メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

 京急川崎駅から徒歩で2分ほど、川崎市役所へと向かう途上の「砂子一丁目交差点」付近で営業しております、伝説のすた丼屋川崎店(リンク先:公式サイト店舗情報)
『伝説のすた丼屋』川崎店、店舗概観画像(2013年2月)
 2011年にオープンした川崎の店舗は、『すた丼』のホームともいえる“学生街”ではなく、“繁華街”に立地する店舗。それゆえに営業的に苦戦するかと予想していたのですが、昼も夜も、それなりのお客さんからの支持を得られている模様。
 やはり、量が多くて提供価格が安いという“コストパフォーマンス”の良さは、数ある外食産業系飲食店の中でも、引けをとることはないのでしょう。

すたみなライス肉増し580円130円

『伝説のすた丼屋』川崎店、スタミナライス・肉増し(1)
『伝説のすた丼屋』川崎店、スタミナライス・肉増し(2)  『伝説のすた丼屋』川崎店、スタミナライス・肉増し(3)
味噌汁付

 基本メニューの「すた丼」がご飯の上に肉を盛り付けるという“丼ぶり”提供されるのに対し、スタミナライスはご飯と肉を別にした“定食風”にて提供するという違いがございます。
 また、「すた丼」「すたみなライス」共に、味付はニンニク醤油で値段も同じという共通点があるのですが、スタミナライスの方では「すた丼」に付き物の「生卵はセットにならず、代わりに、カイワレ大根を添えた「キャベツ」の山盛りがプラスされます。

 なお『すた丼』では全国展開に伴い、“地域別価格制”を導入。
 今回の「すたみなライス」を例に取りますと、『品川店』が620円、東京23区の店舗が600円、そして東京多摩地区と東京以外に出店している店舗では、原則的に580円で提供。
 したがって『川崎店』では東京23区との距離的差異がほとんどないながらも、“東京以外の店舗”というルールが適用されて、580円という割安価格で食べることができるのです。

伝説のすた丼屋川崎店
住所:神奈川県川崎市川崎区砂子1-8-12 ウィン砂子1F、2F
電話:044-201-6719『伝説のすた丼屋』川崎店、営業時間案内(2011年7月)
営業時間:11:00~翌3:00
定休日:(原則)無休
 テイクアウトの電話予約可能
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

 「すたみなライス」はニンニク醤油のタレで炒めた豚バラスライス肉と生野菜を一緒に食べるという、実に単純なメニュー。
 “味変要素”というのは野菜にかけるドレッシング類だけのような状態で、『川崎店』を始めとする多くの店舗で常備されているのが、「青じそ」と「サウザンアイランド」の2種類。
『伝説のすた丼屋』川崎店、卓上の調味料類  『伝説のすた丼屋』川崎店、スタミナライス・肉増し(4)
 時折これらドレッシング類を、すた丼にかけて食べる勇者を目にすることがございますが、これらは基本“生野菜用”ですので、そこんとこヨロシクねw

 今回は“実験”を兼ね、「肉増し」(東京23区と東京以外の店舗では130円)を注文。その実験というのは、「肉の増量具合」や「味付の濃さ」といった項目で。
 何やら・・・、世間では『すた丼』の「肉の量が減った」「味がやたらと濃くなった」という風評があったものでして。
『伝説のすた丼屋』川崎店、スタミナライス・肉増し(5)  『伝説のすた丼屋』川崎店、スタミナライス・肉増し(6)
 その実験結果を報告しますと、やはり、世間の評判通り「肉の量が減った」「味がやたらと濃くなった」という2点は、かなりの高確率で“正解”と言えるような気がしました。
 ワタクシの見る限り、『すた丼』では基本の肉の量が減ったように先ず思われ、続いて以前には倍増していた「肉増しの増量分が2倍以下に抑えられているようにも見受けられます。

 また、「最近のすた丼はショッパ過ぎる」という意見もあながち間違いではないようで、以前はもう少し“まろやかさ”があったように思われるのですが、この日は「おろしニンニクに醤油を思いっきりブチまけただけ」という、非常に尖った印象が。
 よって、上の画像にありますように「ご飯の上に肉と野菜を載せて塩辛さを中和”させながら食べる」しか、“逃げ場”がないような気が。


 こうした“ショッパさ批判”は主に関西方面の店舗から聞かれたものですが、辛いモノ好き(?)である関東人のワタクシからしても、今の『すた丼』は以前よりも味付が濃くなっているように思われましたよ。

伝説のすた丼屋川崎店メニューと価格
・丼物
『伝説のすた丼屋』川崎店、メニュー表(2013年2月・1) すた丼/生姜丼 580円
 チャーシュー丼 650円
 ピーカラ丼 690円
・皿盛
 すたみなライス/生姜ライス 580円
 豚しゃぶライス 580円
 すたみなカレー 630円
 肉野菜ライス 690円
・追加トッピング、他
  肉増し 130円
  飯増し 90円
  肉飯増し 220円
『伝説のすた丼屋』川崎店、メニュー表(2013年2月・2)  ミニメニュー 各100円引き
・チャーハン類
 チャーハン 580円
  飯増し 100円プラス
   ミニメニュー 100円引き
・麺類
 醤油ラーメン 500円
 味噌ラーメン 500円
 塩ラーメン 500円
 油そば 600円
麺類の大盛 プラス100円
・一品もの
『伝説のすた丼屋』川崎店、限定メニュー(2013年2月) 餃子(5粒)200円
 半餃子(3粒)140円
 ミニサラダ 150円
 玉子/温玉 50円
 味噌汁(弁当)50円
 豚汁 180円
 杏仁豆腐(ソース付)150円
・セットメニュー
 ギョーザセット 780円
 ラーメンセット 880円
 油そばセット 950円
 レディースセット 630円
  ミニ丼セット 各100円引き

 「すた丼」や「生姜丼」といった、主だったメニューは最安値である“東京多摩地区価格”で提供されている『川崎店』ですが、サイドメニューなどを仔細に眺めますと1年ほど前と比べ20円程度値上げされて“東京23区価格”で提供されているモノも見受けられます。

 また、上に貼付した「メニュー表画像」を拡大していて気付いたのですが、多くの店舗で販売中止となった「レタスチャーハン」がメニュー表に含まれているのは、いくつかの店舗で、2~3月の“限定メニュー”として販売されているからなのでしょう。
 ちなみに・・・
 上にも貼付しましたが、今現在(2013年2~3月)の『すた丼』ほぼ全店舗提供の限定メニューは「ホエー丼」。
 東京23区と多摩地区は「730円」、『品川店』では「750円」で販売中。

すたみなライス肉増し持ち帰り弁当

『伝説のすた丼屋』スタミナライス・肉増し、持ち帰り弁当(1)
『伝説のすた丼屋』スタミナライス・肉増し、持ち帰り弁当(2)  『伝説のすた丼屋』スタミナライス・肉増し、持ち帰り弁当(3)

 今回『川崎店』で食べました「すたみなライス」を、持ち帰り弁当(テイクアウト)でも紹介。

 “正確”なトコロを述べますと、上の画像にある弁当は『川崎店』で購入したものではなく、東京23区内にある店舗で購入したもの。その店では「飯増しサービス」を行っていることもあり、通常よりもライス量が多く盛り付けられている点はご了承ください。
 ただ・・・
 その飯があまり美味く感じられない・・・・・・。

 以前とは「容器」も異なり、直接野菜の上にかけていたドレッシングも「袋入り」で提供されるようになったようです。


 なお、『すた丼』の多くの店舗で採用されている“お持ち帰り”については、「店頭価格から10円プラス」、「セットの味噌汁は別料金となっている点にはご注意を。
 以下、『川崎店の持ち帰りメニューをご紹介。

伝説のすた丼屋川崎店持ち帰り弁当メニュー表

『伝説のすた丼屋』川崎店、持ち帰り弁当メニュー表(2013年2月)


【関連記事】
『伝説のすた丼屋』品川店、生姜ライス・マシマシ
 2010年のレポート。“ニンニク不使用”の生姜ライスを、持ち帰り弁当を含めて紹介しております。

『伝説のすた丼屋』川崎店、蒸し鶏の塩油そば
 『川崎店』における2011年夏の限定メニューの一つ「蒸し鶏の塩油そば」の他、駅からお店までの「アクセス方法」なども記しております
『伝説のすた丼屋』川崎店、冷やし担々麺
 2011年夏の限定メニューの紹介エントリです

『伝説のすた丼屋』メニューと値段(1)
『伝説のすた丼屋』メニューと値段(2)
 全国展開を開始した『伝説のすた丼屋』で提供中の「主要メニュー価格」を、画像を交えて紹介しております

伝説のすた丼屋川崎店アクセスマップ

ストリートビュー内の『ドトールコーヒー』と同じ場所で、『川崎店』が営業しております

にほんブログ村 グルメブログへ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/1032-0c7dbcd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック