メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近、雨で気温が低いためか、“冷し系”のメニューよりは“アツアツ系”の方が恋しくなっている、今日この頃でございます。
 今回の『品達』での食い倒れの記録は、行列が伸びる一方の『なんつッ亭』(品川店)です。
『麺達七人衆』店舗配置 『なんつッ亭』店舗画像(6月) 『なんつッ亭』ラーメン看板

 「並んでいる最中に、人数と注文の品の確認」「席に着席した時点で、麺茹でを開始」というオペレーションは相変わらずですが、最近では厨房内での“手際”が大変良くなっておりまして、「少しでも早く、お客さんにラーメンをお出しする」コトを、強く心がけている模様。
 そのために、「カウンターに座ってから、長く待たされる・・・」というケースは、なくなってきましたネ。

 ただ・・・
 もう少し団体客が減って、速攻で食べ終わるお客さんが増えれば、今以上に“回転”が早くなるとは思うんですがねw
 コレばかりは・・・、仕方がありません。

 今回、『なんつッ亭』で食べたのはネギラーメン
 「ホームページ」の方では、以下のような商品紹介がなされております。

ねぎらーめん900円http://www.nantsu.com/menu_shinagawa.htm

品川店メニュー via kwout

ネギは水々しい白髪ネギと万能ネギのミックスです。
スープの熱さを保つよう別皿にてお出しいたしますので、少しずつ乗せてお召し上がりください。
 

 

メニュー
『なんつッ亭』券売機画像(6月)麺類
らーめん 700円
ちゃーしゅうめん 900円
ねぎらーめん 900円
ねぎちゃーしゅうめん 980円
(和風とんこつ)つけめん 780円
大盛各種 100円

『なんつッ亭』猛烈タンメン鼻血ブー!(限定)限定メニュー
猛烈タンメン鼻血ブー 800円

トッピング
味玉 100円
のり 100円
サイドメニュー
びんびん焼丸餃子 380円
ぶたまんま 380円
めし 180円
半めし 100円
『なんつッ亭』へなちょこアイス(各250円)アルコール
生麦酒 500円
ちび生麦酒 300円
デザート
へなちょこアイス
バニラ、ゆず、モザイク 各250円
土産品
「お家でなんつ」1人前500円らーめん風呂入浴剤 150円
ストラップorハンドタオル 500円
ぬいぐるみorタオル 1000円
Tシャツ 1500円
シール 100円
お家でなんつ 一食入り500円
お家でなんつ 五食入り2500円

 「券売機の画像」を撮り直してみましたが、特に変わったトコロはない模様です。
 例年、この店の「夏の限定メニュー」に関しては、7月の下旬頃に提供開始されると、記憶しております。
 新しいメニューが追加され次第、当ブログ内で紹介していくつもりです。

ねぎらーめん」(900円
『なんつッ亭』ネギラーメン(900円)画像

 「ねぎらーめん」といっても、「別皿でネギが提供される」他は、通常の「らーめん」(700円)との差異はございません。
『なんつッ亭』ネギラーメン、ラーメン画像1    『なんつッ亭』ネギラーメン、ラーメン画像2
『なんつッ亭』ネギラーメン、ラーメン画像3
 「」は、この日はチョッと柔らかかった、細麺。
 麺自体の味は、オイシイものですね。
『なんつッ亭』ネギラーメン、麺   『なんつッ亭』ネギラーメン、チャーシュー
 「チャーシュー」は、2切れ。
 大判なモノが1枚と、端っこのカタマリが1個。
 以前は「スープの温度で温めて柔らかくする」というタイプでしたが、今はそうしなくても十分柔らかいモノで提供されております。

 さて、別皿にて提供される「ネギ」ですが・・・・・・。
ネギ」(別皿
『なんつッ亭』ネギラーメン、ネギ(別皿)1    『なんつッ亭』ネギラーメン、ネギ(別皿)2
『なんつッ亭』ネギラーメン、ネギ(別皿)3
 商品提供の「順番」からすると、まず、この「別皿のネギ」が先に出てまいります。続いて、その後に「ラーメン」。
 「初めて店に来たお客さん」ですと、この“取り合わせ”を見ても何も感じないようですが、「何度も店に来ているお客さん」からしますと、
エッ?こんなに少ないの!?
って驚きの表情をするんですよw
 そして、いつもと何も変わらない「フツーのラーメン」が来るに至って、即座に、ネギラーメンの「900円」という価格と通常のラーメンの「700円」という“価格差”を計算しまして
高けーよ・・・
と、地団駄を踏むのが、このメニューの「お約束」w
 確かに、ネギ(万能ネギ)の価格や、白髪ネギを作る際の「手間」などを考えますと、この価格でも致し方ない面はあるのでしょうが、やはり、この量で200円プラスされるのは「割高感」があるような気はしますね。
 かと言って、これ以上ネギの量を増やして「山盛」で提供したとしても、今度はお客さんが「残す・・・」可能性は高いでしょうし、ココは、「ねぎらーめん」の注文者には「生卵」などの「トッピングをもう一品追加」するか、思い切って、通常の「らーめん」に「100円プラスでネギを提供」する方がイイかもしれませんね。

 ただ、下の画像のように麺にネギを絡めながら、濃厚なスープを一緒に啜ると、その味は意外なほどに絶品。
『なんつッ亭』ネギラーメン、ネギ1  『なんつッ亭』ネギラーメン、ネギ2
 それほど「ネギ好き」ではない私の箸も進み、終いには、いつものようにスープまで「完飲」してしまいましたよ。
『なんつッ亭』ネギラーメン、スープ完飲1   『なんつッ亭』ネギラーメン、スープ完飲2

 ワタクシ、意外とこのメニュー「好き」なんですよね・・・・・・。

【当ブログ内の関連記事】
『なんつッ亭』店舗案内
『なんつッ亭』つけめん
『なんつッ亭』猛烈タンメン鼻血ブー!
『なんつッ亭』ちゃ~しゅうめん
『なんつッ亭』ぶたまんま
『なんつッ亭』焼丸びんびん餃子
『なんつッ亭』トンコツ坦々麺(品達夏味)
『なんつッ亭』メニューと価格
2008年10月時点の、『なんつッ亭』(品川店)の、ほぼ全メニューと値段を画像を交えて紹介しています
品達『なんつッ亭』カレーつけ麺
『なんつッ亭』大盛ぶたまんま
2009年になって導入された、新メニューの紹介を中心に
『なんつッ亭』青海苔つけ麺
『秦野本店』『品川店』にて2009年夏の限定メニューとして販売されている、つけ麺の紹介記事です

日清『なんつッ亭』つけ麺
なんつッ亭『まかない まぜそば』by日清

日清『なんつッ亭』つけ麺、パッケージ『なんつッ亭』弐(品川店)
住所:東京都港区高輪3-26-20
営業時間:11:00~23:00
定休日:元日以外、(原則)無休
電話:03-5791-1355

読まれた方はバナーをクリックして下さい。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/143-c45b60fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。