メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 7月18日(金)~8月31日(日)までの間『品達』で行われております、限定メニューの提供イベント、品達夏味
 各店のメニューを紹介する、その第三弾は初代けいすけ』(品川店)です。
「品達夏味」麺達七人衆、提供メニュー 『初代けいすけ』店舗概観(7月) 「品達夏味」どんぶり五人衆、提供メニュー

ピリ辛冷し坦々麺
『初代けいすけ』ピリ辛坦々麺(900円)、商品説明
唐辛子のカプサイシン効果で夏バテを予防。
ニンニク、生姜をふんだんに使用し、代謝も高まる。
暑い夏にぴったりの逸品。


『初代けいすけ』券売機(7月)メニュー
麺類
黒みそラーメン 730円
ブラックカリー麺 830円
とんとろ炙りチャーシュー黒極み 880円
スタミナ黒みそとろ~り温玉のっけ 930円
烈黒坦々麺 830円
激烈黒坦々麺 880円
『けいすけ』メニュー写真ゆずの香りの塩ラーメン 680円
黒みそ魚介つけ麺 790円
黒カレーつけ麺 890円
黒坦々つけ麺 890円
麺の大盛 120円

夏の限定メニュー7月18日~8月31日
ピリ辛冷し坦々麺 900円

『初代けいすけ』ランチタイム・セット(看板)トッピング
味付半熟玉子 100円
とろ~り温泉玉子 100円
焼きのり(5枚) 100円
特製豚バラチャーシュー(3枚) 270円
とんとろ炙りチャーシュー(3枚) 330円
サイドメニュー
黒豚一口ギョーザ(8コ入り) 400円
肉みそ温玉ごはん 350円
『初代けいすけ』店内注文2スタミナ丼 350円
Aセット(ギョーザ5コ+ごはん) 250円
Bセット(若鶏から揚げ+ごはん) 250円
ごはん(おかわり自由) 100円
ドリンク
生ビール 中ジョッキ 500円
生ビール 小ジョッキ 380円
『初代けいすけ』店内注文1焼酎 各種 450円
サワー 各種 380円
コカコーラ 200円
ウーロン茶 200円
オレンジ 200円

 「券売機画像」を新たに添付しなおしておきましたが、今回の限定メニューのボタンは、「右下」。
 それは以前に、ラーメン二郎インスパイア(笑)「けいじろう」の注文ボタンがあった場所でもあります。
 今回の限定メニューの投入に伴い、券売機上のボタン、および店前の看板もなくなりましたから、どうやら「『けいじろう』は提供終了」と考えてよいのではないでしょうか。

ピリ辛冷し坦々麺」(900円
『初代けいすけ』ピリ辛坦々麺(900円)1      『初代けいすけ』ピリ辛坦々麺(900円)2
『初代けいすけ』ピリ辛坦々麺(900円)3
 つけ麺用の麺皿の上に載せて提供される、このメニュー。
 麺の上には「ネギ」「肉味噌」、そして「生卵」。
 これ以外の“隠し要素”とでも言うべきモノは、一切ございません。

 「」は平打ちの中太麺。
『初代けいすけ』ピリ辛坦々麺、麺
 この麺自体、平素、この店で提供されている「つけ麺用の麺」と、基本的には一緒です。
『初代けいすけ』黒坦々つけ麺、麺1   『初代けいすけ』黒坦々つけ麺、麺2
 上に添付しました2枚が、つけ麺用の麺です。
 画像撮影時の「光の加減」でも印象は変わってしまうのですが、今回の限定メニューとつけ麺用の麺の違いは、ピリ辛冷し坦々麺では「麺に味をつけている」ようなのです。
 両者の麺を見比べていただけると分かると思いますが、「麺の色が違う」のが明らかでしょう。
 今回のピリ辛坦々麺に用いられている、麺。
 あまり自信はないのですがw おそらくは「茹でて水で締めた後、『ごまダレ』のようなモノに潜らせてから提供」されているように感じられました。
 基本的には「甘い味付」です。それに、若干「山椒」を降りかけているのではないか、と。

 麺の上にかけられた「肉味噌」は、温かい状態で提供されます。
『初代けいすけ』ピリ辛坦々麺(900円)3
 店側の説明にある「ニンニク、生姜をふんだんに使用し・・・」というのは、この肉味噌の味付を言うのでしょう。
 ただ、この「肉味噌」自体、この店では真新しいモノというワケではございません。
 以下のような現行メニューで、既に提供されております。
肉みそ温玉ごはん」(350円
『初代けいすけ』肉味噌温玉ご飯(350円)1
『初代けいすけ』肉味噌温玉ご飯(350円)2    『初代けいすけ』肉味噌温玉ご飯(350円)3
 コレは挽肉を味噌と豆板醤で味付して、それを「あんかけ」にしたモノ。見た目もそうなのですが、「麻婆豆腐」に似ている、と言えば分かりやすいでしょうか。
 ただし、味付は「甘辛」で、あんかけの中に見える“角切り”のモノは、「シイタケ」です。

 この、麺と肉味噌を混ぜ合わせて食べることになります。
『初代けいすけ』ピリ辛坦々麺、まぜる1   『初代けいすけ』ピリ辛坦々麺、まぜる2
 肉味噌の上に載っていた色鮮やかな「卵黄」も、一緒にまぜて食べるようにします。

 トッピングを全体に行き渡らせるためには、かなりの回数を混ぜ合わせねばなりません。
 それを考えると、今回使用されている「麺皿」。
 コレは大変不便
 平皿ではなく、ラーメン用の大きなドンブリの方が、ずっと混ぜやすかったような気がします。
『初代けいすけ』ピリ辛坦々麺、まぜる3   『初代けいすけ』ピリ辛坦々麺、まぜる4
 で、ようやく混ぜ終えた状態が、上の画像。
 よく見ますと、「ネギ類」(野菜類)も、通常の「ラーメンなどと同じモノ」が使用されているみたいですね。
 数種類の刻み方をされた「ネギ」と、「ニラ」に「ニンニクの芽」。

 それで、肝心カナメの「」の方ですが・・・
 コレはかなり「甘い」ですね。
『けいすけ』テーブル 確かに、メニュー名にあるような「ピリ辛」なカンジは後からクルのですが、肉味噌や卵黄の甘さの方が、かなり“支配的”に感じられることでしょう。
 それと同時に、「麺量が多い」とも感じられるでしょう。
 全体的に「甘いカンジ」が強く、それでいて「箸休め的なトッピングが何もない」ですから、このメニューは食べきるのにかなり苦労させられるでしょうね。
 味に飽きた段階で、右側の画像にあるような「調味料類を駆使して食べる」コトを、是非ともオススメいたします。

【当ブログ内の関連記事】
『初代けいすけ』店舗案内
『初代けいすけ』黒みそ魚介つけ麺
『初代けいすけ』ゆずの香りの塩ラーメン
『初代けいすけ』烈黒坦々麺
『初代けいすけ』激烈黒坦々麺
『初代けいすけ』ブラックカリー麺
『初代けいすけ』黒カレーつけ麺
『初代けいすけ』スタミナ黒みそとろ~り温玉のっけ
『初代けいすけ』黒坦々つけ麺
『初代けいすけ』トントロ炙りチャーシュー黒極み
品達『初代けいすけ』黒ごま坦々麺温玉のっけ
『初代けいすけ』しょうゆラーメン
『初代けいすけ』黒みそ魚介つけ麺(2)

『初代けいすけ』メニューと価格
2008年10月現在の、『初代けいすけ』(品達店)のメニューと値段(一部メニュー値上げ)を画像を交えて紹介しております
『品達夏味』簡易メニュー紹介

『初代けいすけ』けいじろう(二郎インスパイア)
『初代けいすけ』けいじろう(二杯目)

『初代けいすけ』店内掲示、店主『初代けいすけ』品川店
住所:東京都港区高輪3-26-20
営業時間:11:00~23:00
定休日:元日以外、(原則)無休
電話:03-3444-2316

読まれた方はバナーをクリックして下さい。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/166-e5e7836e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。