メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2012/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/11

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

 地下鉄・都営三田線の水道橋駅から徒歩で2分ほど、JR線の駅からも4分程度で到着可能なセルフ形式の“讃岐うどん専門店”、讃岐うどん大使 水道橋麺通団』(公式サイト)

 都内で営業する数ある“セルフうどん店”の中でも、讃岐うどんの本場である“香川県の雰囲気”をこよなく伝えるこの店で、食べて来ましたのは“肉玉うどん”。

肉うどん生卵600円50円

『水道橋麺通団』肉うどん&生卵&天ぷら

 通常の「かけうどん」(あつかけ)に牛肉、それとオプションで生卵をトッピングしたのが、“肉玉うどん”。
 うどん店においては、天ぷらうどんと並び“高級メニュー”の一つに数えられるモノですが、意外にも、安さや早さが自慢の香川県内のセルフ店では、提供している店が少ないものです。
『水道橋麺通団』肉玉うどん(1)
 誰もが一度は食べたことのあるメニューですが、チョッと面白いのが、一つ前のエントリで紹介した徳島県の地ラーメンの一つとされる徳島ラーメンとの共通性
『水道橋麺通団』肉玉うどん(2)
 「肉と生卵を絡めて食べる“すき焼き風ラーメン”」などと喧伝された徳島ラーメンですが、徳島県は言うに及ばず全国において、“肉玉うどん”という同じ麺類の食べ方が広まっていたことを考えれば、「徳島ラーメンの起源はすき焼きなどではなく肉うどんにアリ」と言う方が、適切なのではないか思われますね。

讃岐うどん大使 水道橋麺通団
住所:東京都文京区本郷1-13-2『水道橋麺通団』営業時間と定休日(2011年)
電話:03-3818-8774
営業時間:11:00~23:00(ラストオーダー)
定休日:不定休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『水道橋麺通団』肉うどん]の続きを読む