メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨年の6月に「塩つけ麺」のエントリを挙げて以来、当ブログでは2度目の紹介となります。
 東京のド真ん中、千代田区神田にございます神田 大勝軒

 最寄り駅となるのは、JR神田駅東口
『神田 大勝軒』へのアクセス1(JR神田駅東口)  『神田 大勝軒』へのアクセス2(JR神田駅東口・駅前横断歩道)
『神田 大勝軒』へのアクセス3(「神田一番街」右折ヶ所) 東口を出ましたら、駅前の横断歩道を直進
 信号を渡り終えましたら、少し右に回り込むようにして、飲食店が多数営業しております「神田一番街」へ。
 その、「神田一番街」にあるドラッグストアとお蕎麦屋さんの間にある、路地を右折
 右折してから数十秒で・・・、目的地の『神田 大勝軒』に到着可能。駅からの所要時間は、大体「2~3分」でしょう。
『神田 大勝軒』店舗画像(2009年)   『神田 大勝軒』案内看板(神田駅東口)
 今回食べましたのは、「特製もりそば」と「味付玉子」、通称“もり味玉”。
 それと、当エントリの最後では「営業時間の変更」についても、お知らせしておきましょう。

神田大勝軒『神田 大勝軒』券売機メニュー
・麺類
特製もりそば 680円
もり味玉 780円
もりメンマ 880円
もりチャーシュー 980円
中華そば 680円
味玉ラーメン 780円
メンマラーメン 880円
チャーシューメン 980円
味噌つけめん 800円
味噌つけ味玉 900円
『神田 大勝軒』メニュー看板味噌つけメンマ 1000円
味噌つけチャーシュー 1100円
塩つけめん 730円
塩つけ味玉 830円
塩つけメンマ 930円
塩つけチャーシュー 1030円

・トッピング、おつまみ
味付玉子 100円
ゆで玉子 50円
生玉子 50円
味付温泉玉子 100円
ネギ(味付) 150円
メンマ 200円
『神田 大勝軒』メニュー2チャーシュー 300円
温野菜 100円
おつまみ 350円(問屋価格)
辛みそ 20円
・お飲みもの
瓶ビール 500円
生ビール 390円

 上に添付いたしました「券売機画像」は、以前の「塩つけめん」のエントリ時と、同じモノ。その6月当時と変わらず、『神田大勝軒』は値上げせずに営業しております。
 販売しているメニュー自体に大きな変更はないようですから、画像は“使い回し”させてイタダキマス。

 この店の看板メニューと言える「もりそば」(つけめん)で注意せねばならないのが、麺量
 ソレについてまとめると、以下の通り。

・当店は「自家製麺」のため、茹で時間が6~8分と長めとなっております
・また麺は通常で300グラム(他店の2倍~2,5倍)となっておりますので、各種少なめはスタッフにお申しつけください
「少なめ」のお客様は「ゆで玉子またはメンマ増量」サービス

『神田 大勝軒』つけめんの麺量と注意点

麺量
普通盛 300グラム
中盛 450グラム(+60円)
大盛 600グラム(+120円)
特盛 900グラム(+240円)
『神田 大勝軒』メニュー2

特製もりそば・中盛味付け玉子840円
『神田 大勝軒』もり味玉・中盛(840円)
 「つけダレ」は、『大勝軒』お馴染みの酸味の効いた甘じょっぱい味
『神田 大勝軒』もり味玉、つけダレ  『神田 大勝軒』もり味玉、トッピング類
 なみなみと注がれたつけダレの器の中には、「トッピング」として、ナルト・刻みネギ・メンマ・海苔・チャーシュー・ゆで玉子(半玉)。
 つけダレの量がとても多いために沈んで見えないのですが、チャーシューは全部で2枚、メンマは、画像に写っているモノの倍以上、入っております。

 「」は中盛450グラム
『神田 大勝軒』もり味玉・麺中盛(450g)1  『神田 大勝軒』もり味玉・麺中盛(450g)2
 その形状は、太麺ストレート
『神田 大勝軒』もり味玉、つけダレと麺(1)  『神田 大勝軒』もり味玉、つけダレと麺(2)
 麺に縮れはなく、また、その表面はツルツル。それでいて、つけダレに粘度もございませんから、正直申し上げまして、つけダレと麺の“絡み”は、あまりよくありません。
 しかしながら「『大勝軒』のもりそば」の場合、そういった“現代のつけめん基準”で評価するべきではなく、如何に「スルスルと胃袋に収まるか」を、“基準”にするべき。

 そのポイントはしっかりと、捉えられた「もりそば」であると、言えると思います。

 今回追加トッピングで頼みましたのは、「味付玉子」。
『神田 大勝軒』もり味玉、味付け玉子(1)  『神田 大勝軒』もり味玉、味付け玉子(2)
 「チョッと漬け込み時間が長いかな・・・?」と思えるくらい味付けの濃さが気にはなりますが、その半熟具合は、理想的なモノですね。

 つけめん(もりそば)の最後のお楽しみは、「スープ割り」。
 アツアツの中華そば(ラーメン)用のスープが、器にタップリと注ぎ込まれます。
『神田 大勝軒』もり味玉、スープ割り(1)  『神田 大勝軒』もり味玉、スープ割り(2)
 この店の「もりそば」は「酸味が強い・・・」との指摘が多いのですが、確かに、ソレは言えるでしょう。逆から言えば「スープのダシが弱い」、というコト。

 それでも、『大勝軒』としての“再現度”は高いと思われますし、また、ダシについてもそれなりに「強くなって来ている」と、“進歩の跡”も十分に感じられると思います。

 「立地条件と接客」、それに「値段」を考えれば、十分に通う価値のある店であるというのが、ワタクシのこの店に対する評価です。


 最後に、「営業時間の変更」について。
『神田 大勝軒』土曜・祝祭日の営業時間延長のお知らせ 「2009年1月」より、この『神田 大勝軒』の「土曜・祝祭日の営業時間が変更」となっております。
 新しい営業時間は
11:00~16:00まで
延長

 以下に、その「営業情報」をまとめておきます。

神田 大勝軒
『神田 大勝軒』アクセス地図住所:東京都千代田区神田鍛冶町2-9-18 神田ビル(地図リンク
電話:03-5294-7044
営業時間:
・月曜~金曜日 11:00~21:00
・土曜・祝日 11:00~16:00
(ただし、麺・スープなくなり次第、終了)
定休日:日曜日

読まれた方はバナーのクリックをお願いします。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

【大勝軒関連記事】
『神田 大勝軒』塩つけめん
『神田 大勝軒』中華そば&温野菜
『神田 大勝軒』特製もりそば・中盛
 2010年4月、店内リニューアル後のレポートです

『五反田 大勝軒』特製もりそば・特盛
『新橋 大勝軒』特製もりそば・特盛
『池袋大勝軒もりそば』byカネジン
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/268-5923bf34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。