メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。

2011/101234567891011121314151617181920212223242526272829302011/12

ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

 JR土讃線・須崎駅から徒歩で20分弱。
 県道388号線(旧国道56号線)沿いで営業する、“鍋焼きラーメン専門店”『まゆみの店』。
『まゆみの店』@高知県須崎市、店舗概観画像(2011年)
 平成14年(2002年)より高知県須崎市の“町おこし企画”として大々的にPRを開始した「鍋焼きラーメンプロジェクトX」(リンク先:須崎商工会議所)
 当時の“ご当地ラーメンのメッカ”とも言えた『新横浜ラーメン博物館』も協力する中、お好み焼き専門店”から“鍋焼きラーメン専門店”へとシフトチェンジさせたのが、今回紹介する『まゆみの店
 今現在の『まゆみの店』は、近隣で営業(徒歩で3分程度)する『橋本食堂』に続く鍋焼きラーメンの専門店として、広く認知。
 『橋本食堂』にはない「日曜・祝日営業」や「夜営業」を行う他、従来は醤油ラーメンのみであった鍋焼きラーメンに「塩ラーメン」「カレーラーメン」「キムチラーメン」といった味のバリエーションを加えるなど、“次世代型・鍋焼きラーメン専門店”として営業中。

 そんな『まゆみの店』で今回食べましたメニューは、ライスが無料でセットとなる“変り種メニュー”の一つ、「カレー鍋焼きラーメン」です。
『まゆみの店』@高知県須崎市、カレー鍋焼きラーメンセット・900円(2011年)
『まゆみの店』@高知県須崎市、カレー鍋焼きラーメン(1)   『まゆみの店』@高知県須崎市、カレー鍋焼きラーメンセット・ライス(2011年)

まゆみの店
住所:高知県須崎市栄町10-14
電話:0889-42-9026『まゆみの店』@高知県須崎市、営業時間と定休日案内(2011年)
営業時間:11:00~21:00
 火曜日のみ11:00~17:00
定休日:水曜日(祝日の場合は営業)
駐車場:10台
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『まゆみの店』@高知県須崎市、カレー鍋焼きラーメン]の続きを読む
 JR徳島駅と牟岐線・阿波富田駅から徒歩で10分強。
 徳島県徳島市内の中心的な繁華街・徳島銀座商店街にて営業中の、昭和26年(1951年)創業という老舗店舗中華そば 銀座一福』(公式サイト)
『銀座一福』@徳島、店舗概観画像(2011年)
 現在に至るまで禍根を残すことになった、『新横浜ラーメン博物館』主導の“徳島ラーメン”の選定と『いのたに』の出店が決まった1999年当時、「徳島市内で古くから営業している人気の“中華そば店”」と言えば、間違いなく『銀座一福』や『よあけ』といった“非・徳島ラーメン店”。
 しかしながら2000年代の前半頃、『いのたに』の爆発的な集客力を目にした多くの店舗が、従来の支那そばや中華そばといったスタイルから、徳島ラーメンを想起させるモノへと“改宗”。
 『銀座一福』もそういった“改宗組”の一つに数えられるものの、豚骨と鶏ガラを煮出した“独自のスープ”や、徳島県内のラーメン店に顕著に見られる、ラーメン以外のメニューも豊富に取り揃える“中華食堂的店舗”といったものは、堅守。

 そんな“徳島ラーメン事情”を語る上で欠かせない『銀座一福』で今回食べましたメニューは、人気の「ワンタン麺」と、テイクアウトも可能なとろけるように柔らかい「シューマイ」(焼売)です。
『銀座一福』@徳島、シューマイ・400円(1)  『銀座一福』@徳島、ワンタン麺・650円(1)

銀座一福
住所:徳島県徳島市銀座10 1F
電話:088-652-2340『銀座一福』中華そば&焼きめしセット・画像
営業時間:11:00~22:00(ただし、売り切れ次第終了)
定休日:不定休
駐車場:近隣のコインパーキング『ミニッツパーク24』を利用(飲食代金によって割引あり)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『銀座一福』@徳島、ワンタン麺&シューマイ]の続きを読む
 東急・自由が丘駅の南口から徒歩で2~3分、奥沢駅からでも5分程度で到着可能な“豚骨ラーメン専門店”、豚骨世界 大大』(『せたが屋』公式サイト・店舗案内)
『豚骨世界 大大』@自由が丘、つけ麺類メニュー写真(2011年)
 店舗数を増やし続ける『せたが屋』グループですが、同じ自由が丘で営業していた味噌ラーメン専門店『南部』が閉店(リンク先:当ブログ内関連記事)、その一方、距離的には大きく離れていない目黒には『大大』と似たコンセプトである豚骨ラーメンの店『俺式』が開店(リンク先:『せたが屋』公式サイト・店舗案内)
 そういった状況下、『大大』では何らかの“リニューアル”が行われているのではないかとの期待と不安を抱きつつの、訪問。

肉盛つけめん並盛1000円

『豚骨世界 大大』@自由が丘、肉盛つけめん並盛・1000円(2011年)
『豚骨世界 大大』@自由が丘、肉盛つけめん並盛・つけダレ   『豚骨世界 大大』@自由が丘、肉盛つけめん並盛・麺皿

 通常のつけ麺(750円)に、網焼きにした豚ロース肉を大量に盛り付けたのが、今回注文した「肉盛つけめん」(1000円)。
 濃厚な豚骨スープのつけダレに太麺、それと大量の炙り肉で腹イッパイ食べて欲しいというメニューですが、自由が丘という立地や厳選食材を使用している(であろう)という点を差し引いても、やはり「1000円」という提供価格では“他の選択肢”を考えてしまうモノ。
 今回注文した「つけ麺」自体に大きな変化はございませんでしたが、他の提供メニュー」や「価格」、それに「営業時間と定休日」には変化がございましたよ。

豚骨世界 大大
住所:東京都世田谷区奥沢5-26-4
電話番号:03-5701-8801
営業時間:11:30~25:00
定休日:(原則)無休
駐車場:無し(店舗隣のコインパーキング利用)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[自由が丘『豚骨世界 大大』肉盛つけめん・並盛]の続きを読む
 JR高松駅から徒歩で約15分。
 高松中央通りを栗林公園方面へと進んだ中央三井信託銀行の裏手、銀行と高松市美術館に挟まれるような場所で営業する、往時には“讃岐うどん屈指の名店”とされていたかな泉』(かないずみ:公式サイト)紺屋町店
『かな泉』紺屋町店、店舗概観画像(2011年)
 紺屋町の『かな泉』は、高松市の南北を結ぶメインストリートの近くにあり、さらには琴電・片原町駅から7~8分、瓦町駅からでも徒歩10分程度で到着可能な場所で営業しているとあって、昼時を中心に大変に賑わっている模様。
 かつての『かな泉』には、県外のお客さんが集う“高級店”というイメージがあったようですが、現在“本店扱い”されている紺屋町店は“セルフ形式の讃岐うどん店”となっておりますから、比較的に低価格で「うどん」や「天ぷら」を食べることが可能となっております。

  そんな『かな泉』で今回食べましたのは、基本メニューの「かけうどん」、それにゲソとエビの「天ぷら」でございます。

『かな泉』紺屋町店、かけうどん&天ぷら(2011年)
『かな泉』紺屋町店、ゲソ天&海老天(2011年・1)   『かな泉』紺屋町店、かけうどん・180円(2011年・1)

かな泉紺屋町店
住所:香川県高松市紺屋町9-3
電話:087-822-0123『かな泉』紺屋町店、営業時間と定休日(2011年)
営業時間:9:30~17:00
定休日:(年末年始を除き)無休
駐車場:無し(近隣のコインパーキング利用)
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.』『讃岐うどん遍路

[『かな泉』紺屋町店、かけうどん]の続きを読む
 当ブログでは開店日、および提供メニューについて既報済み、京急本線・品川駅の高架下で営業するラーメンと丼専門店の集合施設『品達』(公式サイト)に、2011年7月18日にオープンいたしましたのが、軽井沢の唐揚げ とりまる品達店(『品達』サイト・店舗案内)
『軽井沢の唐揚げ とりまる』品川店、店舗概観画像(2011年11月)
 『とりまる』のオープンしたのは、今年の6月28日に閉店した天丼の専門店『どんぶり屋 ハゲ店』が営業していた場所。
 利用者の多いJR品川駅の改札口から距離のあるこの場所で、『とりまる』が主要メニューに据えているのが、「鶏の唐揚げ丼」です。

唐揚げ丼680円

『軽井沢の唐揚げ とりまる』品川店、唐揚げ丼・680円(1)
『軽井沢の唐揚げ とりまる』品川店、唐揚げ丼・680円(2)   『軽井沢の唐揚げ とりまる』品川店、唐揚げ丼・セットの味噌汁
味噌汁

 基本メニューの「唐揚げ丼」は、通常サイズ(並盛)で300グラムというご飯の上に、甘めの醤油ダレ胡麻刻み海苔野沢菜、そして鶏の唐揚げが5個トッピングという構成。
 このメニューが“プレーン”と名付けられているのは「鶏の唐揚げに味付けが加えられていない」という意味で、このプレーンをベースに、「和洋中の味付」をプラスし、メニューにバリエーションを持たせているようです。
 「衣はサクサクとして肉はジューシー」と多くの方に支持されそうな唐揚げですが、コレを“丼もの”として評価しますと、“何かが足りない”と感じる方もおられるかもしれませんね。

軽井沢の唐揚げ とりまる品達店
住所:東京都港区高輪3-26-21『軽井沢の唐揚げ とりまる』品川店、店舗看板画像
電話:03-5421-2878
営業時間:11:00~23:00
定休日:元日を除き(原則)無休
グルメサイト情報:『食べログ』『30min.

[『軽井沢の唐揚げ とりまる』品達店、唐揚げ丼]の続きを読む