メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20080826204336
「2008年 京都 和え麺サミット」なる、ラーメン店の競合企画で、『ラーメン荘 夢を語れ』が提供しているのが、このメニュー。

750円。
トッピングはニンニクのみ有効。

見た目は、いわゆる“汁なし”ですが、ブラックペッパーや唐辛子などで「ピリ辛」に仕上げた一品となっております。

ちなみに、「和え麺サミット」の開期は「9月15日」までとなっておりますが、このメニューがいつまで食べられるのかは、不明です。
 これより、パソコンを使用した「京都和え麺サミット」に関する補足です。

2008京都和え麺サミット

~京都一線級のラーメン職人達が和え麺に挑戦する~


「京都和え麺サミット」店頭配布チラシ

開期 9月1日(月)~9月15日(月)
参加店
タンポポ@紫野
いいちょラーメン@下鴨
鶴はしラーメン@一乗寺
京都千丸 しゃかりき@千本丸太町
らーめんや亜喜英@一乗寺
ラーメン荘 夢を語れ@一乗寺
吟醸らーめん 久保田@西洞院花屋町
らー麺なかにし@北白川
ラーメンこぶ志@三条御前
主催 京都ラーメン店協会

 上掲「添付画像」は、『ラーメン荘 夢を語れ』の店頭で配布されていたチラシです。
 チラシに記載された『京都ラーメン店協会』によるホームページなどが作られていないようですので、各店で提供されるメニューなどの詳細は分からないのですが、少なくとも、各店で“共通”しているのは、「和え麺」(あえめん)という「スープのないラーメンをイベント期間内に提供する」ことになるようですね。

 ちなみに、東京では「和え麺」というラーメン評論家(笑)による“造語”は定着せず、むしろ「汁なし」、あるいは「まぜそば」という呼称の方が“一般的”になっているように思えます。
 また、このような「スープのないスタイル」を一括的に、「油そば系」とカテゴライズすることもあります。


 上掲の添付画像内で、今回の「和え麺サミット」の開催期間を9月1日~9月15日としておりますが、実は、この開催期間は“前倒し”(?)で始まっているようなのです。

緊急告知
和え麺イベント開催決定!
京都和え麺サミット

「京都和え麺サミット」店頭掲示

第1幕 8月15日~8月31日
第2幕 9月1日~9月15日
開催場所 参加各店舗にて

 私が、今回『ラーメン荘 夢を語れ』で和え麺を食べることが出来たのは、この店頭掲示にありますように「第1幕」という提供期間があったから、というワケなのです。


 サスガに、既に東京へと戻って来ている手前、今回の「京都和え麺サミット」へ参加している各店のメニューのレポートは出来ませんがw いずれ、『ラーメン荘 夢を語れ』で食べました和え麺のレポートは、当ブログでも行うつもりですので、よろしかったら覗きに来て頂ければ、幸いです。


『ラーメン荘 夢を語れ』和え麺(デジカメ画像)
『ラーメン荘夢を語れ』和え麺(750円)1
コチラに、詳細な(?)実食レポートをアップしておきました。
『ラーメン荘 夢を語れ』和え麺(京都和え麺サミット)
『ラーメン荘 夢を語れ』小豚ラーメン

ラーメン荘 夢を語れ
住所:京都府京都市左京区一乗寺西杉ノ宮町48-1
営業時間
・昼 11:00~15:00
・夜 18:00~24:00
日曜のみ:11:00~17:00
定休日:第一月曜日
電話:075-724-5995

『ラーメン荘夢を語れ』2008年9月からの営業情報

読まれた方はバナーをクリックして下さい。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/204-a647c355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。