まだまだ“空き家”は存在します。
『なんつッ亭』スリーエフ&ミニストップ共同開発商品(カップ麺) 上掲添付画像のような「『ミニストップ』開発商品」もあれば、左側の画像にあるように、「黒いなんつッ亭『黒マー油とんこつ』268円」や「白いなんつッ亭『まぜそば』とんこつ&黄金色のマー油(218円)」といったインスタント・カップ麺商品も、『スリーエフ』と『ミニストップ』各店舗で販売中。
 “小出し”に実食レポートを行えば、おそらくは「エントリ10回分のネタ確保」が、可能w


 ソレよりも・・・
 ワタクシなどは『なんつッ亭』の“戦略”に対して免疫があるからイイのですが、ソレを知らない一人の女性が、今回のキャンペーンパネルを指差しながら、
アレって、何ですか!?
と聞いてきました。

 ワタクシ、こう答えました。





『なんつッ亭』スリーエフ&ミニストップ、キャンペーンパネル

「コンビニの“防犯対策”ダロ!?」


読まれた方、バナーのクリックをよろしく。にほんブログ村 グルメブログ デパ地下・コンビニへ

なんつッ亭「でっかい焼プリン」byスリーエフ
 2010年度のキャンペーン商品の紹介記事です
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/284-89a41ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。