メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 6月に入った頃より、徐々に、各店で限定メニューの提供が始まった、『品達』。
 今回採り上げますのは、『どんぶり五人衆』内の『すた丼』(品川店)です。
『すた丼』(品川店)店舗概観  『すた丼』価格改定のお知らせ  『品達どんぶり五人衆』

 コチラの「『すた丼』値上げ@品達」にありますように、5月1日より「値上げ」を告知したこの店ですが、客足を見る限り、特に値上げの影響などはない模様。
 そんな『すた丼』で4月より始まった、限定メニュー
 “月替わり”で商品が提供されるのかと思いきや、今回のメニューに関しては「3ヶ月連続」で提供するようです。

夏季限定の味
 6~8月

冷し坦々麺
700円
『すた丼』冷し坦々麺(700円)6~8月限定、掲示
カプサイシン効果
スタミナばっちり

 「カプサイシン=ダイエット」と結びつけるという発想が全くないオレ様にとっては、「コリャ、かなり辛いんだろうな・・・」と、その点だけを早くも警戒。
 オレ様の“辛さ耐性”のなさっぷりは、「『初代けいすけ』列黒坦々麺」や「『初代けいすけ』激烈黒坦々麺」で実証(?)済みw

 果たして、このメニューを“攻略”出来るのでしょうか・・・・・・?

 今回のエントリでは、この限定メニュー「冷し坦々麺」と、5~7月の限定メニューとなっている、「生姜ライス」(お持ち帰り)を紹介してみましょう。

メニュー
すた丼(玉子・みそ汁付)620円
『すた丼』券売機(6月~)特すた丼(玉子・みそ汁付)770円
チャーシュー丼(玉子・みそ汁付)720円
肉ピーマン玉子丼(玉子・みそ汁付)720円
ピーカラ丼(玉子・みそ汁付)700円
すたみなカレー(みそ汁付)670円

限定メニュー
生姜ライス 620円
 5~7月
冷し坦々麺 700円
 6~8月

チャーハン(みそ汁付)620円
『すた丼』メニュー画像(5月~)辛チャーハン(みそ汁付)670円
レタスチャーハン(みそ汁付)720円

飯増し 100円
肉増し 150円
肉飯増し 250円
「特すた丼」を除き、各メニュー「-100円」で「ミニサイズ」への変更可能

油そば 600円
麺大盛り 100円

『すた丼』ギョーザ(にんにくタップリ)玉子・温玉 50円
味噌汁 100円
小うどん 180円
ギョーザ 300円
半ギョーザ 200円
冷奴 100円
コトリサラダ 150円
『すた丼』生ビール(500円)豆腐サラダ 190円
生野菜 200円

瓶ビール、生ビール 500円
アイスクリーム 230円
ヨーグルト 150円
杏仁豆腐 150円

『すた丼』冷し坦々麺、券売機ボタン 実は、今回紹介いたします「冷し坦々麺」。
 非常に「券売機のボタンの位置」が分かりにくいのです。
 その「位置」としては、券売機の一番「右端の列」。そして、その右端の列の「下から2番目のボタン」が、「冷し坦々麺のモノ」となっております。

 ココで、前回の「油そば」の記事で省略してしまった、「店の入店システム」を紹介。
『すた丼』店舗、調味料 この店は「食券制」ですから、まずは券売機で食券を購入。
 その際、まず最初に「店内」、もしくは、お持ち帰りする場合の「弁当」のボタンを押してから、必要な食券を買い求めることになります。
 店内に入ったら、「店員の案内」に従います。
 「人数」「注文の品」(食券)を店員の方に伝え、案内された席へと座るようにします。
 水は「セルフサービス」。
 店内の2ヶ所にある「冷水機」から、自分で汲むことになります。

冷し坦々麺700円
『すた丼』冷し坦々麺(700円)1     『すた丼』冷し坦々麺(700円)2
『すた丼』冷し坦々麺(700円)3
 え~、改めて説明するまでもないと思われますが、この『すた丼』という店は「丼モノの専門店」なんですよね。
 そうであるにも関わらず、目の前には「完全無欠のラーメン」が登場しましたよw
 実は、この『すた丼』という飲食店。
 店(支店)によっても違いはあるのですが、メニューで麺類を提供している店が多いんですよね。
 しかも、それらのどれもが「評判がイイ」。
 今回、そんなメニューの一つが、『品川店』でも“解禁”されることになったワケです。

 「トッピング」は、実に盛り沢山。
『すた丼』冷し坦々麺、チャーシュー とてもサイズの大きなメンマに、モヤシ・カイワレ・コーンといった野菜に、ワカメも入っております。
 何といっても、目立つのは大判の「チャーシュー」。
 入っていた2枚とも、ドンブリの半分以上を覆う大きさ。
 この、チャーシューの「ウマさ」、そして「柔らかさ」は、『麺達七人衆』を含めて「『品達』で一番」でしょうね。

 そして、特に驚かせられたのが、「」。
『すた丼』冷し坦々麺、麺1   『すた丼』冷し坦々麺、麺2
『すた丼』冷し坦々麺、麺3
 てっきり「『油そば』と同じ麺」だとばかり思っていたのですが、それよりも太く、使っている小麦の質にこそ違い違いはありますが、自家製麺投入直後の「『つけめんTETSU』の麺」に近いモノでした。
 イヤ、「麺のコシ」に関してはそれ以上かもしれません。
 「噛み切る」のに苦労させられる程の、強いコシがありますね。

 これらの具材、麺を支えるのが「スープ」。
『すた丼』冷し坦々麺、スープ1 『すた丼』冷し坦々麺、スープ2 『すた丼』冷し坦々麺、スープ3
 「スープの色」を見ても分かりますように・・・、かなり「辛い」ですw ドンブリ内になみなみと入っていたものですから、アタマから「飲めるスープ」なのかと思っておりましたら、飲むには相当な“根性”が必要とされる「喉が焼けるような辛いスープ」でしたよw
 フツー、こういったメニューの場合、スープは「つけダレ」程度の量しか入っておりませんが、コレだけタップリと、スープが入っているのは珍しい。ただ、「麺への絡み」(つけダレの粘度)がそれほどなく、「サラッ」としていたのは、個人的には残念。
 「胡麻味噌」をベースに、唐辛子類をミックスした、とても量が多くて辛い、ヒンヤリ冷たいスープでした。


生姜ライス増し増し(620円+250円)
『すた丼』生姜ライス(お持ち帰り)3
『すた丼』生姜ライス(お持ち帰り)1     『すた丼』生姜ライス(お持ち帰り)2
 5~7月の限定メニュー、「生姜ライス」。
『すた丼』生姜ライス、掲示 以前、『品川店』でも提供されておりました「生姜味のすた丼」とは異なり、このメニューでは、肉は「皿盛」となります。
 肉自体は、通常メニューの「すた丼と同じモノ」ですが、味付は「生姜ダレ」。それプラスして、ドレッシングのかけられた「生野菜」が盛られます。
 ちなみに・・・
 上記「増し増し」とは、「肉増し」と「飯増し」のコトを意味します。


 今回の「限定メニュー」。
 ニンニクのタップリ入った“すた丼基準”からすると、かなりの「さわやかメニュー」(?)ですが、「品川」という場所柄、学生よりも社会人や旅行者の方が多いですから、意外と人気のメニューになるのではないでしょうか。

 興味をお持ちの方は、ゼヒ一度。

【当ブログ内の関連記事】
『伝説のすた丼屋 品川店』冷し坦々麺
 2010年夏、「冷し坦々麺」を限定メニューとして再販売しております

『どんぶり五人衆』店舗案内
『すた丼』油そば
『すた丼』油そばと限定メニュー(5月)
『すた丼』冷し坦々麺&生姜ライス
『すた丼』きくたまライス&すたみなカレー
『すた丼』メニューと価格
2008年9月現在の『すた丼』(品達店)で提供されている「メニュー」「値段」を、画像を交えて紹介しております
『スタ丼』甘辛ナスピー丼
2009年冬の、限定メニュー
『伝説のすた丼屋』油そば大盛
『伝説のすた丼屋』品川店、営業時間一時変更と持ち帰り弁当について
電話予約も可能な「持ち帰り弁当」(2009年4月変更)について、詳しく解説しております

『すた丼』掟『伝説のすた丼屋』品川店
住所:東京都港区高輪3-26-21
営業時間:11:00~24:00
定休日:元日以外、(原則)無休
電話:03-5793-8060

読まれた方はバナーをクリックして下さい。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/128-53cc776a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。