メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 首都圏を中心に店舗数を広げる『せたが屋』グループ。その中の一店舗が、自由が丘にございます豚骨世界 大大(『せたが屋』店舗検索)

 最寄り駅となるのは、東急線の自由が丘駅の南口
『豚骨世界 大大』アクセス(東急線「自由が丘駅」南口)
 南口からほぼ正面、赤い矢印で示しました「マリクレール通り」を、まずは直進
『豚骨世界 大大』アクセス(マリクレール通り)1 『豚骨世界 大大』アクセス(マリクレール通り)2 『豚骨世界 大大』アクセス(『無印良品』店舗前)
 「マリクレール通り」から、『無印良品』の店舗前へ。
 ココにも赤い矢印を示しておきましたが、お店の右側の路地へ。
『豚骨世界 大大』アクセス(『無印良品』右横の路地)  『豚骨世界 大大』アクセス(『無印良品』店舗裏手)
 『無印良品』の店舗横の路地から左折、丁度、『無印良品』の裏側に当たる場所。

 自由が丘駅南口から、徒歩3分
 赤い矢印で示しました、『豚骨世界 大大』へ到着です。
『豚骨世界 大大』店舗画像(『無印良品』店舗裏手)
 今回は「肉盛つけ麺・大盛」の、実食レポートです。

『豚骨世界 大大』メニュー
『豚骨世界 大大』券売機画像麺類
らーめん 700円
焼豚めん 900円
全部入りらーめん(チャーシュー多目・味玉・のり増し)1000円
黒マー油らーめん 700円
黒マー油焼豚めん 900円
全部入り黒らーめん(チャーシュー多目・味玉・のり増し)1000円
替え玉 130円

『豚骨世界 大大』写真入メニュー画像つけめん(250㌘)750円
つけめん大盛(400㌘)850円
肉盛つけめん 1000円
肉盛つけめん大盛 1100円

味噌らーめん 850円


トッピング&サイドメニュー
つけめん用温玉 100円
のり増し 100円
もやし 100円
『豚骨世界 大大』メニュー表濃口玉子 100円
ネギ増し 100円

半ライス 100円
そば屋のカレー(小)200円
そば屋のカレー 300円

生ビール(中ジョッキ) 400円
マンゴープリン 200円

 5月にエントリを挙げました「店舗案内」の時から、ラーメン類の値上げは行われていない模様です。

肉盛つけめん大盛1100円
『豚骨世界 大大』肉盛つけ麺・大盛(1100円)
『豚骨世界 大大』肉盛つけ麺の提供時間 このメニューを注文した場合の注意点としては、「提供時間が長い」というコト。
 この店では、使用している麺の太さ茹で時間)から、「ラーメン味噌ラーメンつけ麺」という順番で提供されるのですが、今回注文しました「肉盛つけ麺」の場合、麺の茹で時間が長いばかりでなく「肉を焼く時間」もかかりますから、ランチタイムなどの混雑する時間帯では、少々待たされるコトになります。

 つけ麺の麺量は、並盛300グラム。今回のように大盛にした場合は400グラムとなっております。
『豚骨世界 大大』肉盛つけ麺、麺大盛1 『豚骨世界 大大』肉盛つけ麺、麺大盛2
 の形状は縮れがほとんどないストレートで、太麺
 茹で加減は「カタメ・普通・柔らかめ」などと“指定”することが可能でして、「カタメ」で注文するとアルデンテのパスタのような食感となります。
 また、この麺は一本一本が「長い」のが特徴です。

 豚骨がベースになった、濃厚なつけダレ
『豚骨世界 大大』肉盛つけ麺、つけダレ
 このつけダレ、以前提供していたモノとは、大きく変化しましたね。
 このつけダレに麺を絡ませて食べるワケですが・・・
『豚骨世界 大大』肉盛つけ麺、つけダレと麺1 『豚骨世界 大大』肉盛つけ麺、つけダレと麺2
 麺の表面はツルツルしておりますし、ウェイブもあまり強くないことから、残念なことに、つけダレと麺の絡みがあまりよくないコトが、欠点と言えば欠点ですね。
 それと、一本一本の麺がとても長いことから、食べる(啜る)のにも相当に苦労させられます。

 それよりも、このメニューの“ウリ”であるのが、大量にトッピングされた生姜焼き
『豚骨世界 大大』肉盛つけ麺、トッピング1
『豚骨世界 大大』肉盛つけ麺、トッピング2     『豚骨世界 大大』肉盛つけ麺、トッピング3
 注文を受けてから「網焼き」をするこの肉は、肉質・味付け・焼き加減ともに絶品。
 “個人的”なコトを言わせてもらえば、この肉を「つけ麺」ではなく、キャベツを添えた「生姜焼きライス」として食べたいほど。

 『ラーメン店』という看板をかなぐり捨ててソコまでやってくれましたならば・・・、万難排して
毎日だって通う
つもりでございますよw

 つけ麺の最後は「スープ割り」。
『豚骨世界 大大』肉盛つけ麺、スープ割り1 『豚骨世界 大大』肉盛つけ麺、スープ割り2
 粘度の高い、この店自慢の「豚骨スープ」が、注ぎ足されることになります。
 “光の加減”もございますが、以前と比べて「ピリ辛のつけダレ」になったことも、推測されるでしょう。


 ところで、今回紹介いたしました「つけめん」。
 “以前”、この店で食べたモノと比べて、いくつかの点で“変化”したコトが分かります。
『豚骨世界 大大』以前のつけ麺  『豚骨世界 大大』肉盛つけ麺・大盛(1100円)
 左側の画像が、以前にこの店で注文しました「つけ麺大盛」(850円)。
 今回食べましたつけ麺の画像と比べますと、盛り付けなど、何点かの“相違”が見出せますが、一番の大きな違いは「つけダレの変化」でしょう。
『豚骨世界 大大』味噌ラーメン(850円) 『豚骨世界 大大』開店当初、この店のつけ麺は「黒スタミナ豚つけめん」と称していたように、つけ麺のつけダレには「黒マー油」を浮かべていたのですが、今回食べましたつけ麺には、その“形跡”すらございません。
 そのつけダレはむしろ、右側に添付しました「『味噌ラーメン』のモノ」に近くなっておりました。

 エビの風味が強く、また、ピリ辛の要素が強くなったこのつけダレが今後も続くのかは分かりませんが、今回訪れました『豚骨世界 大大』が変わりつつあるのは、確かに感じ取るコトが出来ました。

【関連記事】
『豚骨世界 大大』@自由が丘
 全部入りラーメン」のレポと、お店の総合案内
自由が丘『豚骨世界 大大』味噌ラーメン・二刀麺
 太さの異なる2種類の麺を使用した「味噌ラーメン」と、お店まで徒歩5分ほどの「東急目黒線・奥沢駅からのアクセス方法」についても詳説
自由が丘『豚骨世界 大大』つけめん大盛
 2010年6月、つけ麺のレポートです

豚骨世界 大大
『豚骨世界 大大』店舗画像(2009年)住所:東京都世田谷区奥沢5-26-4(アクセスマップ
電話:03-5701-8801
営業時間:
昼 11:30~16:00
夜 17:30~24:00
土日祝日 11:30~24:00
定休日:木曜日(木曜祝日の場合、水曜日休み)

読まれた方はバナーのクリックをお願いします。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/258-9d110479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。