メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。
ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

 JR五反田駅から東急池上線・大崎広小路駅方面へ、徒歩で4~5分ほど。
 都心部を中心に店舗数の拡大を続けている、“つけ麺専門店”『三田製麺所五反田店
『三田製麺所』五反田店、店舗概観画像(2010年10月・1)
 つけ麺以外にも豊富なメニューを提供しているとあって、曜日や時間帯を問わず“飲み屋利用”の需要が大変高い、このお店。
 今回は、つけダレに唐辛子などを加えて辛味を効かせた「辛つけ麺」と、夏頃から提供を開始した“〆のメニュー”「割り飯」を食べてきましたよ。

辛つけめん麺大盛割り飯750円50円

『三田製麺所』五反田店、辛つけ麺&割り飯(2010年10月)
『三田製麺所』五反田店、辛つけ麺&割り飯・つけダレ(2010年10月)   『三田製麺所』五反田店、辛つけ麺&割り飯・麺大盛(2010年10月)
『三田製麺所』五反田店、辛つけ麺&割り飯・つけダレと極太麺(2010年10月)

 この店のつけ麺の麺量並盛~大盛まで同一価格」となっておりまして、それぞれ並盛200g・中盛300g・大盛400gといった具合。
 スパイシーで魚介豚骨の濃厚なつけダレの中には、刻みネギメンマ・ブロック状のチャーシュー焼き海苔魚粉をトッピング。
 つけ麺を“食べ慣れた方”にとっては「ああ、また“このパターン”か・・・」と、ため息が漏れそうですがw つけ麺をあまり食べたことがない“ライトユーザーの方々”にとっては、味付・麺量・値段的にも“マンゾク出来るつけ麺”に映るようですね。

『三田製麺所 五反田店』店舗概観画像(2010年・2)三田製麺所 五反田店(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:東京都品川区西五反田1-17-6
電話:03-3492-3818
営業時間:11:00~深夜2:00
定休日:年中無休

[『三田製麺所』五反田店、辛つけめん&割り飯]の続きを読む
 新横浜駅から徒歩で5分ほどのフードアミューズメントパーク新横浜ラーメン博物館』(公式サイト)
 コチラの施設に、2010年3月から2011年2月までの期間限定出店を行なっております、岡山県のご当地ラーメンの一つとされる“笠岡ラーメン”を提供する中華そば 坂本
『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、店舗概観画像(2010年・1)
 今回のエントリでは、この店の基本メニュー「中華そば」(700円)と、非常に特徴的な“ネギラーメン”「ねぎそば」(800円)を紹介いたします。

笠岡ラーメンとは?
 笠岡ラーメンを一言で説明すると「鶏ガラスープの醤油ラーメン」ですが、全国的に見ても非常に特徴的なラーメンです。その特徴は、タレ・スープ・チャーシュー・脂とすべて「」だけで作られていることです。しかもこの「鶏」は短期間で出荷する「若鶏」とは違い、のびのびと育てられた「親鶏」と決まっています。鶏ガラをじっくり煮込んだ淡麗(澄んだ)スープ、ブレンドした醤油で鶏肉を煮込んだタレ、その煮込んだ鶏肉を使った鶏チャーシュー、そして上質な鶏油と、まさに『純鶏』ラーメンなのです。また、ラーメンに添えられる、斜めに切られた幅広の青ネギも特徴のひとつです。

『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、中華そば・700円(2010年・1)  『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、ねぎそば・800円(2010年・1)

中華そば 坂本新横浜ラーメン博物館店(リンク先『30min.』店舗情報)
『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、ラーメン画像(館内掲示・2010年)住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-14-21
電話:045-471-0503(代表)
営業時間:最終入館時刻は21:00~23:00の間で変動
 平日:11:00~
 土日祝:10:30~
定休日:(年末年始を除き)無休

[『中華そば 坂本』新横浜ラーメン博物館店、ねぎそば]の続きを読む
 近頃、“低価格メニュー”の販売などで世間の耳目を集めることに躍起となっている、牛丼の吉野家』(公式サイト)

吉野家品川駅港南口店(リンク先『30min.』店舗情報)

『吉野家』品川駅港南口店、店舗概観画像(2010年11月)
住所:東京都港区港南2-2-15
電話:03-5783-9355
営業時間:24時間営業
 月曜日の深夜3時~5時は店舗清掃のため閉店
定休日:無休

 そんな『吉野家』が自信を持って開発したという牛丼の新メニュー、「牛キムチクッパ」を試してみましたよ。

牛キムチクッパ大盛568kcal380円

『吉野家』品川駅港南口店、牛キムチクッパ・大盛380円(2010年・1)
『吉野家』品川駅港南口店、牛キムチクッパ・大盛380円(2010年・2)   『吉野家』品川駅港南口店、牛キムチクッパ・大盛380円(2010年・3)
生卵or半熟玉子

 『吉野家』が販売に力を入れているという「低価格&低カロリー商品」の一つのようですが、“見た目通り”の、牛肉も野菜も少なければスープにコクも感じられない、いわば“前の晩に作った『キムチ鍋』ぶっかけ御飯”で高い金額を請求するワケにはいかないでしょう。
 唯一の“救い”が、今現在、通常価格50~60円の「生卵もしくは半熟玉子無料」というサービス程度か。

 提供価格は、別に500円以上かかっても構わない。
 かつての『吉野家』には確かに感じ取れた、他店を寄せ付けないような「味の良さ」や「ボリューム」といった、店へ足を運んで良かったと思える“満足感”を、取り戻してもらいたいモノだと思う。
[『吉野家』品川駅港南口店、牛キムチクッパ]の続きを読む
 JR予讃線の伊予三島駅から徒歩で5分ほど。
 昭和28年創業という老舗の飲食店、『キング食堂』。
『キング食堂』店舗概観画像(2010年・1)  『キング食堂』店舗概観画像(2010年・2)
『書道ガールズ』ロケ地案内・看板(四国中央市) 『キング食堂』が営業する愛媛県の東予地方に当たる“伊予三島”は、2004年(平成16年)に隣接する川之江市と宇摩郡とを合併して誕生した、「四国中央市」内の中心的な街。
 古くから「製紙業」で栄えた“紙のまち”として名を馳せ、今年に公開された映画『書道ガールズ』(リンク先:公式サイト)は、この町での実話を題材に描かれたモノとしても有名なのだとか(リンク先:『書道ガールズ』ロケ地情報)。

 そんな愛媛県四国中央市において、テレビや雑誌などで採り上げられることの多いお店の一つが、この『キング食堂』。
 今回のエントリでは、“昭和の息吹”が胎動する店内で食べました「日替わり定食」の他、「ラーメン」や「オムライス」といった人気メニューを紹介いたしましょう。
『キング食堂』中華そば・480円(2010年・1)   『キング食堂』オムライス・700円(2010年・2)

キング食堂(リンク先『食べログ』店舗情報)
『キング食堂』店舗ガイド(店内掲示)住所:愛媛県四国中央市三島中央3-13-33
電話:0896-23-2498
営業時間:10:00~18:30
定休日:木曜日
アクセス:JR伊予三島駅・北口から徒歩4~5分

[『キング食堂』@伊予三島、ラーメン&オムライス]の続きを読む
 JR徳島駅から徳島城(址)方面へ、徒歩で15分強。
 徳島大学の向かい側、国道11号線沿いのビジネスホテル『プラザ・イン・徳島』の2階で営業しております、『徳島中華そば 徳福徳島本店
『徳島中華そば 徳福』徳島本店、店舗概観画像(2010年・3)   『徳島中華そば 徳福』徳島本店、店舗概観画像(2010年・4)
 この“徳島ラーメン”の専門店を謳っていた『徳福』は、驚くべきことに、徳島県内での営業実績のないラーメン店でしたが、2010年4月の徳島県内への初出店に伴い、この店を“本店扱い”するようになった模様。

 今回のエントリでは、前回の「たらいつけ麺同様に徳島県の特産品の一つとされる「たらいうどん」の“ラーメン版”、「たらいラーメン」をご紹介。

たらいらーめん

『徳島中華そば 徳福』徳島本店、特製たらいラーメン・680円(2010年)
『徳島中華そば 徳福』徳島本店、特製たらいラーメン・麺大盛(2010年)   『徳島中華そば 徳福』徳島本店、特製たらいラーメン・別皿トッピング(2010年)
 たらいらーめん(豚骨釜揚げ)は、豚骨の湯の中に泳がせた茹でたての特製極太熟成麺を、カツオの和風つけ汁に生姜とネギとゴマを入れて、ツルツルとお召し上がり下さい。
 そして最後に豚骨スープで割って飲むと、満腹満足間違いなし!

徳島中華そば 徳福徳島本店(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:徳島県徳島市助任橋1-20 ホテルプラザ・イン・徳島2F『徳島中華そば 徳福』徳島本店、営業時間と定休日(2010年)
電話:088-623-6460
営業時間:11:00~20:00
定休日:木曜日
駐車場:30台

[『徳福』徳島本店、たらいラーメン]の続きを読む