メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ドシャ降りの雨であっても一向に減る気配のない大行列に嫌気が差し、トンとご無沙汰でございました、大崎にある六厘舎
『六厘舎』店舗概観  『六厘舎』並び方1  『六厘舎』値上げ告知
 開店時には100名近くの行列が出来ることもあると聞き、その時間帯さえウマく外せば何とかなるだろうと、アレコレと“知恵”を絞って店へと突撃するものの、そうは問屋が卸さないコトもあるようでして・・・・・・。
 この日も「お!?空いてるゾ♪」と安心していたのもつかの間、見事に「割り込み」を喰らってしまいましたw

 そんな悲しい出来事は喰って吹き飛ばしちまおうと、麺量450グラムの「大盛」に、“定番トッピング”の「豚ほぐし」をプラス。
 さらに、少々この日は熱っぽかったこともあり、つけ麺を「あつもり」にして頂きました。

 その、あつもりというのは、お店側からは以下のように説明されているモノです。

あつもり
「あつもり」は冷水で締めたあと再度お湯に通し、麺を温かくした状態でつけ汁につけて食べるもの
麺の小麦の香りがつけめんより感じやすい。生卵と絡めてカルボナーラ風に食べても美味!

メニュー
麺類
中華そば 700円
『六厘舎』新価格(4月9日~)つけめん 850円
あつもり 850円
(つけめんの麺が温かいものです)
辛つけ 950円
辛あつ 950円

各種 大盛り 100円増し
特盛り 200円増し
尚「少なめ」も出来ます

をあと
・豚のせ 300円
『六厘舎』お土産つけめん、掲示豚ほぐし 150円
(つけ麺類のみ)
・味玉 100円
・海老玉 150円
・生玉 50円
・めんま 100円
・ビール 600円

・おみやげ用つけめん 1600円
(二人前 保冷剤入り)

 4月9日より、一部メニューの値上げがなされ、それ以外は、現在も上記メニューと価格のままで営業されております。

 「12人入替制」で店内カウンターに着席。
 座って3分ほどで、注文したメニューが出てまいります。
あつもり大盛+豚ほぐし950円+150円
『六厘舎』あつもり、大盛+豚ほぐし

『六厘舎』あつもり、つけダレ 「つけダレ」の中には、ネギ、ナルト、チャーシュー(この日は「短冊切り」)と、海苔の筏(イカダ)に載せられた魚粉。
 それに、今回追加トッピングとして注文しました「豚ほぐし」。
 気のせいか、その他にも「白と黄色の“物体」が見えるかもしれませんが、ソレは大崎・百反坂に出没するといわれている「味玉幽霊」だから、気にしないでクレw
 ココまで“分かりやすい位置”にあると、後からモザイクかけても無駄だから放置しておきましたよw

『六厘舎』あつもり、麺大盛 「」は大盛で450グラム。
 通常の「つけめん」の場合は「麺を茹でる⇒冷水で締める⇒水切り」という過程を経て提供されるのですが、「あつもり」の場合は、麺を冷水で締めた後に「お湯で再加熱」した状態で提供されます。
 店によっては冷水で麺を締めずに「茹で上げた状態でスグに提供」する場合もあるようですが、「『六厘舎』のあつもり」の場合、冷水で締めて再加熱した後も、シッカリと「湯切り」をしてから提供されます。
 従って、麺の入った器の底に「湯が溜まってしまい、麺が伸びる」というコトもありません。

 この「あつもり」。
 熱いつけダレの中に冷水で締めた麺を入れて食べるが故に起こる、「つけダレのヌルさ」を避ける上で、“有効”なメニューであるといえるでしょう。

 今回、追加トッピングした「豚ほぐし」。
『六厘舎』あつもり、豚ほぐし1   『六厘舎』あつもり、豚ほぐし2
 一見して「肉の塊」に見えるかもしれませんが、コレはチャーシューを繊維に沿って細かくほぐしたモノ。
 つけダレを“吸った”「豚ほぐし」は、ネットリと麺に絡みつき、極太麺がグイグイとつけダレを“引っ張る”コトを助けます。
 また、濃厚なつけダレに、更なる“動物系エキス”を、プラスすることにも寄与するでしょう。
 ただし・・・
『六厘舎』あつもり、豚ほぐし3
 この豚ほぐしをトッピングするコトで、ただでさえ濃厚なつけダレが「スグになくなってしまう・・・」んですよね・・・・・・。
 麺の並盛(300グラム)であるならば“問題”はないと思われますが、大盛(450グラム)ではギリギリのライン。それよりも麺量の多い「特盛」(600グラム)であるならば、麺を食べている途中でつけダレがなくなってしまうでしょう。
 こんな時には、店員の方に「つけダレの追加」を、お願いするしかないでしょうね。

 最後に、カウンターの上につけダレの入った器を置いて、「スープ割り」を頼みましょう。
『六厘舎』あつもり、スープ割り1    『六厘舎』あつもり、スープ割り2
『六厘舎』あつもり、スープ割り3
 この日、私の「左隣」にはカウンターに思いっきりヒジを拡げて場所を大幅占拠して食べる、お客さん。「右隣」には、カウンターだけの飲食店における“最大の敵”、サウスポーのお客さんが座っておりました。
 エエ・・・
 もう「カウンターで食べるスペース」など、どこにも存在しておりませんでした。「禅寺」みたいに、背筋を伸ばして器を手に持って食べるしかありませんでしたよw
 食べながらもイライラは頂点に達しておりましたが、この、「ゆずの香りのするスープ割り」を口にして、何だかホッと落ち着きました。

 ウン、このスープ割りは最強かもしれませんネ。


【当ブログ内の関連記事】
『六厘舎』道案内
『六厘舎』店舗案内
『六厘舎』つけめん
『六厘舎』つけめん特盛
『六厘舎』辛つけめん
『六厘舎』あつもり&生玉
『六厘舎』特盛&豚ほぐし
『六厘舎』つけめん大盛&メンマ
『六厘舎』近辺の駐車場の情報も
『六厘舎』つけ麺&豚のせ
『六厘舎』つけ麺&味玉
『六厘舎』つけ麺・特盛
並び方、及び『お土産つけめん』の値段と内容量の変更情報
『六厘舎』つけ麺・大盛&豚ほぐし
『六厘舎』あつもり&生玉(2)
『六厘舎』辛つけめん(2)
店頭販売されている「お土産つけ麺」の全国配送の情報もあります

『六厘舎』おみやげつけめん

『六厘舎』営業時間と定休日六厘舎
住所:東京都品川区大崎3-14-10
営業時間:11:30~16:30(スープ切れ終了)
定休日:火曜日
電話:03-5434-0566

読まれた方はバナーをクリックして下さい。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/104-ab300c57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。