メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 7月18日(金)~8月31日(日)までの間『品達』で行われております、限定メニューの提供イベント、品達夏味
 各店のメニューを紹介する、その第四弾は支那そば きび』(品川店)です。
「品達夏味」麺達七人衆、提供メニュー 『支那そば きび』店舗概観(7月) 「品達夏味」どんぶり五人衆、提供メニュー

高菜辣涼麺」(コウサイラーリャンメン)
『支那そば きび』高菜辣涼麺(コウサイラーリャンメン)、商品説明
見た目はあっさりだが、一口食べるとビリッと口の中に広がる。
食欲の落ちる季節に、新陳代謝も良くなる一杯。


メニュー
『支那そば きび』券売機画像(「品達夏味」提供時)支那そば 680円
支那竹そば 780円
ちゃあしゅうそば 880円
ねぎそば 880円
スープは「塩」「醤油」から選べる
麺の大盛は120円
鴨つけめん900円 大盛1000円 特盛1050円
梅塩つけめん800円 大盛900円 特盛950円

限定メニュー
五目わんたん塩ラーメン 880円
『支那そば きび』メニュー画像(7月)味噌ラーメン 880円
豚きのこつけめん(味噌)800円
豚きのこつけめん(醤油)800円
ねぎ豚丼 400円
冷し坦々麺 880円
高菜辣涼麺 950円
つめたい柚子塩ラーメン 800円


トッピング
五目ワンタン 280円
チャーシュー 200円
ねぎ 200円
支那竹 100円
味付け玉子 100円
『支那そば きび』メニュー表(7月)サイドメニュー
手作り餃子 420円
しそ餃子 520円
五目焼ワンタン 420円
チャーシューごはん 320円
麦ごはん 120円
つきだし
五目ワンタン 420円
チャーシュー 300円
支那竹 300円
ピリ辛キューリ 300円
『支那そば きび』ランチタイムセット(7月)漬物 300円
ドリンク
きびの吟風 550円
きび焼酎 550円
アサヒ生ビール 420円
コーラ、オレンジ、ウーロン茶(各)150円
杏仁豆腐 100円
ランチセット平日11:00~15:00
A:930円
B:1050円
C:1100円

 メニューの変更点が、二つ
 限定メニューとして提供されておりました、「野菜ニンニク塩ラーメン」(リンクは当該記事)の提供が終了。
 それと代わるように、7月18日~8月31日までの期間限定メニュー「高菜辣涼麺」と、新たに「つめたい柚子塩ラーメン」がメニューに追加されております。

高菜辣涼麺」(コウサイラーリャンメン)950円
『支那そば きび』高菜辣涼麺(コウサイラーリャンメン)1    『支那そば きび』高菜辣涼麺(コウサイラーリャンメン)2
『支那そば きび』高菜辣涼麺(コウサイラーリャンメン)3
 今回の「品達夏味」の中では、最も高価なメニューの一つとなってしまった、この商品。
 世間でよく見かける「冷し中華」とは、見た目からしてチョッと、違いがあるようですネ。

 「トッピング」に焦点をしぼったのが、以下の画像。
『支那そば きび』高菜辣涼麺、トッピング1   『支那そば きび』高菜辣涼麺、トッピング2
 「高菜」を頂点に配し、その周りをグルリと、キクラゲ、キュウリ、刻みチャーシュー、しらす、干し海老などがビッシリと。
 特に、上掲画像右の「チャーシュー」は厚く切られており、意外に量が多かったですね。

 「」は、通常メニューの「らーめん」と同じモノ。
『支那そば きび』高菜辣涼麺、麺1   『支那そば きび』高菜辣涼麺、麺2
 茹でた後に水で締めただけなのですが、コレだけで食感は「パッツンパッツン」なモノに早代わりしております。
 なお、この高菜辣涼麺に関しては、通常のラーメンよりも「麺量が多い」です。

 これらの麺とトッピングを、よく混ぜて食べることになります。
『支那そば きび』高菜辣涼麺、まぜる1   『支那そば きび』高菜辣涼麺、まぜる2
 「」としては、その時々で口にした「トッピング」によって大いに左右されることでしょう。
 とりわけ、麺に絡みつく「しらす」と「干し海老」の量が多いですから、全体的に「魚介系」の印象が強いかも。
 ただ、このメニューをよく味わう上で、個人的に“障害”のように思えたのが、「鷹の爪」と「みょうが」の存在。
『支那そば きび』高菜辣涼麺、鷹の爪   『支那そば きび』高菜辣涼麺、みょうが
 情けないことに、これら二つのトッピングが苦手なオレ様の駄舌には、このメニューの味の特徴、とりわけ、用いられている「スープの味」は、最後まで分からずじまいでございましたw

 しかし、ヒントはあります。
つめたい柚子の塩ラーメン」(800円
『支那そば きび』つめたい柚子塩ラーメン(800円)1
『支那そば きび』つめたい柚子の塩ラーメン(800円)2    『支那そば きび』つめたい柚子の塩ラーメン(800円)3
『支那そば きび』夏限定「冷たいメニュー」 各店舗が「品達夏味」に向けて相当な苦労を重ねて新メニューを開発する中、それをあざ笑うかのように、『支那そば きび』はもう一品限定メニューを追加しやがりましたよw
 おそらくは・・・、この「つめたい柚子の塩ラーメン」と同じスープを、今回の「高菜辣涼麺」にも使用しているものと、思われます。
 「つめたい柚子塩ラーメン」で用いられているスープは、塩特有の“尖り”を魚介出汁で抑えてまろやかにし、それに、「柚子」を加えて清涼感を作り出した、手間のかかった逸品。

 スープを“単独”で味わえば、とても爽やかでオイシイと思えるモノでしたが、コレを、今回の「高菜辣涼麺」で食した場合、果たしてその味の“奥深さ”まで見極めるのは、難しいかもしれません。

 今回紹介した「高菜辣涼麺」(コウサイラーリャンメン)が気に入られた方は、是非とも「つめたい柚子塩ラーメン」の方も、味わってみては如何でしょうか。

【当ブログ内の関連記事】
『支那そば きび』店舗案内
『支那そば きび』鴨つけめん
『支那そば きび』梅塩つけめん
『支那そば きび』豚きのこつけめん(味噌)
『支那そば きび』豚きのこつけめん(醤油)
『支那そば きび』五目ワンタン塩ラーメン
『支那そば きび』味噌ラーメン&野菜ニンニク塩ラーメン
『支那そば きび』冷し坦々麺&ねぎ豚丼
『支那そば きび』支那竹そば(塩)&手作り餃子
『支那そば きび』メニューと価格
2008年12月現在の『支那そば きび』のレギュラーメニューと値段を、画像を交えて紹介
品達『支那そば きび』ほっTOMATO」(2009年冬限定
『支那そば きび』鴨つけめん(2)
『支那そば きび』濃厚味噌つけめん
『支那そば きび』魚介つけめん&豚ほぐし
『支那そば きび』鶏白湯魚介つけ麺
『支那そば きび』魚介ガッツリラーメン
『支那そば きび』特製味噌ガッツリラーメン

『品達夏味』簡易メニュー紹介

『きび』梅『支那そば きび』品川店 
住所:東京都港区高輪3-26-20
営業時間:11:00~23:00
定休日:元日を除き、(原則)無休
電話:03-3449-7127

読まれた方はバナーをクリックして下さい。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/167-33066606
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。