メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。
ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新横浜駅から徒歩で5分ほどのフードアミューズメントパーク、新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、店舗概観画像(2011年・1)
 『ラー博』店舗の中で、目新しさはないものの“味の評価”の高いお店がコチラ、“東京ラーメン”の老舗春木屋新横浜ラーメン博物館店

塩中華そば太麺850円

『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、塩中華そば・850円(2011年・1)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、塩中華そば・850円(2011年・2)   『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、塩中華そば・太麺(2011年)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、塩中華そば・スープ(2011年)

 写真は、「塩中華そば」(塩ラーメン)。
 トッピング類は、「中華そば」(醤油ラーメン)と同じ刻みネギメンマ焼き海苔チャーシューに、このメニューでは胡麻をプラス。
 は、ストレートの細麺と縮れ形状の太麺からの選択が可能。
 煮干を始めとする数十種類の具材を使用したスープは非常に「まろやか」で、多めに使用されている油と共に、塩ダレの“尖り”を優しく包み込むような味わいへと仕上がっております。

春木屋新横浜ラーメン博物館店(リンク先『30min.』店舗情報)
『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(館内掲示・2010年)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休

[『春木屋』新横浜ラーメン博物館店、塩中華そば]の続きを読む
スポンサーサイト
 JR目黒駅から徒歩で約12~13分。
 山手通り沿いで営業しております“無化調ラーメン”のお店、ラーメンゼロ』(リンク先:『せたが屋』店舗紹介)
『ラーメンゼロ』店舗看板画像(2011年)
 化学調味料だけに止まらず醤油や味噌といった調味料の使用も排し、天然素材から抽出したダシ汁を組み合わせたスープが自慢という、このお店。
 今回紹介いたしますのは“トッピング全部載せメニュー”、「ラーメンゼロ」です。

ラーメンゼロ1000円

『ラーメンゼロ』ラーメンゼロ・1000円(2011年・1)
『ラーメンゼロ』ラーメンゼロ・1000円(2011年・2)   『ラーメンゼロ』ラーメンゼロ・中細麺(2011年)
『ラーメンゼロ』ラーメンゼロ・スープ(2011年)
 ラーメンゼロは、ゼロ特製焼豚3枚、半熟味玉子、厚岸のアサリが入っております。
 トッピングとスープとの絡みを、楽しんで下さい。

 通常の「ラーメン」(ベーシックゼロ850円)に比べ、チャーシュー半熟味付玉子アサリといったトッピング類を追加。
 麺はカタメに茹で上げた北海道産小麦使用の中細麺、それに、動物系素材や海産物、野菜や果物などを炊き出して作ったというスープ
 この店の開店当初、「ラーメンゼロ」というメニューは追加トッピングを何も加えない“基本のラーメン”でしたが、今では“トッピング全部のせメニュー”を指し示すモノへと変更されております。

ラーメンゼロ(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:東京都目黒区下目黒3-4-6サンライズ目黒1F
電話:03-3793-0018『ラーメンゼロ』営業時間と定休日(2010年)
営業時間:
 (昼)11:30~16:00
 (夜)18:00~21:00(スープ切れ迄)
定休日:火曜日(火曜日が祝日の場合、翌日)
 2010年11月9日より、変更

[『ラーメンゼロ』@目黒、トッピング全部のせ]の続きを読む
 新横浜駅から徒歩で約5分、新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)内の熊本ラーメン こむらさき新横浜ラーメン博物館店
『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、できたて特製チャーシュー・販売告知(2011年2月)
 この店で最も評価の高いメニューといえば、厚切りの豚バラ肉のチャーシューが5枚トッピングされる、「特製チャーシューメン」。
 今回は、その「特製チャーシューメン」と同じ肉を使用しながらも調理法や味付にこだわった期間限定メニュー、「できたて特製チャーシュー」と食べ比べをしてきましたよ。

特製チャーシューメン1150円

『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、特製チャーシューメン・1150円(2011年・1)
『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、特製チャーシューメン・1150円(2011年・2)  『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、できたて特製チャーシュー・1枚100円(2011年2月)
できたて特製チャーシュー1枚100円

 豚骨スープで煮込んだ「特製チャーシューメン」のチャーシューに対して、「醤油ダレ」で煮込み「出来立て」の熱々のまま提供されるのが、限定メニューの「できたて特製チャーシュー」。
 口の中でとろけてしまうような柔らかさと生姜の風味が強く感じられる味付が絶品で、ビールのつまみやご飯のおかずとしても重宝されそう。
 「できたて特製チャーシュー」は2011年2月17日までの期間限定メニューで、提供回数は1日5回。
 その“ハードル”は高いですが、一度は食べてみる価値のあるメニューと言えるでしょう。

熊本ラーメン こむらさき新横浜ラーメン博物館店(リンク先『30min.』店舗情報)
『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(館内掲示・2010年)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休

[『熊本ラーメン こむらさき』新横浜ラーメン博物館店、特製チャーシューメン]の続きを読む
 JR水道橋駅の東口から徒歩で3~4分。
 東京ドームのスグ近くで営業しておりますセルフ形式の“讃岐うどん専門店”、讃岐うどん大使 水道橋麺通団』(公式サイト)
『水道橋麺通団』店舗概観画像(2011年・1)
 この水道橋のお店は、“讃岐うどんブーム”を巻き起こした麺通団』(公式サイト)の系列店としては比較的に新しい、2009年7月の開業。
 営業時間も長く休日も営業していることから、水道橋近辺では大変に“重宝”されるお店の一つ。
 そんな『麺通団』の看板メニューの一つに数えられるのが、「明太釜玉うどん」でしょうか。

めんたま」(明太釜卵うどん600円

『水道橋麺通団』明太釜玉うどん・大(2011年・1)
『水道橋麺通団』明太釜玉うどん・大(2011年・2)  『水道橋麺通団』明太釜玉うどん・大(2011年・3)
天ぷら鶏天ちくわ天各100円

 茹で釜から揚げた熱々のうどんに生卵を絡めた「釜玉うどん」に、人気の組み合わせ「明太子」と「バター」をプラスしたのが、このメニュー。
 釜揚げうどんのモチモチとした食感と明太子のプチプチ感、それにバター特有のコクが合わさり、誰もが喜びそうな味。
 提供価格は「小400円」「中500円」「大600円」。
 「釜揚げうどんメニュー」というコトで、うどんの茹で上がりまでに10分程度かかる可能性がある点には、注意。

讃岐うどん大使 水道橋麺通団(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:東京都文京区本郷1-13-2『水道橋麺通団』営業時間と定休日(2011年)
電話:03-3818-8774
営業時間:
 11:00~23:00(ラストオーダー)
定休日:不定休

[『水道橋麺通団』めんたま(明太釜玉うどん)]の続きを読む
 新横浜駅から徒歩で5分ほど、新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)2011年2月28日までの期間限定出店を行なっております、岡山県のご当地ラーメンの一つとされる“笠岡ラーメン”を提供しているお店、中華そば 坂本
『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、店舗概観画像(2011年・1)
 今回ご紹介いたしますのが、平日のランチタイム限定で食べられるオトクなメニュー、「中華そばセット」です。

中華そばセット880円

『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、中華そばセット・880円(2011年)
『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、中華そばセット・小鉢(2011年)   『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、中華そばセット・揚げワンタン(2011年)
『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、中華そばセット・かしわめし(2011年)
中華そばご飯揚げ物小鉢

 通常サイズの「ラーメン」(700円)に、「ライス」・「小鉢」(ネギの胡麻味噌和え)・「揚げワンタン」(単品での注文も可能)がセットになって、お値段「880円」というサービスメニュー。
 昨年夏頃のセットメニュー販売当初はライスに「白飯」を提供しておりましたが、今では、単品価格200円の「かしわめし」(鶏肉の入った混ぜご飯)に変わっております。
 ラーメンの量が少ない「ミニセット730円」も選択可能で、「平日の15時まで」食べることが出来ますよ。

中華そば 坂本新横浜ラーメン博物館店(リンク先『30min.』店舗情報)
『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(館内掲示・2010年)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休

[『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、中華そばセット]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。