メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 コンビニエンスストアの『ファミリーマート』にて。
『ファミリーマート』    不二家『Milky』シュークリーム&ワッフル
 コンビニ・デザート売り場で『不二家のペコちゃん』に出会ってしまいました。

 そんな“コンビニ・スイーツ(笑)”を紹介する前に、当ブログの恒例行事、「カップ麺の紹介」ですw

 日清食品は、ノンフライどんぶり型カップめん「日清まぜそば キムチ&マヨネーズ」を2008年9月1日から、関東地区限定で発売する。1カップ151g(めん70g)で、希望小売価格は235円(税抜き)。
 ソースがよく絡むしなやかで粘りのある食感のノンフライめんに、ガーリックをきかせ、隠し味に魚醤を使用したピリ辛ソースと、マヨネーズを別添えしている。具材のキムチは酸味と辛味がほどよく、シャキシャキとした食感で、いりゴマときざみのりがアクセントになる。
 首都圏を中心に一部ラーメン店で人気になっている「まぜそば」「まぜめん」「あえそば」などの「汁なしめん」を商品化した。ミスマッチに思える「キムチ」と「マヨネーズ」に、ピリ辛味のソースを合わせて混ぜることで、予想を超えるおいしさに仕上がったという。

 『日清』が“仕掛けた”自信満々の、この一品。
 早速お持ち帰りして作ってみましたよ。
日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、パッケージ2   日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、ノンフライ麺
日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、作り方
日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、作り方

①フタを下部の1から2まではがす。液体ソース・マヨネーズ・ふりかけ・かやく調理品の袋を取り出す。

日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、作り方①
②あらかじめかやく調理品を袋のまま、お湯で3~4分ほど温める。
日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、作り方②
③熱湯を内側の線まで注ぎ、フタをして4分待つ。
日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、作り方③
④フタを右上の3から点線にそってはがし、湯切り口を作る
日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、作り方④
⑤麺をほぐしてから、再度フタをしてカップをしっかり持ち、静かに傾け、湯切り口から湯をすてる
日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、作り方⑤-1    日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、作り方⑤-2
⑥液体ソースをかけてよく混ぜ合わせ、かやく調理品をかける。
日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、作り方⑥-1    日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、作り方⑥-2
⑦最後にマヨネーズ、ふりかけをかけて出来上がり。
日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、作り方⑦


日清まぜそばキムチ&マヨネーズ(税込247円)
日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、完成品1     日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、完成品2
日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、完成品3
 やたらと、作るのに手間がかかった、この一品。
 一番の判定基準は、
キムチとマヨネーズの組み合わせが好きかどうか?
にかかっているでしょうネ。
 ちなみに、オレ様はダメですw
 細かく見れば、麺もムチムチとした食感でなかなかオイシイですし、ベースとなる醤油ダレもピリッとしまった味で食べ飽きることがありません。
日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、完成品4   日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、完成品5
 そこまではよくても、いかんせんキムチが味の全体を支配し過ぎなので、食べている内に味の細やかさみたいなモノが、全く分からなくなるんですよね・・・・・・。
 それに、もしもこの製品を「ガッツリと食べたい若い人向け」だと言うのであれば、全体量151グラム(麺量70グラム)では少な過ぎるような気がします。
 やはり、この手の“汁なしインスタント”の場合は、「重量感あふれる太麺に、数種類のトッピングで“お得感”を演出」する方が、多くの人に支持されるのではないでしょうか。
日清『まぜそば』、自前トッピング
日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、自宅トッピング1
日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、自宅トッピング2       日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ、自宅トッピング3
 この商品の濃い味付を逆手に取れば、「多種多様なトッピングの組み合わせが可能」でしょう。
 もし、この商品を購入する機会があった方は、こういった食べ方を参考にし、事前に準備しておくとよいでしょう。


不二家ミルキーシュークリーム(105円)
不二家『Milky』シュークリーム(105円)1   不二家『Milky』シュークリーム(105円)2
 この商品は「『不二家』と『山崎パン』の共同開発商品」とのことですが、ドチラの会社のホームページを見ても、商品説明などは行っていないようですね。
 多くの方にとっては「カロリー」が気になるトコだとは思いますが、それほど甘くない商品ですので、あまり気にしなくてもよろしいか、と。
 「シュークリーム」の中には、みっしりと「ミルキー味のクリーム」が詰め込まれておりまして、いわゆる“トロトロ系シュークリーム”とは違った食感が楽しめます。

不二家ミルキーワッフル(126円)

不二家『Milky』ワッフル(126円)1   不二家『Milky』ワッフル(126円)2
 この商品の場合、ワッフルの間に蜂蜜とミルキーがサンドされております。
 味的にはワッフルと言うよりも、「ホットケーキサンド」と言った方が的確かもしれません。

 ところで・・・
 上で紹介した『ミルキー』ワッフル。
 これはペコちゃんと言うよりは・・・

マドロスくわえたサザエさん
不二家『Milky』ワッフル(126円)3
にしか見えないんだがw

読まれた方はバナーをクリックして下さい。にほんブログ村 グルメブログ デパ地下・コンビニへ

【当ブログ内の関連記事】
エースコック『頑者』つけ麺
ジャンクガレッジ『ガテン系まぜそば』by日清
なんつッ亭『まかない まぜそば』by日清
濃厚チーズまぜメンbyエースコック
ぶぶか『油そば』by明星
大阪・高井田系『濃旨』by明星

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/223-78d244b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。