メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「まぜそば専門店」として、当ブログ内でも定期的に採り上げております、東京は大崎にございますジャンクガレッジ
『ジャンクガレッジ』店舗    『ジャンクガレッジ』悪い並び方
『ジャンクガレッジ』チョッと前の画像
 上記画像からも伺えるような“メタボ推進食品”としか言いようのない「まぜそば」を提供している飲食店なのですがw この「まぜそば」の他にも、この店には“もう一つのメタボ食品”とも言えそうなラーメンも、人気メニューとなっております。

 このラーメンが『ジャンクガレッジ』のレギュラーメニューに加えられた“きっかけ”は、動画サイト『YouTube』にアップされております「No Soup Ramen」から窺い知ることが出来ます。
 ハッキリ言ってしまえば
テレビ番組との“連動企画
なんですよネw

 しかしながら、そんな経緯から生まれたラーメンも、提供開始から「1年」が経ちました。
 この間、様々な試行錯誤がございましたが、ようやく、そのラーメンも“安定期”に入ったかと思われますので、ココに、『ジャンクガレッジ』ご自慢のラーメンを紹介しておきましょう。

メニュー
麺類
『ジャンクガレッジ』メニュー(4月~)ラーメン 680円
ラーメン(大)780円
まぜそば 750円
まぜそば(大)850円
特製まぜそば 950円
特製まぜそば(大)1050円
「麺少なめ」できます。食券を出すときにお申しつけ下さい。

有料トッピング
『ジャンクガレッジ』お家でジャンク(掲示)豚増し 150円
温玉 100円
チーズ(1枚)50円
魚粉 50円

月刊とらさん 350円
お土産 1980円

 この「ラーメン」を食べる際の注意を、二つほど。
 一つは、『ジャンクガレッジ』というお店自体が「まぜそば専門店」を謳っておりますゆえ、やはり、ラーメン自体が“サブメニュー”的な役割のため、「提供できる杯数が少なく、売り切れるのが早い」という事情があります。
 “今の時期”ですと比較的気温が高いためか、お客さんの多くは「熱いスープの入っていない『まぜそば』を注文」するケースが多いのですが、冬場や雨などで気温が低い日であったりすると、途端に、「まぜそば」よりも「ラーメンの方がよく売れる」という“現象”が起こったりします。

 二つ目には、「ラヲタ(笑)」、とりわけ「『ラーメン二郎』の“信者”」の方々には、ココの「まぜそば」は“目のカタキ”にされているフシがあるんですよw まあ、「分かる人にはワカル」でしょ?
 その反面、そんな“『二郎』信者”の方でも、ココの「ラーメン“だけ”は認める」って方々が、少なからずいるんです。エエ、それは「注文(トッピング)の仕方」を聞いていれば分かります。
 そんな「ラーメン目当てのお客さん」というのは「早い時間帯から店に来るコトが多い」のです。
 すると、かなり早い時間帯からラーメンが売切れてしまう可能性が高くなる・・・・・・。

 いずれにせよ、「ラーメン目当て」の方は、なるべく早い時間帯に店へ足を運ぶ方がよいでしょう。

ラーメン」(ヤサイ・にんにく)
『ジャンクガレッジ』ラーメン1(ヤサイ・にんにく)  『ジャンクガレッジ』ラーメン2(ヤサイ・にんにく)
 「表面張力とは何か?」、ソレを分かりやすく伝える“お手本画像”みたいなモンですナw
 確かに「ドンブリがそれ程大きくはない」という事情はあるのですが、麺量、トッピングもかなり多いように感じられます。

 その「トッピング」についてですが、以下の4つから選べるようになっております。

無料トッピング
ラーメン
『ジャンクガレッジ』無料トッピングヤサイ(茹でた「もやし」と「キャベツ」)
にんにく
アブラ
課長(旨味調味料:「調味料」をラヲタ用語で「課長」と呼ぶ)
全部(上記無料トッピングを全部載せる)
「ラーメン」のみ、「ヤサイダブル」出来ます

 まず、「まぜそば」と「ラーメン」では注文可能なトッピングが異なることに、ご注意下さい。
 “常連度”とでも言うべきモノも関係してくると思いますがw 上記トッピング、とりわけ「ヤサイ」に関してはかなり多く盛られる傾向にあります。
 店員の方からの“警告”はありますが、「ヤサイダブル」というのは、『二郎』で言う「マシマシ以上」の盛りで提供される傾向にありますから、基本的に、オススメできません。

『ジャンクガレッジ』ラーメン、麺 は「平打ち太麺」。
 このメニューの提供当初には、“堀切系”に近い太麺が使用されておりましたが、今は「平打ち」で、かなり「縮れ」(ウェイブ)のかかった麺を使用するようになっております。
 「麺量」は“推測”ではありますが「200~250㌘」の間で収まる程度であると、感じております。

『ジャンクガレッジ』ラーメン、チャーシュー トッピングは、ヤサイとチャーシュー。チャーシューは、“通常”厚切りのモノが1枚に、若干の「ほぐしブタ」が入ることになります。
 右側の画像にもあるチャーシューは人気が高く、“常連クラス”の方々は「豚増し」(150円)で注文される方が非常に多いモノ。
 豚バラ肉をロール状にして作った、いわゆる「巻きチャー」ですが、品川を含めた東京南部ではこういったカタチでチャーシューを提供する店が少ないため、私もこのチャーシューを目当てに店に行くほどの逸品でございます。

 この、ラーメンの最も“特徴的”なのが、「スープ」でしょう。
『ジャンクガレッジ』ラーメン、スープ1   『ジャンクガレッジ』ラーメン、スープ2
 初めの頃はドロドロの「ド乳化スープ」で確実にコチラの寿命を縮めるようなモノでしたがw 今は、ダシ、醤油、アブラのバランスが見事にとれたスープへと進化いたしました。
 特に、最近では豚のダシが出まくっております♪
 いわゆる“二郎系”では抜きん出ており、その「“ブレ”の少なさ」を考えれば、かなりの高レベル。

 「このレベルのラーメンが食べられるのなら、もう、“遠征”なんかしなくてもイイや」と、毎度食べる度に思ってしまうのですが、もう、このジャンクガレッジ
 「並ばずに食べられる店」ではなくなってしまいましたね・・・・・・。


【当ブログ内の関連記事】
『ジャンクガレッジ』店舗案内
『ジャンクガレッジ』2
『ジャンクガレッジ』特製まぜそば
『ジャンクガレッジ』まぜそば

『ジャンクガレッジ』お家でジャンク(お土産)
ジャンクガレッジ『ガテン系まぜそば』by日清

『ジャンクガレッジ』移転のお知らせ
『ジャンクガレッジ』移転に関して(詳細)

『ジャンクガレッジ』大崎最終営業日

『ジャンクガレッジ』ポスタージャンクガレッジ
住所:東京都品川区大崎3-14-10
営業時間:18:00~23:00(材料切れ終了)
定休日:日曜日
電話:03-5434-0605

読まれた方はバナーをクリックして下さい。にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://impressions2.blog5.fc2.com/tb.php/103-8b333b12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。