メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨晩の『品達』・・・、一体何が起こったのか分からないほどの混みっぷりでしたね。
 『どんぶり五人衆』の方で二軒ばかしハシゴして、最後に「ラーメンでも・・・」と考えて『麺達七人衆』へと向かったのですが、どこも見たことのないような大行列
 『なんつッ亭』なんか、確実に30名以上並んでいたんじゃないでしょうか・・・・・・?

 で、
 そんな大行列を避けようと向かったのが、『熊本ラーメン ひごもんず』(品川店)
『麺達七人衆』店舗配置 『ひごもんず』外観 『ひごもんず』メニュー看板
 ココでも、団体含めて「10名以上」の行列が形成されていたという有様で・・・・・・。

 そんな中、「速報」として、「夏の限定メニュー」を紹介しておきますよ。

『ひごもんず』夏の限定メニュー
『ひごもんず』夏の限定メニュー

 もうチョッと『デザイン』に気を遣えよ・・・なんて“ツッコミ”は置いておきましてw どうやら、『品達』全体で「夏の限定メニュー・フェア」とでも言うべきモノが、始まりつつあるようですね。

 “食べ次第”、レポをアップしていくことにいたしましょう。

 今回は『ひごもんず』の“看板メニュー”である角煮ラーメンの実食レポ。
 それと類似する、「サイドメニュー」で提供されている角煮御飯も紹介しておきましょう。

 念のために「一言」申し添えておきますと、
全っ然、“夏向き”のメニューじゃない
ですからネw

メニュー
麺類
ラーメン 650円
『ひごもんず』メニュー(ラーメン)ネギラーメン(辛味付)800円
チャーシューメン 850円
角煮ラーメン 850円
特製ラーメン 950円
野菜ラーメン(ゴマ風味)800円
ミニラーメン(麺半玉)550円
ミニ特製ラーメン(麺半玉)800円
麺大盛 100円増し
【麺と味付けについて】
・麺は「中太麺」と「細麺」(さいめん)から選べる
・味付け(油)は「ゴマ風味」(あっさり)と「マー油風味」(熊本風)から選べる
⇒指定がない場合は、「中太麺・マー油風味」で調理される

トッピング
『ひごもんず』サイドメニュー一覧ルータン(味付玉子)100円
メンマ 100円
ノリ 100円
特製辛味 50円

ライス 100円
角煮御飯 250円
チャーシュー御飯 250円
麺類ご注文の方、14時まで「小ライス」サービス
名物
豚餃子(5ヶ入)350円
菜餃子(5ヶ入)250円
おつまみ
『ひごもんず』メニュー2高菜炒め 100円
冷奴 200円
ザーサイ 300円
もろきゅう 300円
つまみチャーシュー 300円
高菜ソーセージ 350円
つまみ角煮 350円


角煮ラーメン850円
『ひごもんず』角煮ラーメン(850円)1    『ひごもんず』角煮ラーメン(850円)2
『ひごもんず』角煮ラーメン(850円)3
 見るからに「暑苦しい・・・」ビジュアルでございますが、まずは「トッピング」から、簡単に紹介していきましょう。
『ひごもんず』角煮ラーメン(850円)、麺 野菜類のトッピングは、刻みネギにモヤシとキャベツ。「モヤシとキャベツ」に関しては、軽く湯通しした状態で提供されます。
 それに、大きく切られた「海苔」と、刻まれた「キクラゲ」。
 「」は細麺と中太麺から選べるワケですが、今回注文したのは「中太麺」。
 「博多ラーメンよりは太い」という程度ですから、実際に食べてみると「中細麺」程度に感じられるのではないでしょうか。
 小麦の風味がしっかりと感じ取れるモノで、茹で加減は「カタメ」で提供。

 トッピングの中心となるのは、「6時間以上」かけて調理されるという、「角煮」です。
『ひごもんず』角煮ラーメン、角煮1
『ひごもんず』角煮ラーメン、角煮2   『ひごもんず』角煮ラーメン、角煮3
 お店自慢の一品というだけあって、確かにコレはオイシイです。
 下手な店などでは、ジューシーさのカケラもないような「カリカリのベーコン状態」で提供される可能性が高いのですがw コチラのお店では、「表面カリカリ、中ふんわり・・・」といった理想的な状態で仕上がっておりますね。
 特徴的なのは「柔らかさ」でしょうか。
 「箸でつまんだだけで崩れる・・・」とはよく使われる表現ですが、この角煮の場合は「レンゲで移動中に崩壊」するほどの、柔らかさで提供されます♪

 ただ・・・
 「タレ」などに漬け込んでいる時間が長いのでしょうか、若干「ショッパさ・・・」というものが、舌に感じられるかもしれません。

 スープは、完全無欠の「乳化」状態。
『ひごもんず』角煮ラーメン、スープ1   『ひごもんず』角煮ラーメン、スープ2
 若干「茶色」っぽく目に映るのは、「マー油」や「角煮のタレ」の“影響”があるのではないでしょうか。
 この店の場合、スープ自体の「ブレ」(この場合は「濃度」)などはあまり大きくはないと思うのですが、多少なりとも、「スープの温度がぬるい」と感じるヒトがいる模様。
 ただ、ソレは「トッピングや麺の量」「食べる早さ」なども関係しますので、一概に「ぬるい」とは判定できないのではないでしょうか。


角煮御飯」(250円
『ひごもんず』角煮御飯(250円)1
『ひごもんず』角煮御飯(250円)2    『ひごもんず』角煮御飯(250円)3
 「白いご飯」の上に、角煮と味玉、それにネギと高菜がトッピング。
 この「高菜」は、多少油っぽい感じがいたしますので、もしかしたら「炒めて提供」されているのかもしれません。

 サスガに、コレだけでは「満腹」とまでは行きませんが、コレに「ラーメンのスープ」をかけてみますと、途端に「絶品メニュー」へと早代わりするコトでしょう♪

【当ブログ内の関連記事】
『ひごもんず』店舗案内
『ひごもんず』特製ラーメン
『ひごもんず』野菜ラーメン
『ひごもんず』つけ麺(夏季限定)
『ひごもんず』ピリ辛つけ麺(夏季限定)
『ひごもんず』カレーつけめん(品達夏味)
『ひごもんず』ネギラーメン&菜餃子
『ひごもんず』チャーシューメン
『ひごもんず』真っ赤なまっかないラーメン
『ひごもんず』メニューと価格
2008年12月時点での『ひごもんず』(品達店)で提供されている、レギュラーメニューとサイドメニューを、画像を交えて紹介しております
『ひごもんず』真っ赤なまっかないラーメン(2)
『ひごもんず』特製ラーメン(2)
『ひごもんず』ネギラーメン(2)
『ひごもんず』つけ麺(2009年)
『ひごもんず』辛つけ麺(2009年)
『熊本ラーメン ひごもんず』品達店、角煮ラーメン(2)
2010年1月における実食レポートです

『ひごもんず』看板熊本ラーメン ひごもんず品川店
住所:東京都港区高輪3-26-20
営業時間:11:00~23:00
定休日:元日を除き、(原則)無休
電話:03-3444-7140

読まれた方はバナーをクリックして下さい。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/140-d558fd72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。