メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 京浜急行の平和島駅から、第一京浜を蒲田・川崎方向へ徒歩5分ほどの場所で営業しております、麺香房 暖々
『麺香房 暖々』店舗画像(夜)
 夜の遅い時間帯に訪問したのですが、それでも、店内はカウンター席も待ち席も全て埋まっているという“大盛況”の状態でありました。

 コチラでエントリを挙げました「『暖々』の年末年始の営業情報」から判断して、私にとっては今回の訪問が年内最後の実食レポとなるこの日、今や『麺香房 暖々』の“看板メニュー”と呼んでも過言ではない油そばと、有料のトッピングとして味玉(正式名称:味付けたまご)を注文してみました。

メニュー
らーめん 600円
つけ麺 700円
『麺香房 暖々』券売機和風つけ麺 730円
油そば 700円
麺の大盛 100円(大盛券は4枚まで)
つけ麺で「あつもり」にしたい時は、あつもりの面を上にして下さい

豚 120円
味付けたまご 80円
温泉たまご 80円

びーる 500円
めんま 100円

 メニュー内容に変更はございませんでしたが、券売機が新品のモノへと変わっておりましたネ。
 券売機の下段2列が“空白”になっておりますが、まさか、これ以上メニューは増えない(増やせない)と思うのですが・・・・・・。

油そば味玉(700円+80円)

『麺香房 暖々』油そば&味玉(780円)1
 「何か~?」と、蚊の鳴くような声w で聞かれましたトッピング(無料)は、「野菜普通・ニンニク・アブラ」です。

油そばヤサイ普通ニンニク
『麺香房 暖々』油そば&味玉、野菜ニンニク脂(1)  『麺香房 暖々』油そば&味玉、野菜ニンニク脂(2)
 油そばの場合「野菜少な目がおススメ」とのコトですが、あまりにも店主様が悲しそうな目をしますので、ついつい「野菜フツー」と言い換えてしまいましたがw まあ、今宵は“常識の範囲”で盛られましたのでヨシとしましょう。
 しかし、脂トッピングに“手抜かり”はございませんでしたよw
『麺香房 暖々』油そば&味玉、アブラトッピング
 オレ様の脳内に搭載された「早死警報機」が、けたたましくサイレンを鳴らし続けているのが聞こえた、この日の脂トッピング
 ザルの上で背脂をゴリゴリと濾すのが、この店のアブラトッピングなのですが、実はこのやり方、今まで自分は「ラーメン用」だとばかり認識しておりました。と言うのも、以前に「油そば」を注文した時には、「背脂のカタマリを載せる」というスタイルでしたから。

 今回の脂トッピングのスタイル。
 コレが“誤作動”なのかは、チョッと判断しかねますね。

 「」は“堀切系”のボキボキ麺。
『麺香房 暖々』油そば&味玉、麺(1)  『麺香房 暖々』油そば&味玉、麺(2)
 口の中で暴れまわるウェイブ(縮れ)の形状も面白いですし、それなりに小麦の風味も楽しめる麺ですね。

 油そば用のトッピングは、ウズラの卵キクラゲ
『麺香房 暖々』油そば&味玉、うずらの卵とキクラゲ
 大量の背油がドンブリ全体を支配していたため、キクラゲの存在には、食べている間は全く気付きませんでしたよw

 「チャーシュー」は、標準で2枚。
『麺香房 暖々』油そば&味玉、チャーシュー(1)  『麺香房 暖々』油そば&味玉、チャーシュー(2)
 この日は、半分が脂身で肉質も固いモノでしたが、厚みがあって、とても大きい部分を提供していただきました。

 この日の有料トッピングは、「味付けたまご」。
味玉80円
『麺香房 暖々』油そば&味玉、味付けたまご(1)
 この日の味玉の“出来”は、以下のようなカンジ。
『麺香房 暖々』油そば&味玉、味付けたまご(2)

『麺香房 暖々』油そば&味玉、味付けたまご(3) 『麺香房 暖々』油そば&味玉、味付けたまご(4)
 「80円」という値段とは思えないような、優秀な味付けたまごですね。
 ただ、コレを「ラーメン」にトッピングした場合は、スープの熱で黄身が固まりやすいので、少々注意が必要。

 油そばの“後半戦”。
『麺香房 暖々』油そば&味玉(780円)2  『麺香房 暖々』油そば用「ラー油」
 ココで“スパート”をかけるためにラー油を投入です。
『麺香房 暖々』油そば&味玉、ラー油(1)  『麺香房 暖々』油そば&味玉、ラー油(2)
 たとえ少量であっても、ドンブリ全体の味を変えてしまうほどに、強いラー油ですね。

 食べ終えたドンブリの底を見ると・・・、そこには大量の「背油」。
『麺香房 暖々』油そば&味玉、丼内の背脂(1)  『麺香房 暖々』油そば&味玉、丼内の背脂(2)
 やはり・・・
脂トッピングは控えめにした方がイイ
かもしれませんナw


 最後に、『暖々』店内に掲示された、新しい注意事項(アドバイス)。

油そば 食べ方 色々
1、ラー油を入れずにそのまま食べてみる
2、ラー油を入れずに、ラー油につけながら食べてみる
3、スッキリとした辛さが好みの方はラー油の代わりに一味唐辛子を入れて食べて下さい
油そばは、「野菜少なめ」がおすすめです
野菜を増やしたり、野菜と麺をまぜすぎると、野菜から水分が大量に出てくる為、タレが薄くなってしまいます
味を濃いめにされたい方は、卓上の醤油を入れて下さい
『麺香房 暖々』油そばの食べ方と野菜多目に対する注意事項(掲示)
一言アドバイス
野菜を増やしすぎると、どうしても野菜から水分が大量に出てくる為スープが薄くなってしまい全体的なバランスもかなり悪くなってしまいます。
量をたくさん食べたい方は、麺の大盛をおすすめします。
ちなみに、大盛券は四枚迄増やす事ができます。

 完全無欠のピンボケ画像で申し訳ないがw 下段部分の『一言アドバイス』って、冷やかし気分で野菜多目を頼んで撃沈&逃亡を図る客への“牽制”としか読み取れませんな・・・・・・。

 くれぐれも「無料トッピングは、自分が食べられる範囲で」ってコトを、忘れちゃイカンでしょうネ。

【当ブログ内の関連記事】
麺香房 暖々
和風つけ麺」の紹介
『麺香房 暖々』油そば
『麺香房 暖々』ラーメン
『麺香房 暖々』油そば&温泉たまご
『麺香房 暖々』つけ麺大盛
『麺香房 暖々』ラーメン&メンマ
『麺香房 暖々』油そば&豚増し
『麺香房 暖々』和風つけ麺
『麺香房 暖々』油そば&豚増し(2)
『麺香房 暖々』ラーメン(2)

『暖々』営業時間麺香房 暖々
住所:東京都大田区大森東1-3-12
営業時間:
月~土曜日 11:15~24:00
日曜日 11:15~23:00
定休日:原則、無休(ただし、年末年始・お盆休みの他、臨時休業あり)

読まれた方はバナーをクリックして下さい。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/250-cff7b763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。