メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今回のデザート・メニューは、コンビニエンスストアの『ファミリーマート』から発売されております、「パティシエ スイーツ」でございます。
『ファミリーマート』武江章監修、パティシエスイーツ
 きっと「」が良かったのでしょう。
 現在発売されている3品を、一度に購入することが出来ました。

 その商品を紹介する前に、このブログの“お約束”とも言える(?)、コンビニでの買い物には欠かせない「カップ麺の紹介」を。

 明星食品は、カップめんの「明星 美味しさ新発見 濃旨(こくうま) ペッパー醤油味」を、6月23日から発売する。
 美味しさ新発見は、「全国から隠れた美味しさをお届けします」をコンセプトにしたブランド。今回は、大阪の隠れたご当地「大阪・高井田系」のラーメンの特長を引き立てた、力強い味わいとなっている。麺は、高井田系ラーメンの特長である、うどんのような太麺に仕上げ、しっかりとした食べごたえのある食感となっている。スープは、力強く濃い醤油味のスープに、刺激的なペッパーを効かせ、太めの麺と相性良くまとめた。かやくは、ねぎやチャーシュー、メンマとオーソドックスな組み合わせとなっている。
 パッケージは、力強い旨さと食べごたえを想起しやすい“濃旨”のネーミングをメインに、高井田系ラーメンの特長をシズル写真で表現する。
[小売価格]205円(税別)
[発売日]6月23日(月)

 パッケージを見た瞬間から、何やら利権臭がプンプンと漂う、このインスタント食品w
明星食品、大阪・高井田系中華そば『濃旨』、パッケージ
明星食品、大阪・高井田系『濃旨』、成分表示     明星食品、大阪・高井田系『濃旨』、乾麺
 10年以上前に流行った“ご当地ラーメン”を、なぜ今頃になって蒸し返すのか・・・、そのは深まるばかり。

 今回は、このカップ麺濃旨(刺激系ペッパー醤油味)と、『ファミマ』のデザート「パティシエ スイーツ」を紹介いたしましょう。
【調理方法】

①フタを半分まではがし、「かやく」「粉末スープ」「液体スープ」「あとのせかやく」の4つの袋を取り出す

明星食品、大阪・高井田系『濃旨』、作り方1

②「かやく」を麺の上にあけ、熱湯を内側の線まで注ぎ、フタをする
明星食品、大阪・高井田系『濃旨』、作り方2

5分後、「粉末スープ」「液体スープ」を入れてよく混ぜ、「あとのせかやく」をのせて出来上がり
明星食品、大阪・高井田系『濃旨』、作り方3

【完成】
明星『濃旨』(こくうま)刺激系ペッパー醤油味
明星食品、大阪・高井田系『濃旨』、完成品1
明星食品、大阪・高井田系『濃旨』、完成品2     明星食品、大阪・高井田系『濃旨』、完成品3

●麺●
しっかりとした食感で食べごたえのあるスーパーノンフライ製法の太麺。カップうどんに使用する切刃を選定、配合の工夫で厚みを持たせた麺質に仕上げました。
明星食品、大阪・高井田系『濃旨』、麺1   明星食品、大阪・高井田系『濃旨』、麺2
●スープ●
鶏だしの旨みに、ホタテ、鰹節、香味野菜(ガーリック、ジンジャー)を加えた、醤油感の強いスープです。高井田系ラーメンの特長である濃い醤油味のコクとペッパーが効いた力強い旨さを引き出しました。
明星食品、大阪・高井田系『濃旨』、スープ1   明星食品、大阪・高井田系『濃旨』、スープ2
●かやく●
チャーシュー、メンマ、ねぎのオーソドックスな組み合わせ。スープ一面に広がる彩り鮮やかなねぎが特長的です。
明星食品、大阪・高井田系『濃旨』、かやく
(上記商品説明は『明星食品ホームページ』より引用)

 ちなみに、この「大阪・高井田系」なるラーメンの“現物”および“定義”らしきモノは、以下のリンク先から情報入手できます。
 なぜ、大多数の人間の口には合わないであろうモノを“セール”しようと思っているのかは、全く不明。
 この商品。
 “画像のまんま”の「ド・しょっぱいラーメン」って感想しか浮かばないんですよ。値段の割りには「具材はほとんど入っていない」に等しいし、味だって「刺激系」もヘッタクレもないほどですよ?
 ソレを、この評論家は「紙媒体(マンガ)と連動して売り出そう」という計画らしいですナ。
明星食品、大阪・高井田系『濃旨』、利権ハゲ評論家   明星食品、大阪・高井田系『濃旨』、雑誌との連動企画
 こうなると、マスコミというのは一気に“攻勢”をかけるモノですから、テレビなどのメディアをフル活用して、この「高井田系」の宣伝に乗り出す・・・・・・。

 この評論家。
 「大阪に“恩”を売らなければならない理由」でもあるのかしら・・・・・・?


 さあ、心を“浄化”させるためにも、美しい「スイーツ(笑)画像」をご覧頂きましょうw
メープル・ココプリン
 カナダ産のメープルシュガーを使用したプリンにカラメルソースと、ココナッツソースを組合わせました。
 なめらかな口あたりと、メ-プル、ココナッツの豊かな風味が楽しめるスイーツです。
『ファミリーマート』武江章監修、メープル・ココプリン(230円)1 『ファミリーマート』武江章監修、メープル・ココプリン(230円)2 『ファミリーマート』武江章監修、メープル・ココプリン(230円)3
赤いソースのレアチーズ
 爽やかなレアチーズムースに、チェリー、いちご、ラズベリーのソースで仕立てた赤いソースを組合わせました。
 見た目も華やかなデザートです。
『ファミリーマート』武江章監修、赤いソースのレアチーズ(280円)1 『ファミリーマート』武江章監修、赤いソースのレアチーズ(280円)2 『ファミリーマート』武江章監修、赤いソースのレアチーズ(280円)3
パンナコッタと葡萄のジュレ
 パンナコッタと、口溶けのよい白ワイン風味のジュレを組合せ、葡萄の果肉を忍ばせました。更にマスカット味のクラッシュゼリーをトッピングしました。
 見た目も夏らしい爽やかなスイーツです。
『ファミリーマート』武江章監修、パンナコッタと葡萄のジュレ(260円)1 『ファミリーマート』武江章監修、パンナコッタと葡萄のジュレ(260円)2 『ファミリーマート』武江章監修、パンナコッタと葡萄のジュレ(260円)3

 見た目が美しく、全ての商品が二層、三層構造になっているが故に、味の変化を楽しむことが可能です。
 惜しむらくは、使っている材料のが大いに関係していると思われるのですが、味的にあまり「美味しくない・・・」コト。
 この商品の“先代”である「澤信次」氏の手による商品が秀逸だっただけに、その点はもう少し改善の余地があったかも。
いちごとマスカルポーネのパフェ」&「クリーム・マンゴー
『ファミリーマート』澤信次監修、パティシエスイーツ
『ファミリーマート』澤信次監修、いちごとマルカルポーネのパフェ    『ファミリーマート』澤信次監修、クリーム・マンゴー

読まれた方はバナーをクリックして下さい。にほんブログ村 グルメブログ デパ地下・コンビニへ

【当ブログ内のカップ麺エントリ】
エースコック『頑者』つけ麺
ジャンクガレッジ『ガテン系まぜそば』by日清
なんつッ亭『まかない まぜそば』by日清
濃厚チーズまぜメンbyエースコック
ぶぶか『油そば』by明星
日清『まぜそば』キムチ&マヨネーズ
コメント
この記事へのコメント
感想
はずめまして。
濃旨が旨かったので、検索してたらブログ拝見しました。
色々な感想があって面白いです。

「ド・しょっぱいラーメン」ですよね。
むしろ、その「印象」を残せたことが、成功なんですね。
頑固ラーメンに似ていて、旨いというのが私の感想でした。

個人的な味覚による旨いマズいはともかく、おそらく一生記憶に残る。
それが、飲食業で商売されている方の狙いなんです。
無難な旨さじゃ売れない。生き残れない。
例えば、大勝軒であればリンゴ酢と砂糖による「甘い」が印象あります。
旨いまずいだけなく、心に残す=個性。
でないと、リピーターは得られない。
その差別化するのに、みなさん、苦労してるんですよね。

評論家の大崎さんにしても、評論家同士の競争があります。
誰しもが自己顕示欲あって評論家になるんだし、「私はこんなことも知っている」ということで、ブームを自ら作り出したいのが本音。
むしろ、私なんか、10年前にこんな旨いラーメンあったんだーと感心しました。

外見のインサイダー的な読み方は面白いんですが、深読みは避けて、生産者の目線から、純粋に食を楽しんだ方が良いとは思いまするよ。
でわでわ。
2008/07/20(日) 12:38 | URL | ぷーかん #-[ 編集]
返事が大変遅れました・・・
>「ぷーかん」様
長らくの“放置”、大変失礼(苦笑)。

 私は、別に「高井田系」にも「チャルメラ・佐野実プロデュース商品に似た味のカップ麺」にも興味はなく、唯一つ、私の最も愛するラーメン店までも“制圧”を目論む、パッケージに写っている「ラーメン評論家(笑)」に対して興味、もしくは憎悪の念を持っているだけです。

 まあ、今回の商品がウマければ別の書き方はしたでしょうが、コレは“色んな意味”での「名前を売りたい」というコトしか感じられませんネ。
2008/09/01(月) 00:09 | URL | moto-umi #JzLEzrNg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/154-9d99a228
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。