メタボなお食事レポ。飲食店や集合施設で提供される「ラーメン」「つけ麺」「丼物」のレポートを中心に、デパ地下や駅ナカで購入した「スイーツ」などのお持ち帰り商品も紹介しております。
ブログ説明
■このブログでは、『品達』や『新横浜ラーメン博物館』などの集合施設を中心とした「ラーメン店の紹介」と、デパ地下や駅ナカ施設などで購入した「お持ち帰り商品」を記事にしております。

ブログ記事作成に関し、テレビや雑誌、あるいはインターネット情報を参考にすることなく“独自情報”を元に記述することが多いので、その点はご了承くださるようにお願い致します。

ブログ閲覧に当たっては、左右のサイドバーに設置された「検索」「カテゴリー」「タグクラウド」「全記事表示」の機能などを活用して、必要とする記事をお読みください。
当ブログにおける最も有効な検索方法は、右サイドバー上部に設置した検索ボックスより「ブログ内検索」を行うことです

なお、閲覧に際し「Internet Explorer、Firefox、Opera」のいずれかのブラウザをお使いの方は、ブログ上のリンクにマウスポインタを重ねることで、「リンク先の確認」が可能です(不要な方は、ウィンドウ下部の「×ボタン」で閉じてください)。

画像はクリックすることで拡大表示されます。
但し、当ブログ内の画像を許可なく他サイトへ転用するなどの「二次使用は厳禁」とさせていただきます。

■コメント、トラックバックはご自由に(コメント・トラバ承認制。でも「スパム行為」はやめて下さいね)。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 品川駅近くのフードテーマパーク『品達』に出店しております、熊本ラーメン ひごもんず品達店
『熊本ラーメン ひごもんず』品達店、店舗看板画像(2010年3月)
 今回はこの店で最も“ライト”なメニューの一つに数えられる、「野菜ラーメン」を食べてきましたよ。

野菜ラーメン800円

『熊本ラーメン ひごもんず』野菜ラーメン・800円
『熊本ラーメン ひごもんず』野菜ラーメン・中細麺    『熊本ラーメン ひごもんず』野菜ラーメン・豚骨スープ&ゴマ油
中太麺ごま油

 乳化した豚骨スープに、中細麺・チャーシュー・刻みネギ・キクラゲ・キャベツといった“熊本ラーメン”がベース。
 そこへ、メンマとモヤシ・インゲン・ニンジンといった野菜類を加え、味付はニンニクを炒めて抽出したマー油ではなく、このメニューのみ「ゴマ油」を使用。
 ゴマ油の香ばしい風味に、食欲が大いにそそられるメニューとなっております。

『ひごもんず』看板熊本ラーメン ひごもんず品達店(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:東京都港区高輪3-26-20
営業時間:11:00~23:00
定休日:元日を除き、(原則)無休
電話:03-3444-7140

【関連記事】
『ひごもんず』メニューと価格
 2008年12月時点での『ひごもんず』(品達店)で提供されている、レギュラーメニューとサイドメニューを、画像を交えて紹介しております
『ひごもんず』野菜ラーメン
 野菜ラーメンに「特製辛味」をトッピングした際のレポート

にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
読まれた方は『ブログ村』バナーへのクリックを、よろしくお願いします。
スポンサーサイト
 東京駅は八重洲口の地下街、『東京駅一番街』のラーメン店、塩専門 ひるがお』(リンク先:『東京ラーメンストリート』店舗ページ)
『塩専門 ひるがお』東京駅店、店舗概観画像(2010年3月)
 前回の「塩ラーメン」のエントリに続く今回は、「塩つけめん」を紹介。

塩つけ麺800円

『塩専門 ひるがお』東京駅店、塩つけ麺・800円
『塩専門 ひるがお』東京駅店、塩つけ麺・平打ち麺300グラム    『塩専門 ひるがお』東京駅店、塩つけ麺・つけダレ
『塩専門 ひるがお』東京駅店、塩つけ麺・トッピング類

 「北海道産小麦100%使用」という麺は、以前とは大きく異なる“平打ち形状”で、その麺量は300グラム。
 化学調味料不使用で塩味のつけダレの中には、ネギ・チャーシュー・メンマ・ホタテの貝柱・あおさ海苔などをトッピング。

 なお、今回の『ひるがお』を始めとする『東京ラーメンストリート』内の各店は「営業時間を以前とは変更」しております。

塩専門 ひるがお(リンク先『30min.』店舗情報)
『塩専門 ひるがお』東京駅店、店舗ガイド住所:東京都千代田区丸ノ内1-9-1 東京駅八重洲口南口地下1F
営業時間10:30~23:30ラストオーダー23:00
定休日:元日以外(原則)無休
電話:03-3213-7000

[『塩専門 ひるがお』塩つけ麺]の続きを読む
 品川駅近くのフードテーマパーク『品達』の人気店、せたが屋品川店
『せたが屋』品川店、店舗概観画像(2010年3月・1)
 前回のエントリで紹介した「つけめん」の平打ち麺の形状を、再度変更して“ひらつけ麺復活の告知を出しておりました。

つけ麺」(ひらつけ麺750円

『せたが屋』品川店、ひらつけ麺・750円(2010年3月)
『せたが屋』品川店、ひらつけ麺・平打ち麺(2010年3月)  『せたが屋』品川店、ひらつけ麺・つけダレ(2010年3月)

 これまでの平打ち麺よりも、さらに幅の広い形状の麺での提供を開始。
 トッピング類はこれまでと変わらず、刻みネギ・焼き海苔・チャーシュー・メンマといった構成。
 つけダレ(スープ)は、これまでよりも“かつおダシの強いモノ”へと変わってきております。

『せたが屋』品川店、メニュー看板(雲のラーメン&魚郎)せたが屋品川店(リンク先『30min.』店舗情報)
住所:東京都港区高輪3-26-20
営業時間:11:00~23:00(日曜日は22:00まで)
定休日:元日を除き、(原則)無休
電話:03-3446-0831

[『せたが屋』品川店、ひらつけ麺(2010年)]の続きを読む
 京急線・平和島駅から徒歩で約5分のラーメン店、『麺香房 暖々』。
『麺香房 暖々』店舗概観画像(2010年3月・1)
 この店の人気メニュー、「油そば」を食べてまいりましたよ。

油そば煮豚増し700円120円

『麺香房 暖々』油そば&豚増し・820円(2010年3月)
『麺香房 暖々』油そば、野菜と煮豚(2010年3月)   『麺香房 暖々』油そば、太麺(2010年3月)
『麺香房 暖々』油そば、ラー油トッピング(2010年3月)
野菜ちょっと多めニンニク味少し濃いめ

 スープは入っておらず、ドンブリ下部の背脂と醤油ダレを太麺に絡めて食べる、いわゆる“汁なしラーメン”。
 卓上の一味唐辛子や胡椒、それと、油そばとセットになっている「ラー油」(別皿提供)などで自分好みの味にしながら食べる、メニューとなります。
 この日のヤサイ(茹でたモヤシとキャベツ)は、かなりカタメの食感。

麺香房 暖々(リンク先『30min.』店舗情報)
『麺香房 暖々』営業時間と定休日(2010年1月撮影)住所:東京都大田区大森東1-3-12(駐車場情報付アクセスマップ
営業時間:
月~土曜日 12:00~24:00
日曜日 12:00~23:00
定休日:原則、無休(ただし、年末年始・お盆休みの他、臨時休業あり

[『麺香房 暖々』油そば&豚増し(3)]の続きを読む
 京王井の頭線・渋谷駅から徒歩で1分程度、渋谷マークシティのスグお隣で営業しております、伝説のすた丼屋 渋谷店』(リンク先『食べログ』)
『伝説のすた丼屋 渋谷店』店舗概観画像(2010年3月・1)
 すた丼と餃子・サラダがセットになったお得なメニュー、「餃子セット」を食べてまいりましたよ。

ギョーザセット870円

『伝説のすた丼屋 渋谷店』餃子セット・870円
『伝説のすた丼屋 渋谷店』餃子セット・生姜丼    『伝説のすた丼屋 渋谷店』餃子セット、サラダ・味噌汁・生卵
『伝説のすた丼屋 渋谷店』餃子セット、餃子5粒
サラダ味噌汁生卵

 単品注文ですと「すた丼600円」で「餃子300円」ですから、コレにミニサラダが付いて「870円」とは、大変にお得。
 “丼ぶりモノ”に関しては、ニンニク風味の「すた丼」とニンニク不使用の「生姜丼」からの選択が可能。
 一つ注意すべき点は、このメニューではご飯量450グラムとされる“通常のすた丼”で提供されますから、セットの全体量は驚異的
 上記メニューから100円引きすた丼がミニサイズとなる、「ギョーザセット・ミニ丼」(770円)を注文する方が、残さずに食べることが出来るかと思われます。

伝説のすた丼屋 渋谷店(リンク先『30min.』店舗情報)
『伝説のすた丼屋 渋谷店』店舗看板画像(2010年撮影)住所:東京都渋谷区道玄坂2-6-7道玄坂Tビル1F(アクセスマップ
電話:03-6416-1587
営業時間:11:00~翌3:00
定休日:(原則)無休

[『伝説のすた丼屋 渋谷店』ギョーザセット]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。