メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 梅雨真っ只中、豪雨にも対応できる頑丈な傘の他にも、上下セパレーツの雨ガッパが必要な季節ですね・・・・・・。
 サスガにこの蒸し暑い陽気ですから、「熱いスープのラーメン」には食指が動かないため、本日は「つけめん」と行きましょう。
 「限定メニュー」でつけめんを提供している、『熊本ラーメン ひごもんず』(品川店)へ。
『ひごもんず』メニュー看板 『ひごもんず』外観 『麺達七人衆』店舗配置

 既にこのブログでもご紹介しておりますように、『品達』では7月18日(金)より、全店舗で「夏限定メニュー」の提供を開始します。
 その際、『ひごもんず』では「つけめん」を提供するとのコト。

カレーつけ麺」(900円
http://www.keikyu.co.jp/corporate/press/press_files/080630.shtml

京浜急行電鉄|報道発表資料 via kwout

 「つけ麺好き」のワタクシといたしましては、非常にアリガタイものなのですが、“問題”は、限定メニューという括りこそございますが、今現在この店で「つけ麺を提供中」というコト。
 もしかしたら、「夏メニュー」の提供開始と共に、現行メニューのつけ麺がなくなってしまう可能性もあるワケでして・・・・・・。

 そんな不安の中、本日紹介するのは「ピリ辛つけめん」。
 前回食べました「つけ麺」とどのような違いがあるのか、興味津々、食べて参りました。

メニュー
麺類
ラーメン 650円
ネギラーメン(辛味付)800円
『ひごもんず』メニュー(ラーメン)チャーシューメン 850円
角煮ラーメン 850円
特製ラーメン 950円
野菜ラーメン(ゴマ風味)800円
ミニラーメン(麺半玉)550円
ミニ特製ラーメン(麺半玉)800円
麺大盛 100円増し
【麺と味付けについて】
・麺は「中太麺」と「細麺」(さいめん)から選べる
・味付け(油)は「ゴマ風味」(あっさり)と「マー油風味」(熊本風)から選べる
『ひごもんず』夏の限定メニュー指定がない場合は、「中太麺・マー油風味」で調理される

夏季限定メニュー

つけ麺 800円
ピリ辛つけ麺 850円
麺の大盛は「150円」増し

トッピング
ルータン(味付玉子)100円
メンマ 100円
『ひごもんず』サイドメニュー一覧ノリ 100円
特製辛味 50円

ライス 100円
角煮御飯 250円
チャーシュー御飯 250円
麺類ご注文の方、14時まで「小ライス」サービス
名物
豚餃子(5ヶ入)350円
菜餃子(5ヶ入)250円
おつまみ
『ひごもんず』メニュー2高菜炒め 100円
冷奴 200円
ザーサイ 300円
もろきゅう 300円
つまみチャーシュー 300円
高菜ソーセージ 350円
つまみ角煮 350円

 この店では、通常メニューのラーメンに関しては、(我々の“感覚”で)「細麺」を使用しております。それゆえに「麺の茹で時間」が短く、商品の提供も大変早いものです。
 しかしながら「つけめん」の場合、比較的に太い麺を使用していることから、どうしても茹で時間が長くかかり、出来上がりまで少々待たされることは、あらかじめお含みおきください。

ピリ辛つけ麺」(850円
『ひごもんず』ピリ辛つけ麺(850円)

『ひごもんず』ピリ辛つけ麺、つけダレ 「つけダレ」が運ばれてきた瞬間、その色の「赤さ加減」が気になりましたねぇ・・・・・・。
 コリャ、間違いなく「辛いナ」、とw
 ただ、前回の「つけ麺」で感じたような、魚介風味による「生臭さ・・・」というのは全く気になりませんでしたね。
 新しい“発見”としては、「ネギの量」がとても多いと感じました。

『ひごもんず』ピリ辛つけ麺、麺とトッピング 「トッピング類」は、別皿の「」の上に。
 「麺の量」については、全く確認していないのですがw “体感的”に申し上げて「250~300グラムの間」ではないかと。
 切り出しのとても長い、「平打ち中太麺」が使用されております。
 「トッピング」はチャーシューが2枚に、メンマと味付け玉子。それに焼き海苔が載っております。
 なお、このトッピング類は、多少なりとも「冷たくなった状態」で提供されますので、早い段階でつけダレの中に沈めて、温めて食べることをオススメいたします。
『ひごもんず』ピリ辛つけ麺、トッピング類

 「つけダレ」は実に濃厚。
 平打ち麺に、つけダレがネットリと絡みつきますね。
『ひごもんず』ピリ辛つけ麺、つけダレと麺1 『ひごもんず』ピリ辛つけ麺、つけダレと麺2 『ひごもんず』ピリ辛つけ麺、つけダレと麺3
 まあ、「濃厚」と言うか・・・、コレはチョッと
やり過ぎダロ!?
って程に濃いですナw
 元々、ド乳化するほどに濃厚な「豚骨スープ」がベースになっていて、それに、液体やペースト状の「辛味」を追加しているのが、この「つけダレ」。
 それが「平打ち麺」にグイグイと絡まって口の中に運ばれるものですから、「ピリ辛」どころか相当に辛く、また、「原液」が直接口に入るカンジで、かなり「ショッパイ」と感じるんですよね。
 こんな場合、豚骨以外の出汁スープなんかを多めにしてスープの濃度を“緩和”するか、もしくは“箸休め”的なトッピングが欲しいトコロ。

 最後は「スープ割り」です。
『ひごもんず』ピリ辛つけ麺、スープ割り1
 このスープ割りは、自分で濃度を調整できますし、また、見た目にも大変オモシロイですね。
 「コーヒーにミルク」を入れるトコを、連想してしまうコトでしょう。
『ひごもんず』ピリ辛つけ麺、スープ割り2 『ひごもんず』ピリ辛つけ麺、スープ割り3 『ひごもんず』ピリ辛つけ麺、スープ割り4

 それにしても、今回注文したピリ辛つけ麺の「つけダレは濃い」ですね。
『ひごもんず』ピリ辛つけ麺、スープ割り、終了1 『ひごもんず』ピリ辛つけ麺、スープ割り、終了2 『ひごもんず』ピリ辛つけ麺、スープ割り、終了3
 まあ・・・、「濃い、濃い・・・」と言いながらも、それを「飲み干すバカ」もココにいるワケですがw このメニューには、濃厚なつけダレを“中和”する意味でも、トッピングに「野菜」なんかを加えてもらいたいですね。
 それがあるだけで・・・、このピリ辛つけ麺の“印象”は大きく変わるでしょうから。

【当ブログ内の関連記事】
『ひごもんず』店舗案内
『ひごもんず』特製ラーメン
『ひごもんず』野菜ラーメン
『ひごもんず』角煮ラーメン
『ひごもんず』つけ麺(夏季限定)
『ひごもんず』カレーつけめん(品達夏味)
『ひごもんず』ネギラーメン&菜餃子
『ひごもんず』チャーシューメン
『ひごもんず』真っ赤なまっかないラーメン
『ひごもんず』メニューと価格
2008年12月時点での『ひごもんず』(品達店)で提供されている、レギュラーメニューとサイドメニューを、画像を交えて紹介しております
『ひごもんず』真っ赤なまっかないラーメン(2)
『ひごもんず』特製ラーメン(2)
『ひごもんず』ネギラーメン(2)
『ひごもんず』つけ麺(2009年)
『ひごもんず』辛つけ麺(2009年)
2009年夏にも、「辛つけ麺」として再登場しています
『熊本ラーメン ひごもんず』品達店、辛つけ麺
 ⇒2010年秋より“レギュラーメニュー”として提供されるようになりました

『ひごもんず』看板熊本ラーメン ひごもんず品川店
住所:東京都港区高輪3-26-20
営業時間:11:00~23:00
定休日:元日を除き、(原則)無休
電話:03-3444-7140

読まれた方はバナーをクリックして下さい。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/151-980d5510
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。